日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

実用的な計算問題というやつ

昨日のforの話だが、あの後調べてたら.NET Framework 3.0にはSystem.Linq.Enumerable.Rangeメソッドがあって、
それを使えば、Enumerable.Range(0,99)とすると、0,1,2, ... 99のforeachできるのがもらえると。
けどこれって使いにくいときもあるよね。両端を含むからね。 配列処理には向いてない。
だからPerlで$#arrとすれば配列の大きさ-1が得られるのか、0..$#arrとすれば配列処理には便利ですね。
あと、Rubyの範囲演算子には0..99のようなドット2つと0...100のようなドット3つがあるけど、
前者は99以下、後者は100未満という風に端を含むかどうかという違いがあると。なるほどこれも便利ですね。
あと、PHPにもforeachがあって、Perlの範囲演算子に似た、Range関数があると。
foreach(Range(0,1,1/100) as $x){ }
PHPのforeachって影薄いよねとか。あと仮変数をasで後ろに書くのは珍しいなとか。
第三引数に刻み幅を指定できるようになってるらしい。書かなければ1だな。
これも両端を含むね。しかし、整数以外でもいけるのはおもしろい。けどこれ一旦配列を作ってるみたい。残念。
さて、テストですねと言ってるわけですが、まぁ大体準備はそろってきたと。
ただちょっと難儀なのが世界史と電気機器だと。
世界史はなかなか覚えられないのが大変ですね。
まぁ覚えることに関してはめんどくさがる人で、三角関数の公式で覚えてるのは加法定理と三平方の定理みたいなのだけですからね。
それでもなんとかなる方法が数学とか物理とかではあるかもしれないけど、歴史なんかは仕方ない。
世界史となれば出てくる人はよく知らんと。しかも専らヨーロッパの話だし。
まぁそんなこと言ってても仕方ないので、少しでも覚えていくようにしようということです。
電気機器は何が問題かというと、授業中計算問題をやってなかったんだよね。
ひたすら聞く授業だったと。いや、まぁ磁気回路の計算はよくやったけどね。
ところで電気機器ってどんな科目だという話になると思います。
モータと変圧器の話ですね。まぁ電気と磁気と機械の融合と言えばいいでしょうかね。
結構身近な機械の話なので何を言ってるかはわかりやすい。
ところが計算問題が難しい。
教科書に問題があるのだが、効率やら電圧変動率やらいろいろ求めるものがある。
変圧器の話なのだが、損失というといろいろあると。鉄損と銅損というやつなのだが。
損失って大切ですからね。変圧器って数だけはやたら多いですから。
で、鉄損は渦電流とかヒステリシスとかが原因で、まぁこちらは負荷にかかわらず発生すると。
一方銅損は、巻線に電流が流れたとき、巻線で発生する損失だから、電流の二乗に比例すると。
ほら、P=RI2という電力を求める式があるよね。確かに電流の二乗に比例してる。
とかいうことを考えて問題を解いてたのだが、なかなか難しい。
もし授業中に計算問題をやってたらと思わないことはないが、そこは思うところがあるのかも知れない。
一方、数学なんかは逆にひどい。計算問題ばっかりしてるから。
数学は数学で積分が大変なのだが、あまりに計算だらけでなかなかやる気が起きない。
この積分って何の積分なの?とか思うのが結構ある。
それに比べると、電磁気の問題で解く積分はなかなかやる気が起きる。
なるほど、導体棒の周りの電界を求める積分か…とか。
そんなこと言ってても試験は同じようにあるのだから、
それぞれの科目でいい結果を出せればいいですねということです。がんばりましょう。
Author : Hidemaro
Date : 2008/09/18(Thu) 22:59
学問 | Comment | trackback (0)

Tools