日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

コンピューターと書くこともあるかもしれない

Microsoftがコンピュータ関係の用語の表記を一部変更すると。
と、いいましたが、実はこのコンピュータという表記をコンピューターに変えると。
そういうことです。
JISでは原則三音以上のカタカナ語では最後の長音は省略するとなってるわけだ。
その影響で、専門書などを見ると、それに従った表現になってると。
本にコンデンサとは書いてあるけど、コンデンサーとは書いていない。
確かに不思議ですけど、それを当然と思う人はなんとも思わない。
むしろそうでないことに違和感を覚えるはず。
なぜか理由はよくわからないけど、最後の文字が「ー」だと間抜けだからかな。
まぁそんなわけで、それが当然のことだと思われてきたわけだ。
ところが、コンピュータと書いてあっても、実際はコンピューターと読む。
確かに英語でのcomputerの発音はコンピューターに近い。
だから、長音を省略するのが当然であると考えない人は、コンピューターなど書く。
新聞はどうもそうらしいです。
Microsoftは多くの人がMicrosoft製品に触れるようになって、
専門家気取りの長音を省略する書き方から、日常生活に近い書き方にすると。
まぁそういうことなんだと思います。
Microsoftがこんな決定をしたところで、急に何かが変わるわけではないだろうね。
とはいうけど、この背景を知らない人は混乱しなくなるのでよいか。
まぁ実際どっちでも通じますしね。
外国語を日本語でまねするのに完璧な答えなんてのはなかなかない。
有名な例がミシンですよね。sewing machineを日本語に取り込んだらミシンになったと。
けどsewing machineはミシンと書くのが正しいんです。
それに比べれば、computerをコンピュータと書くことは些細なことです。
しかし、これに疑問を持つ人が増えれば、コンピューターに変わるでしょうね。
まぁしかし、思い返してみれば、僕は普段は、長音省略して書いてますね。うーん。
Author : Hidemaro
Date : 2008/07/25(Fri) 23:08
社会 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools