nanacoチャージ出来なくなるのでは?

昨日、こうは書いたんですが……

これとは別件だけど、(旧)SoftBankカード(新規発行停止)はいつまで今まで通り使えるのかという話がある。 (略)

すさまじいのはnanacoチャージでもポイントが加算されるということである。(永久不滅ポイントでは積算対象外)

(NFC決済ならVisaなのかな?)

実は今年3月から、他社クレジットカードでのnanacoチャージの新規登録ができなくなったらしい。

それ以前から登録している人は経過措置で使えているのだが、どうもカードの更新ができないっぽい。

現在登録しているカードは来年1月が有効期限なので、そこで経過措置が切れることになる。(と思う)


ということは今持っているカードではnanacoチャージができなくなるのか。

他社カードでnanacoチャージできるのは、手数料面で不利だろうことは思ってたんですよね。

WAONがチャージ手段を厳密に制約していて、イオン銀行チャージへの誘導をしてたのとは対照的だなと。

というわけで仕方ないなとは思ったのだが、さてどうしたものか。

最近は西友で買い物することも増えたが、そうはいっても品揃えを考えればイトーヨーカドーをメインに使っていきたい。


もちろんイトーヨーカドーでnanacoをどうしても使わないといけないわけではない。

一般のクレジットカードやPayPayなどで支払いしてもよいが、下記は支払い手段が限定される。

  • nanacoボーナスポイントの付与
  • ハッピーデー(8のつく日)の割引適用

これ以上のメリットがあるなら、他社カードでの支払いでもいいけど、どうでしょうかね?

WAON POINTでSuica併用できなくなるときは、ボーナスポイントが半分近くを占めていたので、そこは外せなかったんですけどね。

イオンカードの勧誘の背景か

イトーヨーカドーではボーナスポイント対象はそこまで多くないので、時々当たる8のつく日の方が問題でしょうかね。


nanacoチャージ出来るクレジットカードだが、今年3月以降は セブンカード・プラス と セブンカード の2つに限られた。

新しく作るなら セブンカード・プラス ということになろうかと思う。

でも、もう1つの観点があってクレジット払いでも、先ほどの2つの特典が適用されるカードがあれば目的は達せられる。

実はセブンカード・プラスはクレジット払いでも、ボーナスポイント含めてnanacoポイントが積算されるし、ハッピーデーの優待対象だ。

この場合、1ヶ月の利用金額を積算してnanacoポイントを付与するので、端数切り捨てが少なくなるメリットもある。

nanacoポイント が付与されると言うことで、nanacoとの併用は前提である。(ポイント消化はnanaco払いになる)

そして、そのようなカードはもう1種類あって、それが クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン である。

これもボーナスポイント含めてクラブ・オン/ミレニアムポイントが積算されるし、ハッピーデーの優待対象になっている。


ところで クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン って何だ?

これ、西武・そごうのクレジットカードで、発行元は セブンCSカードサービス という、セブン&アイ と クレディセゾンの合弁会社だね。

西武百貨店のセブン&アイ傘下入りの後にできた会社で、歴史的経緯により百貨店とスーパーでカード会社が違う。

西武百貨店向けの クラブ・オンカード と、そごう向けのミレニアムカードがあるが、効力に差はない。

実務はクレディセゾンに委託されていて、WebサービスはNetアンサーだし、クレジットカードのポイント制度は永久不滅ポイント、

会社は違うので同じ永久不滅ポイントでも別々に積算されるが、手続きによりセゾンカードと永久不滅ポイントの合算は可能。

というわけで、すでにセゾンカードを持っている僕にとっては好都合に見えた。


ただ、イトーヨーカドーでの買い物で付与されるポイント(nanacoポイント相当分)は永久不滅ポイントじゃないんだよな。

先ほど書いたように クラブ・オン/ミレニアムポイント に積算される。

これは百貨店のポイント制度なので、西武・そごう店舗でないと使えない。なんてこったい。

でも、nanacoへの交換は可能なので、どうしても百貨店にいかないといけないわけではない。

とはいえ、クレジットカード払いにしてもポイントを利用するにはnanacoが必要なのはセブンカード・プラスと一緒なんだなって。


もう1つの観点がイトーヨーカドーでの支払い操作である。

現在、クレジットカードで支払う場合、基本的にはカードを挿入してICチップを読み取る必要があるが、やや煩わしい。

できればタッチで支払えるようにしたいところである。

ちなみにイトーヨーカドーでは、各国際ブランドのNFC決済・iD・QUICPayが使える。

もちろんnanacoをクレジットチャージしてnanacoで払えば、これもタッチで支払いが完了するのでよい。


では、セブンカード・プラス と クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン のクレジット払いではどうなのか。

