日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

株主総会の会場が使えない

あれこれと株式を持っていると、株主向けの郵便があれこれと届く。

多くは封書なのだが、ときどきハガキで届くこともある。

ハガキで届く連絡事項というと、株主総会の議決内容の報告など、わりとどうでもいいことだったりする。

ただ、今日届いたハガキはちょっと重要かも。いや、結局は自分には関係ないんですけど。


どういう内容だったかというと、株主総会の会場変更だった。

本社近くのホテルの宴会場で実施予定だったのが、本社の会議室に変更になったようだ。

緊急事態宣言により、ホテルの宴会場は使用中止要請が出ている。

都道府県ごとに方針には差があるかもしれないが、所在地では確かに要請が出ていた。

これによりホテルから宴会場の貸出を断られたのか、仕方なく自社会議室を使うことにしたのだろう。


ただ、当初想定の会場よりは狭くなってしまう。

そりゃわざわざホテルの宴会場を借りるぐらいだからな。

もっとも調べた限りではうちの勤務先の一番大きな会議室(株主総会の会場にもなっている)と同じぐらいはありそうでしたけど。

ただし、昨今の事情からソーシャルディスタンスの確保のため、例年来場者の1/3程度の座席数に留まるとのこと。

もともと来場者に対して大幅に余裕のある座席数だったのが、不足になるかもということだとみられる。


でも、書面議決なら株主総会なんて行かないもんね。

そもそも株主総会の招集時点で、できるだけ書面議決を使い、株主総会への来場は慎重に検討するようにと書いていた。

一方で株主総会を全く開催せずに済むということはなく、やはり株主が集まれるという体裁は必要とみられる。

来場者は例年より大きく減るだろうという予想で、こういう対応をする会社は他にもあるんだろう。

会社によっては株主総会の映像配信で代替してもらおうというところもあるようだ。


このあたり行政はどう考えているのかという話だが、やはり株主総会の実施は必要ということらしい。

ただし、この会社はそうではないけど、決算作業が遅れて当初予定の日程で出せない会社というのもある。

これによっては株主総会の延期とか、継続会として決算に関わる議事を後回しにするという会社もある。

日本の企業にとっては、決算作業の遅れが最大の問題で、それさえなければ株主総会はやるという決断が多いのではないかなと。

会場変更・規模縮小はあるにしても、書面議決の活用を呼びかければ、実施することに問題はないだろうと。

日本の感染状況ならば、株主総会の決行は取るべきリスクということである。

決算作業の遅れも日本国内の問題というよりは、外国子会社の決算作業の遅れの影響によることが多いようだ。


それにしてもホテルの宴会場の使用中止要請がこんな形で影響が出るとは。

感覚的に言えば、こういう法律上の権利・義務に関わることならば、貸し出してもいいんじゃないかとは思うんだけど。

ただ、ホテルの宴会場というのは、一定以上の規模があれば、接待飲食店などと同じで完全な停止が要請されている。

営業時間短縮などの要請が出ている飲食店や、原則営業となっていながら大半の売り場を閉鎖している百貨店とは違う話である。

これによれば株主総会のためとはいえ宴会場は貸してはならないということになる。まぁ罰則はないけど。

ホテル側の対応も明確には示されていない。宴会場は営業を停止していると書いてあるホテルは見あたらなかった。

宴会場は使用者が限られるから個別対応なので、あえて書いていないだけだろうとは思うが。


日本では6月に株主総会の会社が多く、このまま大きな問題がなく推移すれば、株主総会の開催はなんとかできるのかなと。

もちろん、できるだけ書面議決によることは求められますが、株主の良心に期待してもよいでしょう。

でも、いくら法律上必要なことはいえ、3~4月にいくつかの選挙が決行されたのはヒヤッとしましたけどね。

選挙は原則として投票所に行かないといけませんからね。

なかなか議員や市町村長などの任期を延ばすというのは難しくて、唯一あるとすれば無投票で終わるというもの。

東京都でも4月に目黒区や福生市で選挙が行われている。

感染者が比較的多い目黒区で選挙って本当にやるのかと思ったが。4/17投票って当時は本当にヒヤヒヤだったと思いますよ。


Author : Hidemaro
Date : 2020/05/16(Sat) 23:37
社会 | Comment | trackback (0)

ブラウザ版QUOカード

景品として「QUOカードPay」を受けとった。

なんだそれ? ってクオカード社のスマートフォン決済サービスらしい。

QUOカードといえば主にコンビニで使えるプリペイドカードとして贈答品に使われることが多い。

QUOカードが使える店って

株主優待でQUOカードを受けとることは多いが、使える店が意外と限られるなんてことを書いた。


これのスマートフォン版がQUOカードPayである。

今回受けとった景品というのも、普段ならばプラスチックカードのQUOカードで渡しているところ、

昨今の状況から、QUOカードの現物をすぐに渡せないということで、代替としてQUOカードPayになったと思われる。


どうやって使うのかという話だが、もっとも単純には届いたURLをスマートフォンで開いて、

するとバーコードが表示されるので、QUOカードPayの加盟店に呈示すれば使えるということである。

基本的にブラウザで表示すれば事足りるのだけど、ブックマーク頼りでは不便なこともあろうとアプリがある。

QUOカードPayアプリに、受けとったQUOカードPayを登録すると、複数枚合算しての管理が出来る。

今回は1枚だけだったが、今後受けとることもあるかもしれないし、ブックマークでは不便だろうと思いアプリをインストールした。

コードを入力して登録すると、金額が反映された。アプリに登録すると元のURLは無効化されるようだ。

なお、アプリ登録時にはE-mailアドレスでの認証をする。アプリに登録することはE-mailアドレスに紐付くということらしい。

他の端末でも、同メールアドレスで認証すると、過去に登録した残高が引き継がれるようだ。


QUOカードPayの問題点はやはり使える店である。

店舗数が多いところでは、ローソン・吉野家・松屋・TSUTAYAといったところか。

プラスチックカードのQUOカードとは使える店のラインナップが大きく違う。

先に書いた3チェーンでQUOカードを導入しているのはローソンだけだし。


専用のカードリーダーが必要なプラスチックカードのQUOカードに比べると、加盟店側の導入難易度は低いかも知れない。

ストアスキャン方式のスマートフォン決済サービスとまとめて導入することができますから。

受けとった人がスマートフォンを持っていることが前提ではあるものの、印刷物としてQUOカードPayを渡すこともできる。

加盟店数が増えて、プラスチックカードよりも便利だとなれば、それも現実的な気がする。

今はどっちもどっちですね。


まぁスマートフォン決済ならQUOカードにこだわることはないじゃないかと思いつつも、

ブラウザで開けばそのまま使えるというのは贈答品用にはいいですね。

せっかくなら実店舗に限らずインターネットの通販でもとか、いろいろ思うところはあるけど。

この辺は従来のQUOカードとは違う発想でやらないとうまくいかないが。


Author : Hidemaro
Date : 2020/05/15(Fri) 23:59
お金 | Comment | trackback (0)

通知カードがなくなるとどうなる?

給付金の申請をマイナポータルから行って、やっぱり便利ですねと思ったんだが、

実は市町村にとってみると、世帯情報を記載した申請書を返送してもらう方が誤記が少なく楽だという話も。

10万円ネット申請、逆に手間 重複・誤記入も受け付け…自治体混乱 (朝日新聞デジタル)

やはりこの辺は経験不足だからこその悩みなのかな。

電子データで入ってくるなら自動処理の可能性もあるが、そこまで作り込まれてはいないと。


ところでこれと同時期に話題となったのがマイナンバーの通知カードが廃止されるということ。

マイナンバーの付与が始まったとき、簡易書留で送られてきたやつである。

あんな紙ペラだが、転居のときに市町村窓口へ持参して、住所を書き換えてもらう必要がある。

ここが問題だったようで、通知カードを忘れて手続きができないとか、住所の書き換えがされないまま放置されることがあった。

通知カードを運用し続けることは難しく、マイナンバーカードの普及もあって、廃止となるようだ。

マイナンバー「通知カード」が5月25日で廃止に…何か不便なことになるの?総務省に聞いた (FNN PRIME)


マイナンバーカードを取得した人は、通知カードはすでに返却しているので関係ない。

マイナンバーカードは、これまで通り住所などの書き換えを行うので、転居のときに市町村窓口に持参する。

市町村をまたぐ転居の場合は、マイナンバーカードが転出証明書代わりだしね。(cf. パスポート受領と転出届でおしまい)

マイナンバーの呈示が必要な場合は、マイナンバーカードの両面を呈示すればよい。

これも今までと変わらない。マイナンバーカードはマイナンバーを証明するものであるとともに、本人確認書類でもあるから。


問題はマイナンバーカードがない人。

この場合、これまでは通知カードと本人確認書類をあわせて呈示することになっていた。

それで次に従業員本人のマイナンバーの書かれた通知カードと本人確認書類のコピーを取る。

なので職場のコピー機で通知カードと本人確認書類のコピーを取った。

そしてそれらを封筒に入れて、社内数箇所にあるマイナンバー回収用ポストに投入して、その横に記帳する。

(マイナンバーの提出は特別)

通知カードは住所・氏名・生年月日・性別とマイナンバーが書かれているが、これ自体は本人確認書類ではないという体。

そのため、これらの情報が一致する本人確認書類を添付することでマイナンバーの確認が完了するとなっていた。


しかしながら、通知カード廃止後は住所・氏名などとマイナンバーの対応関係が取れなくなることになる。

一応、通知カード廃止後も記載事項に変更がない限りはこれまで通りの申告でよいが、変更があると使えなくなる。

では、どうなるのかというと、マイナンバーの記載された 住民票の写し(または住民票記載事項証明書)が必要になる。

これが住所氏名などとマイナンバーの対応関係を表す書類で、これに加えて本人確認書類を呈示するということ。


ということは、転居などの手続きをしたときは、マイナンバーカードがない人は、

その場で住民票の写しを取得しないと、後で困るってことですね。

住所変更があるとマイナンバーが申告し直しになることもありますから。(cf. 朝は市役所から)

もっとも、もともと住所変更を証明する書類として、住民票の写しをその場で取得していた人は一定いるはず。

住民票の写しを見せて終わりなら、別に1枚持ってれば困らないんだけど、いちいち提出となると困るな。

例えば、所得税の申告のたびに取得しないといけないの? と思ったけど、よくわからん。

確定申告情報/マイナンバーの申告書への記載について (国税庁)

マイナンバーカードをお持ちでない方の提出書類は「『I 番号確認書類』の写しと『II 身元確認書類』の写しをそれぞれ貼って」となっていて、

その番号確認書類というのは通知カード、住民票の写し、住民票記載事項証明書となっている。

ということは「住民票の写し」のコピーで目的は達せられるのだろうか?


マイナンバーカードを持っている人には関係ないことですね。

市町村長が直接に住民の住所・氏名・生年月日・性別・マイナンバーと顔写真を証明してくれて、

さらには電子証明書まで入っているという、とても理想的なカードなので、ありがたいですね。


あと、これとは別の話なんだけど、今年2月から発行開始されたパスポート(日本国旅券)って、

所持人記入欄が廃止されて、漢字氏名・住所を書けなくなったんだね。

これにより日本国内の本人確認においてはほとんど役に立たないものになってしまった。

いや、もともと所持人記入欄に自分で記載することの、どこが本人確認書類なんだという話ではあって、

特に住所は補足書類(公共料金の検針票など)の提出を求められることが多かった実情はある。

今はマイナンバーカードもあるから、別にパスポートにこだわることはないと思うけど。

(住民基本台帳カード以前は写真付きの本人確認書類で、免許や障害の有無を問わず取得できるものはパスポートぐらいしかなかった?)

住所は仕方ないと思うんだけど、どうして漢字氏名はパスポートの顔写真のページに印字しないのかは謎である。

(中国では漢字氏名、韓国ではハングル氏名が印字されている)


Author : Hidemaro
Date : 2020/05/14(Thu) 23:55
社会 | Comment | trackback (0)

機密情報にインターネットでアクセスできるわけ

全従業員とも、ある資料を熟読するようにという指示が出た。

例年通りといえばそうなんだけど、在宅勤務の人があまりにも多いということで、普段とは違う公開方法だった。


これはちょっとした機密情報で……いや、そこまで機密情報でもない気はするけど、

普段なら社内ネットワークでしか読めないわけだけど、今回はインターネットから読めるらしい。

インターネットから読めるといっても社内アカウントでのログインは必要なんですが。

でも、そんなことしていいのか? と思った。


というわけでログインして、指示に従って開こうとすると、会社所有PCであることが前提のようだ。

個人所有PCでは開けないんだね。

個人所有PCと会社所有PCを併用しながら仕事をしているので(cf. 私物PCと会社所有PCの二刀流)、切り替えればよい。

それで会社所有PCを使って、そのページにアクセスしたが開けなかった。

どうも、機密性が高いことを考慮して、専用のソフトウェア(というほど大げさなものではないが)が必要で、

そういえばノートPCにはインストールしてませんでしたね。(デスクトップPCには入っている)

インストールのためには社内ネットワークへの接続が必要なので、今は無理だな。


というわけで、結局は画面転送で閲覧したのだった。

画面転送なら社内からアクセスしてるのと同じ扱いで、画面だけの転送なら漏洩リスクも低減できる。

結局はこうなるんですねと。

個人所有PCだけで在宅勤務をしている人は、最初からこれ以外の選択肢はないですからね。


それにしても、何のためにインターネットから読めるようにしたんだろう。

現在、画面転送方式でのリモートアクセスは、従業員番号によって交代制になっている。(cf. 在宅勤務も人が増えると楽じゃない)

3月下旬~4月中旬は、交代制にしてもリソース不足に陥って、業務効率が極めて悪化することに苦しめられたが、

クラウドサービスを使った新方式のリモートアクセスの導入、既存のリモートアクセス方式の増強などで、かなり改善した。

相変わらず画面転送方式は交代制なんですけど、4月上旬のことを思えばかなりよくなった。


なんとなく画面転送のリソースを心配した感じではなさそうだなと思って説明を読むと、

VPN方式のリモートアクセスを使っているユーザー向けの説明に「VPNを切断してから」と強調されていることに気づいた。

そうか、VPNだとシームレスに社内ネットワークにアクセス出来てしまうが、VPNのリソースにも限りがある。

公開直後に多くのユーザーがVPNで公開された資料にアクセスすると、それでVPNのリソースが食い潰されかねない。

そこで、VPNを使わずにインターネットから直接資料にアクセスできる方法を用意したのだろう。

VPNに接続するのは会社所有PCのみに限られているし、VPN経由で表示に必要なソフトウェアのインストールは可能だ。

ソフトウェアのインストールにVPNでのアクセスが発生するが、全員が必要なわけじゃないし、比較的少量で済むのだろう。


どうやってリモートアクセスのインフラの負荷を減らすかというところに苦心してるんですよね。

インフラ増強もやっているけど、やっぱり限りはあるし、なにより短期間で導入できる方法は限られる。

今回はVPNが心配ということで、こういう対策になったのかなと。画面転送の負荷軽減にもなってはいるけど主にはね。


Author : Hidemaro
Date : 2020/05/13(Wed) 23:41
コンピュータ・インターネット | Comment | trackback (0)

なんやかんや地方競馬に中央競馬に壁はある

連休中の話なんですけど、船橋競馬場で「かしわ記念」というレースが行われていた。

JpnIの格付けがあり、地方競馬主催のレースではハイレベルなものと知られているらしい。

ろくにお出かけもできない連休中で、注目馬が揃ったということで、馬券が売れて、この日は船橋競馬場の売上レコードを更新したとか。(cf. かしわ記念売り上げレコードの18億9672万円、1日当たりも記録更新 (競馬HEADLINE))

地方競馬はもともとインターネット投票の割合が高くて、無観客開催でむしろ売上が伸びているぐらいらしい。


これ自体は見ていたわけではないんだけど、Twitterで実況する人がいて、驚いたのは7頭立てだったこと。

競馬の重賞レースとしては異様な頭数の少なさで「船橋オート」とか「船橋競艇」など揶揄された。

オートレースは基本的に8車立てだが、今は選手の移動を減らすために7車立てにしているらしい。

ちなみに船橋オートはかつて存在したオートレース場である。

競艇は6艇立てで、後で書く通り、馬券に絡むのは実質6頭だろうということもあって、競艇も同然という話だったらしい。

高額賞金(1着6000万円)を狙う馬がもっといてもよさそうだけど、なぜこんなに少ないのか?

調べてみると、中央競馬と地方競馬の関係性によるものであることがわかった。


このレースはダートグレード競走という、JRAと地方競馬が共同で格付けを行っているレースである。

ダートグレード競走はJRA所属、地方競馬所属、場合によっては外国からの遠征馬を交えての戦いになる。

ただ、実際には所属によって出走できる馬の数に限りがあって、

かしわ記念は14頭がフルゲートなのだが、JRA所属馬は6頭、地方競馬所属馬は8頭まで(所属競馬場は不問)となっている。

今回のかしわ記念はJRA所属6頭、地方所属1頭となったので、JRAに限れば定員いっぱいである。

第32回 かしわ記念JpnI4上オープン/出馬表 (地方競馬情報サイト)

ちなみに唯一地方競馬所属での出走となったナンヨーオボロヅキ号はJRA出身で、JRA未勝利のまま高知競馬に移籍、

そこで成績を上げて、地方競馬ではハイレベルという東京都の大井競馬場に移籍したという。

今回の挑戦は勝ち目が薄いのは知ってのことだったが、地方馬が1頭もいないのはという使命もあっての挑戦だったという。

結果は7着、6着に対して大差(10馬身以上)開けての完敗だったが、その挑戦はたたえられていた。(馬券はさっぱり売れなかったが)


そうなんですよ。地方競馬主催のダートグレード競走ってJRA所属場の草刈場になりがちなんですよ。

高額賞金がかかったレースは地方競馬所属、特に地元の馬にとってはなんとしても手にしたいものだが、

なかなか勝利するのは難しいらしく、昨年は地方40レース、JRA15レースあったところ、地方馬の勝利は地方開催のみ7勝という。

その7勝のうち6勝は南関東の競馬場主催の南関東勢の勝利で、1勝は北海道の門別競馬場での地元勢勝利という。

この かしわ記念 について言えば、最初にハイレベルなレースと書いたけど、これは完全にJRA所属馬によるものである。

南関東勢にとっては、川崎マイラーズが同距離で同月中にあるので、こっちのほうが勝ち目があると回避してしまったらしい。

他地域からの挑戦も可能だが、このご時世、遠征が難しいという判断もあったようである。いずれにせよ勝ち目は薄い。


ましてJRA主催のダートグレード競走に遠征して勝った馬はここ10年は1頭もいないという。

地方競馬主催だとJRA所属は何頭まで、残りは地方所属(他地域からの遠征は何頭までとか決まっている場合もある)となるが、

JRA主催の場合は、地方競馬所属は何頭まで、外国からの遠征は何頭まで、残りはJRA所属でとなるので、

そういう中で、運良く勝利というのはなかなか難しいようだ。

勝ち目が薄ければ地方馬の挑戦も低調で、地方馬0のダートグレード競走も珍しくはないようである。


地方競馬所属のままJRAのレースに挑戦することは、ダートグレード競走以外でも条件付きで可能である。

特に4歳以下(昨年まで3歳以下)であれば、地元のJRA認定競走に勝利するなどの条件を満たせば、わりといろいろ挑戦できるそう。

こうしてJRA挑戦して、芝コースで調子良く走れれば、JRAへ移籍するということはあるようだ。

○地 ダブルシャープ/競走成績 (netkeiba.com)

地方競馬からやってきた馬には「地」に丸囲みのマークが付く。マル地と呼ばれている。

もっともマル地とあっても、そのルーツを調べてみると、JRAデビューで地方競馬移籍後の出戻りが多かったりするんだけど。

ダブルシャープ号の戦績を見てみると、門別競馬場で「JRA認定アタックチャレンジ」に勝利して、JRAのレースへの挑戦権を得た。

札幌競馬場のクローバー賞に芝初挑戦で勝利、札幌2歳ステークスで3着、東京競馬場のサウジアラビアロイヤルカップに挑戦し6着となっている。

これはいけると思ったのか2017年11月にJRAへ移籍、その後、2着・3着を繰り返しながら、今年1月にJRA移籍後初勝利となっている。

こういう地方競馬からJRAの芝に挑戦して勝利、JRAに移籍して勝利したという、わかりやすい例を探すのが難しかった。


一方で、地方競馬所属のまま5歳(昨年までは4歳)を越えて、JRAの芝レースに挑戦するのはなかなか難しいようだ。

地方馬のJRA指定交流競走の出走条件 (Happy Owers Club)

まず、挑戦できるレースがGIレースとGIステップ競走、夏に5レースある指定交流競走に限られている。

GIレースは挑戦可能といってもステップ競走で一定以上の順位に入らないとできないので、なかなか厳しいものである。

なんか妙に詳しいなと思って読んでいると、このBlogを書いているのはハッピーグリン号の馬主なんですね。

先日、京都競馬場で行われた天皇賞(春)、14頭立ての単勝14番人気に推されて13着のハッピーグリン号である。

今はJRA所属なのだが、昨年10月までは北海道の門別競馬場所属で、JRAの芝レースに挑戦し続けていた馬なんだそう。

○地 ハッピーグリン/競走成績 (netkeiba.com)

本当に地方所属だったのかと思うほどJRAのレースが並んでいてびっくりする。


なんでこんなことになっていたのか、調べてみると人と馬、それぞれに理由があったようだ。

ハッピーグリン、中央移籍へ (Happy Racing Diary)

実はこの方、当初は中央競馬の馬主資格をもっていなかったのである。(2018年10月に取得)

地方競馬に比べると中央競馬の馬主は収入・資産の要件が厳しく、JRAでこそ活躍して欲しい馬がいてもできないことがある。

過去には中央競馬での挑戦のためにオーナーチェンジという選択をした馬主もいたそうだ。でも馬主にとっては苦しすぎるよね。

一方で馬にも事情があったようで、身体的な特徴をよく知った厩舎に育て続けて欲しいという考えもあったようだ。

JRAに移籍するということは、栗東か美浦にいる厩舎に入らないといけませんから。

門別競馬場は地方競馬では破格の調教設備が揃っているので、それなら門別から挑戦することに意義はあったわけである。

とはいえ、4歳以上になると出られるレースが限られ、国内に適するレースがないからと香港遠征をしたり苦労もしてきた。

これ以上はさすがに門別所属では厳しいと、4歳の10月にJRA移籍、栗東に引っ越しとなった。


いろいろ見方はあると思うんだけど、どの主催者も賞金や手当を他の所属の馬に取られるのは、本心ではうれしくないんだろうな。

地方競馬も地区を越えての全国交流競走はそう多くないそうだし。

ダートグレード競走の場合、JRAと地方競馬が相互に行き来できることにより、

地方競馬はJRAの注目馬が集まるレースを主催でき、それで馬券を売って、ガッポリと儲けられる。

その結果が7頭立ての かしわ記念 だと言われれば、地方競馬は堕落してると言われかねないが。(これは極端な例だが)

これについては相互主義なので、JRAも地方競馬に対してダート重賞は開放している。

JRA所属馬は地方競馬のレースまで含めて挑戦できるレースが増えるので、これがJRAにとってのメリットである。


JRAの重賞レースは基本的には国際競走として外国所属馬が参加できるが、それにより国際的な格付けが得られている。

それはどういうメリットがあるかというと、競走馬の生産者にとってブランド力の向上に繋がるというのがある。

ブランド力向上のために、外国から遠征してきた有力馬には報奨金を出すと言っている。それでもなかなか来ないけど。

地方競馬からの参戦は一定認めているが、制限が厳しいのは、JRAにとって地方馬が来るメリットが薄いからだろうかね。


ただし、将来JRAでレースを盛り立ててくれるような馬に期待するところはあって、若い馬ほど挑戦しやすくなっている。

ハッピーグリン号の活躍を見たからか、それとは関係なくか、地方馬のJRA挑戦については今年から条件緩和された。

「JRA特指改革」を解説します (Happy Owners Club)

JRAでのデビューにこだわらずとも、地方で実績を出してからJRA挑戦がしやすくなった。

今までは2歳のJRA認定競走で勝利しなければスタート地点にも立てなかったが、新条件なら遅咲きでもチャンスはある。

地方からのJRA挑戦で実績を出した馬にはぜひJRAに来ていただきたいと。そういうことなんじゃないですか?


Author : Hidemaro
Date : 2020/05/12(Tue) 23:59
文化 | Comment | trackback (0)

在宅勤務続きでは手動対応が必要

今日も在宅勤務、出勤して作業している人とあれこれ連絡を取りながら仕事をしていた。

こちらからは「ここのハードウェア構成、これでいいの?」とか聞いて、

逆に職場にいる人からは「○○が必要なんだけど、どこにある?」とかそんな具合。

物を見て話をできないところは不便だが、できるだけ出勤せずに仕事を進めて、

来週1日、出勤してガッチャンコと合わせて完成させるような形になりそう。


業務用PCへのセキュリティパッチ適用を行うようにという連絡が来て、

普段ならほとんどはシャットダウンするときに自動適用されて終わる話だが、

多くの人が連日の在宅勤務となっている状況なので、

今すぐ出勤する人以外はインターネットから指定のファイルをダウンロードして適用するようにとなっていた。

そのための手順書が公開されていて、それに従ってやればいいわけである。


多くの人にはなじみがないかもしれないが、実は普段からこれ相当の方法は掲載されている。

というのも、長期出張中の人、そして社内ネットワークから切り離されたPCでは、社内ネットワーク経由での更新ができないから。

スタンドアロンPCへのインストール

製品評価用にスタンドアロンのPCを持っているのだが、これの更新は手動である。

社内でもスタンドアロンならソフトウェアの更新をしなくてもよいという誤解はあるが、

そうではなくて、原則は実施、ただし製品評価の都合などで適用できない場合はやむを得ないということである。

全くネットワークにつないでいないのでウイルス対策ソフトの定義ファイル更新もいちいち自動。

さすがに毎日更新しろというのは無理な話なので、Windowsなどの更新のタイミングに合わせて手動更新している。


これは出張中、あるいは在宅勤務の場合も同じだが、こちらはインターネットにつながる分だけシビアである。

適用期限までに職場に行くならば、そのときまで先延ばしにすることは出来るし、今まで基本はそれで考えられてきた。

本来は在宅勤務は月何時間とか制限があるので、出勤しない日が多く続くことはあまり想定されない。

なので、今までは長期出張中の人は手動適用するようにというような書き方だった。

そういうPCも一定数存在するが、それなりに稀だし、社内ネットワークには接続されていないので、さほどリスクは高くないかな?


確か2月頃に在宅勤務の上限制限が解除されて、無制限に在宅勤務ができるようになった。

(この時点では連日在宅勤務は通勤距離の長い人がやっていたぐらいだし、1週間に1日も出勤しない人は稀だったが)

これにより連日在宅勤務の場合も手動での対応が必要となり、対象者も普段に比べれば格段に多くなった。

その上、リモートアクセスインフラの逼迫対策で、普段に比べると社外から社内リソースへのアクセス制限は緩くなっている。

そのため、普段に比べると社内ネットワークに接続されないPCのセキュリティリスクは高いということで、

普段よりは詳細な作業手順書が作られたという面もあるんじゃないかなと思う。


Windowsの更新なら、家庭用のPC同様にWindows Updateにお任せにするという選択肢もあって、

それならば放ったらかしでさほど問題はないわけだけど、社内での運用ということになるといろいろ課題もあるようだ。

それで社内ネットワークにつながったPCを計画的にアップデートする方法を取っているわけだけど、

ただ、こうして社内ネットワークから長期間切り離されると、手動操作になり、適用漏れも起きやすくなる。


他にも社内ネットワークに長期接続されないことによる問題が起きている。

長期出張と同じではあるけど、対象者が普段より格段に多いのをごまかしながらやっている状況ですかね。

リモートアクセスインフラはかなり改善されてきたが、コンピュータの管理となると難しいですね。


Author : Hidemaro
Date : 2020/05/11(Mon) 22:26
コンピュータ・インターネット | Comment | trackback (0)

ガスコンロが電池切れ

今日は久しぶりに市外に出かけた。

電器店に電池を買いにいっただけなんですけどね。

市内の電器店が営業してるのかよくわからなかったから、それなら確実にやってる方に行くかと。

自転車で20分ぐらいだから近いですしね。


単3・単4電池はたくさんストックがあるんだけど、今回必要だったのは単1電池だ。

スーパーではあんまり置いている印象がなくて、品種を選んで買えるとなると専門店かなぁと。

単1電池なんて何に使うんだってガスコンロですよ。


実はちょっと前からガスコンロを点火させたら、一度は火が付くが消えてしまうという現象が起きていた。

何度かやると点火するので何が原因なのかよくわからなくて困っていたが、電池の残量が減っていたようだ。

今朝、電池切れを表すインジケータが点灯したので、今までの現象は電池切れだったのかと合点がいったわけである。

電池がなくなると火が付かなくなるのかと思ったのだが、どうもそうではないらしい。

電池がないと火を付けた後のコントロールがうまくできなくなるらしい。

それならもっと余裕を持ってインジケータを点灯してくれよと思うが。


電器店でも、電池売り場でもっとも目立たない置き方をされているのが単1電池である。

単2電池に紛れるかのように置かれているからわかりにくい。

やっぱり売れ線じゃないんだなぁと。それでも一定のニーズはあるわけですけど。

そんなわけでマンガン電池を買って帰ってきた。


ただ、実のところ、ガスコンロの電池はアルカリ電池の方がよかったらしい。

間欠動作で消費電流が小さいなら、マンガン電池の方が長持ちするという話なのだが、

どうも今どきのガスコンロは案外消費電流が多いらしく、放電容量の大きいアルカリ電池の方が長持ちするらしい。

それなら電池ケースの蓋に書いておいてくれよと思うけど。

とはいえ、これまでの実績からすると全く話にならないほどではなく、1年ちょっとは交換せずに使えている。

今回は4本組を買って、コンロには2本入れるのでもう1回は交換できますね。まぁいいや。


ガスコンロは停電しても使いたいから高機能なものでも電池駆動ですよね。

平時なら、商用電源で動いてくれた方が電池交換の手間はなくていいんだけど。

電池交換する前提なら、単3電池の方がラジオなどにつかうために持ってて便利ではあるけど、

放電容量が6倍ぐらい違うから、ものすごい頻度で電池交換を繰り返すことになる。

確かにガスコンロってけっこうな使用頻度だもんなぁ。


Author : Hidemaro
Date : 2020/05/10(Sun) 23:56
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

新潟競馬場は直線と芝がユニーク

今日も今日とて競馬観戦。

今のところ5月末のダービーデーまで無観客というのは決まってるんだけど、その先はどうなるんだろうね。

中央競馬だと8~9割程度の売上が安定して上がっているので、無理して観客を入れる必要はないというのはある。

6月いっぱい、宝塚記念デーぐらいまでは引っ張るかもね。1ヶ月調子をみながら再開に向けた準備をすると。

それより気がかりなのは6/13~9/6の北海道(函館・札幌)開催に向けて競馬関係者の北海道遠征を決行できるかなのかも。


今日から新潟での開催が始まったのだが、新潟競馬場はいくつかユニークなところがある。

やっぱりすぐに目が付くのが直線の芝1000mコースですよね。

新潟競馬場/コース紹介 (JRA)

日本の競馬では(ばんえい競馬を別として)唯一の直線コースである。

ゴール地点が共通ということもあって、ぐっと飛び出したところがスタート地点になっている。


早速、今日の10レース(はやぶさ賞)で使われていたけど、この直線コースというのはいろいろ独特だった。

周回コースの場合、コースの内側を走るのが最短距離でよい。しかし、コースの内側の芝は痛みやすい。

直線コースの場合、特に内側に寄る意味もないのでまっすぐ走ればよさそうだが、実際には外側に寄って走りがちだという。

客席はコースの外側なので、外側に寄ってくれる直線コースのレースは、客席からも臨場感たっぷり。(無観客だけど)

あと、カメラワークも他のコースと違って柵沿いを動くカメラで撮影しているので、最初から最後まで臨場感たっぷりである。

カメラがどこにいるかわかりにくくなるからか、現在位置を示すバーが表示されていた。(今年からの新しい取り組みらしい)

グリーンチャンネル以外のテレビ放送で直線1000mのレースを見る機会はあまりないので、無料で見られるのは貴重である。

(新潟競馬場はメインレース以外は無料放送の番組で取り上げられることは少ないらしい)


もう1つの特色がこれ。

JRA / 新潟競馬場の野焼 (Facebook)

毎年やってるわけではないらしいのだけど、新潟競馬場では3月に芝焼きをしているそうである。

芝焼きってよく聞くけど、他の競馬場ではやらないのか思ったかも知れないが、できないんですよね。

気候によって競馬場の芝も違うんですよ。


日本の競馬場の芝は日本の伝統品種の野芝が主に使われているのだが、

実は野芝しか使っていないのは新潟競馬場だけなのだという。

というのも、野芝は冬になると枯れて黄色くなってしまう。根は張っているし、また暖かくなれば青く茂るのだが。

かつては、秋から冬にかけては黄色い芝の上で競馬をやっていたのだが、

ジャパンカップで遠征してきた外国の競馬関係者にどこが芝コースなんだと問われたとか。

その後、冬も青い芝の上でレースができるようにと、オーバーシードという手法が生み出された。

イタリアンライグラスというヨーロッパ原産の芝を併用することで、冬でも青い芝の上でレースができるようになった。

しかもこれは寒冷地の芝で夏を越えられないので、春になって刈り取れば野芝の生育の邪魔にもなりにくいという。

オーバーシードをしている競馬場では、競馬場ごとにスケジュールが違うけど、春~夏で芝の張り替えができる期間が確保されているそうだ。


こうして考えると、冬の新潟は雪が降るので競馬どころではない。なので冬に芝を青く保つ必要が無い。

そのためオーバーシードの必要が無いんですね。それで雪が融けて春になれば枯れた芝を焼いてしまうわけである。

焼いても根は残ってますから、そこから葉が出て、今ぐらいには青々と茂りはじめてくると。

JRAの説明によれば、昨日時点の新潟競馬場の芝はこの通りである。

3月中旬から4月下旬までコース全面のシート養生を実施し、肥料散布等の生育管理に努めました。この時期は生育途上であるため、部分的に不揃いな箇所が見られますが、芝の生育は概ね良好です。


他に北海道の函館競馬場・札幌競馬場、あと地方競馬では唯一の芝コースを持つ盛岡競馬場は、

野芝は育ちにくいので、ここはヨーロッパの競馬場で使っているような寒冷地用の芝だけを使っているそうだ。

かつては札幌競馬場では芝を育てることをあきらめてダートコースだけでやってたらしい。

ただ、この芝というのは根っこが弱くて、馬が走ると簡単に剥がれてしまうんですよね。

そういえばフランスの凱旋門賞をテレビで見ていたとき、芝をえぐるように走っていたのが印象的だけど、その通りなんだよね。

やわらかい芝を蹴り飛ばすように走ることになるので、体力がいるということらしい。


野芝の耐久性はなかなかのもので、品種改良も行ってさらに耐久性を向上させてきたという。

かつては、踏みしめられるごとに地面が固くなりがちで、馬の脚の負担になっているのではと心配されていたが、

2013年以降、芝生に穴をあけて回るエアレーションという作業をすることで、固くなりすぎた地面をほぐすことをやっている。

馬場のクッション性はヨーロッパの競馬場並みなので、馬の脚への負担が大きいということもないだろうと。

高速化が進む日本競馬 芝育成技術の進歩とファンの誤解 (netkeiba.com)

地面がやわらかくなったことで、芝生も元気になって、今までより良好な芝状態が長期間保てるようになった。


すると馬にとっても走りやすいですから、2013年以降にレコードタイムの更新が続いたようだ。

ちょうど今日、京都競馬場の芝1600m・内回りのコースレコードが更新されてたけど。

【特集】世界レコードと日本のレベル(芝コース編)(競馬の教室)

JRA記録更新であるとともに、世界記録更新になったものもあったそうで、それだけ強い馬が能力を発揮できたということ。

芝1600m・2200m・2400m・2500m・3000m・3200mの世界レコードは2013年以降の日本で出た記録だということ。

ただ、こうも速いとなかなかヨーロッパから遠征してきても勝ち目がないなと思われてしまうらしく、

去年のジャパンカップはとうとう外国からの遠征馬がゼロになってしまった。騎手だけは国際色豊かでしたが。


新潟競馬場が唯一オール野芝だっていうけど、JRAの本州の競馬場はこれから夏~秋に向けて野芝だけにするので。

とはいえ、今時点で一様に野芝が茂っているのは新潟競馬場が唯一ではある。見比べてみると確かに違う。

そして日本で唯一の直線コースでのレースと、なかなかおもしろいところだと思いますね。

さっきも書いたようになかなかテレビの無料放送では見られないらしいので、グリーンチャンネルの無料放送はよかったですね。


Author : Hidemaro
Date : 2020/05/09(Sat) 23:57
文化 | Comment | trackback (0)

雑誌読み放題を乗換

今月から楽天マガジンに登録した。雑誌の読み放題サービスですね。

そもそものきっかけは マガジン☆WALKER のサービスが3月末で終了したこと。


おそらく「BOOK☆WALKER マンガ・雑誌読み放題」が代替サービスと思われる。

キャンペーンもやってたので4月に1ヶ月登録してみたのだが、けっこう違うサービスであることがわかった。

というのも、従来のマガジン☆WALKERはいろいろな種類の雑誌が揃っていたが、

新サービスは漫画雑誌が大半、あわせて漫画の単行本も数千冊ピックアップして読めるようになっていて、漫画に特化しているようだ。

あと、これは完全な勘違いだったんだけど……

このサービスが始まる以前からBOOK☆WALKERには「角川文庫・ラノベ読み放題」という小説の読み放題サービスがあった。

てっきりこのサービスが拡張されたものかと思ったのだが、全く別々のサービスだった。


一方で従来のマガジン☆WALKERと比較すると、BOOK☆WALKERで購入した書籍と同じアプリで閲覧できることなど、便利になったところもある。

読み放題サービスの仕組みが、BOOK☆WALKERに登録されている雑誌・漫画が無料購入できるような形になっているから。

もちろん契約期間が経過すれば読めなくなるんですけどね。


「BOOK☆WALKER マンガ・雑誌読み放題」もよいサービスとは思ったが、従来読んでいた雑誌の半分ぐらいは読めなくなる上、

価格も従来550円だったのが836円に上がるので、僕には合っていないサービスだなと思った。

あくまでも僕の目的に合わないというだけで、値上げ以上のメリットを感じた人はいると思うが。


それでいろいろ調べた結果、楽天マガジンにたどりついた。

マガジン☆WALKERの頃によく読んでいた雑誌は大半網羅されていて、それ以外にも興味がある雑誌があれこれ登録されている。

雑誌の品揃えはBOOK☆WALKERの読み放題とは対照的で、こちらは漫画雑誌はないかな。

なにより価格が安くて、月額418円、年払いだと3960円(月330円)ということで、かなり安い。

しかもやたらとバックナンバーも長く残っていて(雑誌による)、新たに気になった雑誌も過去に向かって掘れるという。


あと、画質もいいんですけど、これは長所でもあり短所でもある。

というのも、雑誌1冊で100MBとか消費するので、バックナンバーを掘ったりすると数GBとタブレットのストレージを圧迫する。

なのでかなりこまめにデータを消去しないといけない。あとモバイル回線だとデータ容量の問題もあるか。

そこさえ注意を払えば、グラビアなんかもきれいなので、なかなかいいと思う。

マガジン☆WALKERは少し画質が落ちる気がしていた(同じ雑誌を購入して比較したわけではない)のでよいと思う。

ちなみにBOOK☆WALKERの読み放題サービスは購入する雑誌と同じデータであろうと思うので、これも画質はよかった。

これも相応にはデータが重いのかも知れない。あまり気にしてなかったけど、読み放題で読みあさると同じ問題にぶつかったかも。


雑誌の読み放題は楽天にしたけど、電子書籍の購入は相変わらずBOOK☆WALKERで行くだろうと。

実は一部にはKoboで購入した電子書籍もあるのだが、これは割引クーポンと電子書籍ストアの入荷タイミングの都合によるもの。

電子書籍リーダーとしてはBOOK☆WALKERの方がしっくりくるのもあって、本音ではKoboでの購入はあまりやりたくない。

別にKoboと楽天マガジンは連動しているサービスでもないですからね。

(この辺はかつてのマガジン☆WALKERもアカウントが共通なだけで、BOOK☆WALKERとは連動していなかったことと同じ)


Author : Hidemaro
Date : 2020/05/08(Fri) 23:50
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

在宅勤務の最初と最後に連絡

今日から連休明け、まぁ相変わらず在宅勤務なんですが。

在宅勤務の最初には上司にE-mailで勤務開始を連絡するのが普通である。

勤務終了時も同様である。


別に上司に在宅勤務開始・終了を連絡できればなんでもいいんですけどね。

先月は開始・終了それぞれ1回、電話で上司に連絡したこともある。

勤務開始を電話で連絡したのは手を切った次の日のこと。

そうして昼休み明けから在宅勤務で仕事をスタートして、まず上司に内線電話をかけた。

事情を説明して、仕事には支障はないけど、抜糸のため来週金曜日は不在になるなど伝えた。

(傷口はとりあえずよし)

終了を電話で連絡したのは、定時直後に別の用事で上司に電話する必要があったので、

電話の最後で「これで在宅勤務終了の連絡を兼ねてよいですか?」と言うと「はい、お疲れさまでした」となった。


いちいち電話で連絡するのは上司が追っつかないだろう。特に今はほぼ全員が在宅勤務だし。

インスタントメッセージでもよいかと思ったが、リアルタイム性はさほど必要ない、

というか上司の勤務時間外に勤務開始・終了をすることもあるわけだし。

そうなるとやっぱりE-mailかなと思うんだけど、部下からいちいち届くと大変だろうなとは思う。

ただでさえ上司にはあれこれとE-mailが送られがちなのに。


ところで今や職場に出勤する人の方が少数派で、上司の目も届かないわけで、

そうなるとむしろ出勤する人は上司に連絡が必要なのではないかと聞いた人がいた。

その必要はないという答えだった。確かに休日出勤とかそうですもんね。

出勤してPCを使っていれば、勤怠簿の出退勤時刻とPCのログイン・ログオフ時刻を比較することでも確認出来るし。(cf. 出退勤時刻と照らし合わせる?)

必ずPCを使うとも限らないし、出退勤とPCログイン・ログオフが一致しないこともあるから、

最終的には上司・部下のコミュニケーションで確認するようにという話ではあるけど。


ところで来週から新しい仕事が頼まれて――連休前から頼まれそうだなと思ってたら案の定。

環境が整っていれば在宅でもできそうな仕事だけど、出勤してやった方が早く確実に仕事が進められるんだけどなぁ。

そんなわけで依頼主に相談してみると、いくつか準備してもらい、やり方を工夫すれば在宅勤務でできるとなった。

その中で教えてもらったんだけど、その依頼主は来週からは出勤してハードウェアの作業をしないといけないそうだ。

4月中に出勤を抑制していた反動で、スケジュールはやや厳しいと言っていた。

こういうプロジェクトは他にもいくつかあるのだろう。


原則、在宅勤務が長期化することへの対策は4月中に取りかかってたので、今慌てているわけではないのだが、

3月下旬から4月中というのは、とりあえずハードウェア作業を先延ばしにして、大きく出勤者を抑制していた面が強かった。

その結果、出勤者は1割未満にまで減らすことができた。(cf. 職場での接触は99%以上減らした)

ただ、長期戦をにらんだものではなかったので、5月以降に出勤者激増ともなりかねないとは心配していた。

実際にはあれこれとやりくりして、出勤者は大きく抑制できそうだと聞いているが、さすがに4月同様の1割未満への抑制は無理だろう。

今の肌感としては7割減で3割ぐらい出勤になるのかなぁ。それでも大きな効果は得られるとは思いますけどね。


勤務先の業種は製造業ですから、感染症対策に気を払いながら業務を継続することは使命である。

ただ、集団感染が起きればそれどころではなくて、しくじると自分で自分の首を絞めることにもなりかねない。

幸いなのは東京都の感染者の報告が順調に減っていること。

先延ばしにした分は今月下旬ぐらいから順次取り返しに行けるかもしれない。

でも、さらに長期化する可能性もやはりありますから、作戦は慎重に考えないといけない。

1人日でも出勤作業を減らす、出勤者が集中しないように調整するといったところですかね。


Author : Hidemaro
Date : 2020/05/07(Thu) 23:28
社会 | Comment | trackback (0)

Tools