日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

八戸で見た高専カンファレンス

さて、今日の一日を忘れないうちに記録しておこうか。
青春エコドリーム号は大変窮屈だった。一人前にリクライニングするのが唯一の救いか。
OCATではさほどではなかったが大阪駅でガサっと乗ってきて満員だった。
23時台に出るバスなのに安眠妨害だらけだったきがする。
1時ごろの土山SAでの休憩を終えるとやっと寝れる環境が整い、眠りに落ちた。
朝6時半ごろ明かりがつき、何かと思えば渋滞を避けるため早着するというアナウンス。
そして東京駅には30分早着した、そして八戸へ旅立つ準備をして、東京駅のホームへ向かった。
関東からは6人で固まって動くことになっていました。ところが1人が現れない。電話をかけるも反応なし。
どうにもならんので予定していた東北新幹線はやて号に乗車。
速い速い。3時間で遠い遠い八戸にたどりついた。さすがに寒い。ただ、自宅付近の朝の気温ほどの寒さなのでなんとでもなった。
八戸名物は何と聞けば、いかとさばらしい。八戸で水揚げされる名物とのこと。
というわけでいかめしを弁当に購入し、八戸高専へ向かうことに。他の人の乗るタクシーに便乗させてもらった。
さて、会場で弁当を食べて、そのあと設営をお手伝い。自分たちの大会だから自分たちでやろうという気持ちもあるのだろう。
そして高専カンファレンス in 八戸がはじまった。
参加者25人というこじんまりとした大会ですが、アットホームな雰囲気がなかなかよかったと思う。
その後、懇親会・打ち上げと交流がありましたが、工学に関わるもの同士だからか、高専に関わるもの同士だからか大変話が弾みました。
余談ですが、ここで懇親会会場まで技術職員の人が車で移動するというので便乗させてもらいました。楽させてもらってばかりです。
その人は運転するから、僕は未成年だから、打ち上げでこの2人だけまったくお酒を飲まないという少々不気味な絵でした。
まぁこういうところはしっかりわきまえませんとな。お茶とかコーラとか飲んでました。
さて、その後バス乗り場に移動して、東京行きの高速バス、シリウス号に乗車するのですが、八戸市の中心街って複雑なんですよ。
まぁ案内してくれなきゃ迷ってたかもね。
八戸高専で協力してくれた先生がバス停まで見送りしてくれましたからか、無事乗れました。
八戸の人、八戸の景色、八戸の食というものを垣間見れた半日ほどの八戸滞在だったと思います。
いやはや、よかったよかった。
なお、大会の詳しいところは明日か明後日に記事を上げますのでご期待ください。
Author : hidemaro
Date : 2010/01/30(Sat) 22:49
Mobile | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools