日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

雨はそのままなら街を水浸しにする

今日、駅についたら、雨は止んでたけど、えらいことになってた。
駅を出て、道路を走ってたら、側溝がえらくゴーっと言っている。
それでなんだと思ったら、側溝にあまりにたくさん雨が流れて、
挙げ句の果てに側溝から水が噴き出していた…
今日は雨はたくさん降ったけど、しかし台風ですごい雨とかそんなことでもありませんからね。
明らかな欠陥でしょう。
駅があるあたりはまさに田舎ですが、市街地でもそんな感じ。
まともな側溝すらない道だってあります。
そんな道は、すぐ水であふれかえってしまう。歩くのもつらい。
しかし、実際のところ、都合の悪い道とそうでもない道というものがあるものです。
我が家の近所は比較的雨が降っても、水がたまってしまうことはないのだけど、何が違うのか見てみた。
側溝はしっかり引かれてますね。
だけど、側溝が雨であふれかえってることは、正直見たことない。
所々、ますが置かれてて、そこに雨水が入っていきます。
そこからどうなってるのか、見ると、道路の車道の端を通る、暗渠があるのだと思うのだけど、
そこに入っていくと。そこは太いので側溝よりもゆとりがあっていいですね。
車道の端のところも、いくらか水を回収できるようにグレーチングになっている。
だから、車道も水であふれかえることはない。まぁ落ち葉やらで効果が薄れてる場合は多いけど。
そこからどうなってるかは推測だと言われればそこまでだが、
団地の開発のときに調整池ってのを作ってるのだが、まずそこに放り込むと。
これはちょっと有利ですね。団地じゃなきゃこんなもんはないからね。
その調整池からは川につながってるはずで、川にはき出されると。
ここでポイントは川に一気にはき出すことはできないということ。そこが調整池の調整池たるゆえんです。
多分、水があふれてる側溝は、ひたすら側溝のまま川に雨水を捨てようとするから、
とんでもない量の雨が、あまり太くもない側溝を流れて、あふれてるんだと思う。
なかなか難しいことなのだけど、雨水管を整備するというのが解決法になると思います。
都市では下水道の整備の時、雨水も下水に入れるという方法を取ってるところがありますね。
これで側溝があふれかえることは防げるのでいいですね。整備も簡単だし。
ただ処理できない雨水と混ざった下水を川に捨てるという欠点があるので、なかなか難しいけど。
なんで雨水とかいたマンホールがたくさんあるのだろうと思うかも知れないけど、結構威力はすごいんですよ。
そう実感しましたよ。
Author : Hidemaro
Date : 2008/06/20(Fri) 23:36
社会 | Comment | trackback (0)

Tools