両社ともApple Payはあるのだが、自分がAndroidユーザーなので、これは今回除外して考える。

まず、セブンカード・プラス の場合、nanacoのプラスチックカードにQUICPayを紐付けることが出来る。

QUICPay (nanaco)

ちなみにQUICPayは1決済2万円までの制限がある。イトーヨーカドーでこれが問題となることはあまりないと思うが。

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン については、調べたところ おサイフケータイ で iD と QUICPay が使えるらしい。

これ知らなかったんだけど、実はセゾンカードもiDとQUICPayが使えたんですね。

ただし、iD・QUICPayの登録用の情報が郵送でしばらく日数がかかったりで、Apple Pay(QUICPay)ほど宣伝されてないけど。

iDとQUICPay、どちらでもよいが、QUICPayは2万円まで、iDは暗証番号入力は必要かも知れないが特別な上限設定はない。

(ちなみにApple Pay, Google PayのQUICPayはQUICPay+といい、2万円以上使える仕様だそう)


以上のことから、イトーヨーカドーでタッチで支払いが済んで、イトーヨーカドー特有の恩恵が受けられる方法としては、

  1. セブンカード・プラスを作って、nanaco(Android端末 または プラスチックカード)にチャージして支払い
  2. セブンカード・プラスを作って、nanaco(プラスチックカード)にQUICPayを紐付けて、QUICPayで支払い
    (ポイント消化時はそのnanaco残高で支払い)
  3. クラブ・オンカード セゾンを作って、Android端末にiDを登録して、iDで支払い
    (クラブ・オン/ミレニアムポイント は nanacoに交換して、Android端末などにダウンロードして消化)

一長一短あって、3.はAndroid端末がFelica対応でなくなるとタッチで決済できない。

あとnanacoはポイント交換のために必要だと思うが、クレジットチャージはできないことは変わらない。

逆に2.はAndroid端末への統合はできない代わり、プラスチックカードのnanacoさえ持ち歩けば1つで対応できる。

1.はどちらでも対応できるが、nanaco残高を考えないといけないのが他に比べて劣る。(ただしオートチャージは可能)

いずれの場合でも、クレジットカード自体は必ずしも携帯しなくてよい。(引き出しの中に入れておけばいいってやつ)

2.はQUICPayの上限が2万円なので、それ以上はカードが必要で、1.も1日1回3万円がクレジットチャージ上限という制約はある。

でも、これは稀なことだし、そうなるとわかっていればカードを持っていけばいいのである。


現在の対処案としては、クレジットカード更新ができなかった場合は、とりあえず残高を積んで様子見しようと思う。

nanacoに10万円も積んでおこう

さすがに10万円も積むのはやりすぎな気がするけど、今のカードでチャージ出来る方が有利なのは間違いないので。

これでしばらく時間稼ぎをして、その間に何らかの代替案を探すことにする。

今並べたところだと、セブンカード・プラスを作って、2.で対応するのが軸かなと考えたが、

Google Pay対応やプラスチックカードのNFC対応などあれば状況は変わりうるので、少し様子見しようと思う。

セゾンカードは来年1月にGoogle Pay対応の方針を示していて、クラブ・オンも同じなんじゃないかというのはある。


というわけで、ちょっとめんどくさいけど、すでにイオンではそうなってましたからね。

イトーヨーカドーもそのためのクレジットカードを作ること自体は仕方ないかなという感じ。

今まで勧誘されても、さらに有利な条件でnanacoチャージ出来てるからいらないわって突っぱねてたけど、そうはいかんからね。

カード独自のキャンペーンを考えると素直に作っとけばよかったと言えるけど、そこまでメリットあるかはわからないしね。

クラブ・オンと両にらみだが、やはり王道はセブンカード・プラスだと思いますね。