日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

LINE PayとPayPayは明確に違う

MNO版のLINEモバイルが、LINEMOという商品名に決まり、来月17日にサービス開始とのこと。

この頃にはZホールディングスとLINEの経営統合が完了しているのかな?

と気になって調べたところ、3月1日に経営統合完了の見込みらしい。

これにより、ヤフーと新LINE社がZホールディングス傘下にともに並ぶことになる。

そしてZホールディングスの親会社は通信会社のソフトバンク、ここがLINEMOを提供する。

複雑だが、経営統合によりLINEモバイル(MVNO)とLINEMO(MNO)はこうしてつながったわけである。


ここ最近、LINE Payを導入した。なんで今さらって感じはするけど。

そもそもLINEで電話番号認証したのが比較的最近だからねぇ。

その中で「はじめてGoogle Pay(iD)で1000円以上のお支払いをすると、500円分のLINE Pay残高プレゼント」というのがあって、

NFC/Felicaも使えるし、登録して1回だけ使ってみるかーということでやってみた。

やってみてわかったけど、LINE Payって登録すると「Visa LINE Payプリペイドカード」を発行することができるんですね。

三井住友カードの発行するバーチャルプリペイドカードですね。

カード番号を使えば通販での買い物ができ、Google Payに紐付ければ、iDまたはVISAタッチ決済が使えると。


アプリのプリペイド残高を使ってiD決済ができるという部分だけ見れば、メルペイと似てるけど、

メルペイはあくまでもメルペイがiDで使えるというだけのこと。

一方で、このVisa LINE Payプリペイドカードは、完全にVisaブランドのプリペイドカードなんですね。

プラスチックカードこそ不発行だけど、iDまたはVisaタッチ決済が使えれば実店舗でもそこそこ使えると。

これによりLINE Payを導入していない、実店舗・通販ともども実質的にLINE Payが使えるというわけである。


ZホールディングスとLINEの経営統合が完了すると、同一グループにPayPayとLINE Payの2つの決済サービスがあることになる。

将来的にPayPayとLINE Payは統合されるのではないかという考えもあるところだが、

確かに機能的に似ているところは多いし、加盟店ネットワークの統合は早い段階で行われそうだが、

一方で指向性が異なるところはあって、その1つがLINE PayがVisaプリペイドとしての機能を持っていることではないか。

PayPayは独自のコード決済と、独自のオンライン決済というところ1点でやっている。

PayPayのオンライン決済は、Yahoo!ショッピング・PayPayモールというところがとても大きなものとしてあって、

あるいはヤフオク・PayPayフリマの売上代金受取もPayPayで行うのが通常である。

オンライン利用のためだけにPayPayを導入している人も一定程度いるんじゃないかと思う。


おそらくはLINEとYahoo!ショッピングをはじめとするサービスを繋ごうという意図はあると思うので、

そこでPayPayまたはLINE Payという形になるのかな? とか考えてしまうけどね。

あるいはPayPayで利用した店とLINEの企業アカウントでつながって宣伝やクーポンなど配給されるようなこともあるのかなとか。

ただ、一方で決済サービスとしては双方並立する状態が続くんだろうなとは思う。

VisaプリペイドカードがPayPayで提供される意味は無いだろうから。


実際のところ、ヤフーとLINEで似たようなサービスを別々に持っているところは多くて、

そこをどうやっていくかというのは悩み所だろうと思う。

圧倒的に強いサービスがあれば、そちらに片寄せしていくのかなとは思うが、

PayPay証券(旧One Tap BUY、みずほ証券と提携)とLINE証券(野村證券と提携)というのは、

スマートフォンアプリを主として、少額から株式などに投資できるサービスという点では似ているが、

どっちもどっちであり、また商品性というのもけっこう異なるところである。

なにより難しいのは双方が別々の提携先を持っているということ。これは片寄せも統合もないだろう。


というわけで、この経営統合はうまくいくのかと疑ってしまうところはあるけど、

補完的な部分は少なくなくて、双方やりたくても手が届かなかったサービスを持っている部分は多い。

なんてことを考えると、LINEとYahoo!アカウントが紐付く日は近いんじゃないかと思っている。

紐付けが必須になるとは思わないけど、紐付けることにより利便性が高まる仕組みがあるんじゃないか。


Author : Hidemaro
Date : 2021/02/19(Fri) 23:07
お金 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools