日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

鉄道車両を軽く作るか重く作るか

この前、JRが新しいディーゼルカーを買って、特急はまかぜに導入したそうだ。

特急「はまかぜ」への新型気動車の概要について (JR西日本)

写真見て驚いたのだが、ステンレスなのよね。最初見た時には新快速の車両に見えた。


最近ステンレスの車両って多いですよね。

JRの一般車両とか新しいのは全部ステンレスですからね。

ステンレスの場合、さびないので塗装する必要がない。というわけでほとんど塗装してない。

まぁ塗装しなくてもきれいだから塗装しないのはそれはそれで理にかなってるけどね。

ただ、特急までステンレスにして塗装を省略するのはどうかと思うけどね。

けど、そういう特急は多いみたいだね。かの有名なスーパーはくとの車両もそうみたいだし。


それからしばらくして、またJRが新しい特急車両を買うというニュースが出てきた。

特急「きのさき」「北近畿」などへの新型特急形電車のデザインについて  (JR西日本)

どう見てもサンダーバードにしか見えん。実際、ほとんど同じ車両らしい。

こんなのが北近畿方面と、そして和歌山方面にも走ることになったらしい。

まぁ、サンダーバードは新しい車両で走ってると言うことで評判もいいし、それを基本として作るのはまぁ理にかなった話か。


この車両はアルミ合金製らしい。

アルミもさびないのだが、光沢が低いということもあって塗装されることが多いようだ。

といってもさびないので鋼に塗装するよりかはよっぽど簡単なんだと思うが。

アルミというのはずいぶん軽いそうで、塗装してもステンレス製の車両より軽いようだ。

そんなわけで新幹線はアルミ製が普通だ。

近鉄も一般車両は新しいのはアルミ製らしい。といっても塗装してたらどれがアルミ製かなんてわからんが。


アルミかステンレスの車両ばっかりだなという印象を受ける。実際軽量化のためにどちらかであることが多いのは確かなようだ。

車両を軽量化すれば省エネにつながるので、確かに軽量化の意義は大きい。

ところが、昔ながらの鋼製の車両だって今でも作ってるようだ。

実は近鉄特急がそうなんですよね。

その理由についてWikipediaにこう書いてある。

車体に従来の特急車両と同様に鋼製車体を採用することで、大型連続窓に対応する高いねじれ剛性を確保するとともに、車体側面の鋼材厚さを減らすことで室内空間の拡大を図っている。
(w:近鉄22600系電車)

鋼製にすることで、窓を大きくして車内空間を広くできるかららしい。

そのためだけにわざわざ鋼製にするというのも驚きだが、相当なこだわりがあるらしい。

確かに新幹線みたいに窓が小さい特急というのもおもしろくないので、窓を大きくしてみたというのはいいことともおもうけどね。


ただ、その結果、近鉄特急の新車の一番重い車両は47.0tもの重さになってしまったようだ。

ちなみに近鉄の一般車両の新車は重くても35.0t、サンダーバードの車両でも42.5tだからかなり重いことがわかる。

山手線なんかで走ってるJR東日本の通勤用車両とか29tぐらいらしい。どんなけ軽いねん。

アルミ製やらステンレス製と比べるのは公平ではない気がするが、それにしても重いね。

やっぱりアルミ製やステンレス製の意義は大きいんだなと分かる話だ。


Author : Hidemaro
Date : 2010/11/29(Mon) 23:54
交通 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools