日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

3連休の無観客ラッシュ

年始早々、1/9(土)・10(日)にこんなイベントがあって。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS Broadcast & LIVE Happy New Yell !!!

幕張メッセ展示場を使って、観客を入れつつも、インターネット配信が主体となりそうなコンサートということだった。

2日間で出演者総入れ替わりでありながら、現地でのチケットはいずれか1日しか買えないということだった。

これは客席数を絞った分だけチケットが公平に行き渡るようにということである。

2日観たければ一方はインターネット配信で観なければならない、ということでインターネット配信主体ではないかということ。

この2日目のチケットが購入できたので、じゃあ9日は家で観劇、10日は幕張メッセということになりそうだと思っていた。


ところが、先週末に客入れを中止して、無観客での開催となることが発表された。

「12月23日(水)に政府より発信された大規模イベントの人数制限に関する方針を考慮し」という背景がある。

東京都ではイベントの人数制限を5000人以下にするようにという指示が出ている。

(もっともこの場合でもチケットがすでに5000枚以上出ている場合は、そこを減らす必要があるとは言っていない)

ただし、幕張メッセの立地する千葉市については、現在のところ、特別な指示はないため、

5000人超も可能ではあるとみられるが、地域性を考慮すると同様の指示が出る可能性は否定できない。

もともと、インターネット配信主体のイベントであるので、客入れ中止という決断はしやすかったと思う。

採算性からすると厳しそうですけど……


そんな中で、Twitterを見ていたら思わぬ発見をした。

D4DJ公式 / 「D4DJ Happy New Year Around! 2021」チケット好評発売中 会場チケットは残りわずかです―― (Twitter)

1/10(日)にTOKYO DOME CITY HALLでイベントがあるんだけど、会場のチケットがB席ならまだ売ってるらしい。

インターネット配信も併用であることも背景にはあろうと思う。

実はTOKYO DOME CITY HALLは3日間にわたってブシロードが抑えていて、

この翌日、1/11(月)はバンドリのトークイベントが行われることになっていた。

バンドリ!スペシャルイベント「らうくれ!」&「あすはも!」 (BanG Dream!)

現地に観客を入れる一方でインターネット配信も行われるということになっている。

そして、僕ももともとインターネット配信で、このイベントを観るつもりだった。

ちなみにインターネット配信はGoToイベントで若干安くなっている。まぁ微々たるもんだけど。


D4DJのイベントも、トークメインのイベントではあろうが、DJパフォーマンスも行われることになっていた。

興味はあったし、B席ということもあってチケット代が思ったより安くて、東京(後楽園)なら近いし。

あえてA席・B席と分ける意味はよくわからなかったけど、あの会場だとそんなに悪い席ではなさそうだし。

一方で、1/10(日)はもともと、シンデレラガールズのイベントに参加する予定で、

確かに現地チケットは無効になったが、インターネット配信での観劇は可能である。

ここでどちらを取るべきかは少し悩んだのだが、インターネット配信はアーカイブもある。

というわけで、それなら10日は後楽園に行こうと、今日にチケットの購入を行った。


ところが……今日の夕方になってこんな発表が。

本イベントの延期のお知らせ

昨今の新型コロナウィルス感染拡大状況を鑑み、本イベント会場にご来場いただくすべての皆様の健康・安全について慎重に検討しました結果、本イベントを延期とさせていただきます。ご購入された会場チケットは今後開催する同規模の指定イベントへ振り替えとさせていただきます。またご希望のお客様にはチケット払い戻しを実施させていただきます。(略)

(D4DJ Happy New Year Around! 2021)

なんてこったい!

延期扱いではあるのだが、実態としては無観客でこのイベントは決行され、YouTubeで無料配信が行われる。

(無料配信が行われることと整合性を取るため、インターネット配信のチケットは一律に払戻になる)

延期というのは、このイベントのチケットを持っている人が将来のイベントのチケットに振り替えられることに意味がある。

しかし、チケット振替の権利を得ても行使するかどうかは悩みどころですね。


ということは、翌日のバンドリのトークイベントも?

と思ったらやはりこちらも無観客での開催になる。ただし、こちらは有料でのインターネット配信は実施される。

昨今の新型コロナウィルス感染拡大状況を鑑み、本イベントの会場観覧を取り止め、無観客での有料配信のみの開催とさせていただきます。ご購入された会場チケットは今後開催する同規模の指定イベントへ振り替えとさせていただきます。またご希望のお客様にはチケット払い戻しを実施させていただきます。

会場チケットについては、今後のイベントへの振替ができるというところはD4DJと同じですね。

ただし、こちらは延期という名目ではないので、どういうイベントなのかは全くもって不明である。


TOKYO DOME CITY HALLの規模を勘案すると、5000人上限の指示は全く関係ないとみられる。

単純に昨今の状況を考慮しての自主的な判断とみられる。

イベント自体のリスクはそう高くなく、人数や立地面のことを考えれば、そこまで大きな問題はなさそうだが、

一方で、GoToトラベルキャンペーンの一時停止期間にかかるなど、

参加取りやめを希望する人に払戻請求に応じるようなことも考える必要はあったかもしれない。

D4DJの方は有料配信もやめちゃったから、本当にお金になるものは何もないけど、

バンドリの方はもともとトークイベントでインターネット配信主体で考えていたところはあろうと思うし、それはそれで。


というわけで、この3連休は毎日お家で観劇ですかね。

まだ、インターネット配信用のチケットの購入手続きはしてなかったけど、

おそらく、シンデレラガールズのイベントは2日間通し券で買うんだろう。(特に安くなったりはしないけど)

D4DJのイベントは無料配信はあるけど、現地参加できないと優先度は下がるということで、とりあえずはなし。

その翌日のバンドリのトークイベントも購入手続きはしてないが、そのうちする。


Author : Hidemaro
Date : 2020/12/29(Tue) 23:34
文化 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools