日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

ノートPC選びはCPU選び?メーカー選び?

ふと検察って誰の味方なんだという疑問を投げかける人がいたのだが、
まぁ法務大臣の味方でしょうね。ただほぼ独立して居るみたいだけど。
けど現実には法務省が担当する国に対しての行政訴訟の被告(国のこと)の代理人として出てくるのは検察官らしい。
だからそうかなと思ったんだけどね。彼らもまた法律の専門家です。
まぁそんなのだから、法律を犯したとされる人を調べて裁判所につきだすという仕事をしているわけだけどね。
しかしなんでやってるのと言われればそれが仕事だからですかね?
さて、以前話題にしたかどうかは知らないけど、僕のノートPCはVA45Jという今となっては古いものです。
非常にぶ厚く非常に重いことが特徴。
スペックも4年ぐらい前までなら悪くはないものだったと思う。
なんてったってPentium IIIが乗ってたのだから。
まぁ古いマシンの割にはってことです。当時はデュアルコアが流行る前だったから。
そしてPentium 4がうんざりされていた時代。
だからPentium III自体は結構ありだったと思う。もっともあの重さは当時でも困ったが。
ちょうどその4年前ごろに僕が今のマシンの基礎となるAthlon 64を乗せたマシンを作ったわけだが、
その当時まではそのノートPCが自分が使える範囲ではもっとも高性能だったので使ってたな。
ただそれ以後は非常に性能のいいPCが手に入ったので専らそれを使っている。
以後マザーボード・電源を1回(そのときCPUをAthlon 64 X2に変更)、電源を1回、ハードディスクを1回、メモリを2回破壊して現在に至ると。
今ではこのマシンのスペックは低い方らしいですけど、それ以後CPUのコアの性能はあんまりよくもなってないので、
CPUのクロック数を上げるぐらいしか芸のない時代を長いこと見てきた気もします。
DRAMが安くなったから、64ビットOSが流行る気配が見えてきたり、新しいコアも誕生して最近やっとHOTになったかななんて。
ただその間長いこと、そのVA45Jは日の目を見なかったわけですね。
というのもあまりに今のマシンが快適すぎて、わざわざ古いマシンを使うこともないと。
持ち歩くにも重いしね。
ただこの性質が役に立ったことがあって、Linux環境を構築してルーターの構成の練習をしたり。
なんでノートPCである点が良かったのかというとPCカードでLANを増やせたから。
しかしそれ以外はあんまり使わなかったなぁ。
1回遠出のときに持って行ったけど、あまり使い勝手は良くなかった。
さて、あまりにひどいのでそろそろ新しいノートPCを検討してはどうだろうかと言われた。
まぁさすがにこれはひどいからね。
ただ結構難しいのがどんなCPU乗せるのってこと。
少なくともIntel Core 2 Duoとか乗せておけば、それはあまりに強すぎると。
ただ驚くことにThinkPadならそんなマシンでも9万円かからずに作れるという。
あと取り扱っているところは少ないけどTurion 64 X2なんか乗せてるマシンもある。
結構性能はいいんじゃないかな。近所で使ってる人がいるんだけどね。
あとAthlon X2乗せてるマシンとか、Sempron乗せてるマシンもあるみたい。
一般的に使われているのはCeleron、一応Intel Coreシリーズの廉価版かな。
これはシングルコア。この辺のノートPCが普通にありそうなもんです。
前、借りていたノートPCがちょうどCeleron Mだったけど、まぁ普通に使えますね。
当然ではありますけど。ただ意味もなく廉価版なのが気に食わん。
まぁ今の時代シングルコアなんて廉価版以外では見ませんけど。
と思ったら未だにAMDはAthlon 64をAthlonに改名して売ってるのね。さすがAMD。
あと最近注目されてるのが、Atomってやつです。
聞けばPentium 4並の性能が出るらしいです。
実は家にもこれを搭載したマシンがあります。
ASUSのEee Boxですね。ちなみに僕のMBもASUS製。何かとASUSとご縁あります。
実際それぐらいの性能があるかは置いておいて、軽い動作なら全く問題なし。
無茶しなければ全く問題なさそうです。
まぁCPUだけで決まる問題じゃないような気もするのですが、それ以外の構成は大体決まってるようなもんです。
HDDが160GB、メモリが2GBあればいいですよと。昔ならぜいたくでしたけど、今では当然になってしまった。
まぁメモリが本当に2GB必要かはちょっと疑問ではあるけどね。
実際このマシンも1GBで動かしていても実用的ではあったわけで。もちろん2GBの方が快適ですけど。
あと無線LANも内蔵してるとなおうれしいが、これも当然になってしまった。
画面はXGAあればいいけど、これはだいぶ昔に当然になっているからこれも問題ではない。
そう考えるとどういうCPUを乗せるかという問題ぐらいしかないんですよね。
非常に悩ましいところですね。だってどれも普通に使うには全く問題ない性能なんだから。
ただもし出先で激しく計算させる必要があればどうだろうか。
そこが難しいところです。Atomでは少々心配なところではありますね。
ノートPCの場合、部品が特殊なので業者に頼んで作ってもらうしかないですからね。
今のマシンは部品を継承しつつゆっくり完成させたマシンだけどそれはデスクトップだからできたこと。
ノートPCの場合、一回買えばそれを変えることはほぼ不可能。
そのあたり悩ましいところです。
あとメーカーが多すぎるのでいろいろ調べなくては。
今はインターネットで何でも買えてしまう。むしろBTOの場合インターネット前提の面もある。
なのでいろんな面から検討したいなと。
Author : hidemaro
Date : 2009/05/23(Sat) 23:17
コンピュータ | Comment | trackback (0)

Tools