OSバージョンアップの障壁はPHP

実は最近、VPSを追加で1つ借りていて、これはOSバージョンアップのため。

OSのバージョンアップは大変ですから、注文すれば1時間で用意されるVPSの良さを生かして、

新しく借りたVPSで環境を構築して、完了したら移行して、今使っているVPSは解約すると。

契約期間の関係で、3ヶ月もオーバーラップがあるので、ちょっともったいない気もするけど余裕があるのはいいことか。

なんて着手前には思っていた。


いろいろ操作方法にも変化が多く(このあたりはまた改めて)、慣れるまではいろいろあったが、

なんやかんや言ってもRedHat系のLinuxではあり、慣れれば早いものである。

メールサーバーは現在とほぼ同じ構成で立ち上がるところまできて、

じゃあ次はWebサーバーだなと、Apacheを設定し、PHPを設定し、FastCGIとの組み合わせで使おうと思ったら、

やり方が変わってきて戸惑いつつも、なんとか立ち上がっただが……


ここで大きな問題が発覚して、実はこのBlogのPHPが動かないことが判明したのである。

というのも、新しいOSではPHP7.2を使うことになっているのだが、

このBlogのプログラムにはereg関数など、PHP5.3から非推奨で、PHP7.0で削除されたものがいくつもあったのである。

ちょっとなら手修正でなんとかと思ったが、さすがに量が多くて大変。

BlognPlusはとうの昔に配布が終了しているので、すでに修正されたものがあるわけでもない。


実のところ、PHP5.6だってもうサポート期限が切れているのである。(最近まで認識できてなかったけど)

なので、PHP7への移行は不可避であるものの、ここのところの影響は小さくなく、わりと困った問題らしい。

実際、ごまかしてPHP5.6を使い続けた方がはるかに楽だが……よくはないよね。

いろいろ検討したものの、もはやBlognplusを使い続けることに無理があるので、

他のエンジンへの乗換を検討している。といっても選択肢なんてほとんどないんですよね。

WordPressになると思います。王道ですけど、もうそれしかないですね。


ただ、WordPressはできることが多い分だけ複雑なので、どうしてカスタマイズしたもんかなと。

あと、URLの一貫性もできれば保ちたいので、そういう観点でもどうするかなと考えている。

なにしろ、今のBlogのプログラムを移行するというのはもうできないわけですから、

静的なHTMLを現行システムで吐き出して、これを何らかの方法で表示するというのが有力なところ。

ただ、どうするのかというのは難しくて、いくつか案を考えている。


というわけで、余裕があると思ってたけど、本当に3ヶ月かかってしまうかも。

いやー、まさかPHPのバージョンが変わるとそこまでのことになるとは……

まぁBlog以外のPHPはおそらく大丈夫だと思う。大した物はないけどね。