本人確認しないとメルペイが……

主にキャンペーン目当てでメルペイを使っている。

最初はメルカリでの買い物のついでに、キャンペーン目当てで導入したけど、

なんやかんやとキャンペーン目当てだけでも利用が続いている電子マネーだ。


そんなメルペイだが、こんな通知が入った。

【重要】本人確認を完了してください。メルペイスマート払いの清算ができない可能性があります。

「アプリでかんたん本人確認」が完了していないお客さまは、メルペイスマート払いの一部清算方法(※1)がご利用できない場合がございますので、事前に本人確認を完了いただきますようお願いいたします。
※1.自動引落し、残高で清算(アプリ内のメルペイ残高・ポイントが不足している場合)

あー、これって、銀行口座との紐付けで本人確認したことにしていたからか。

どうしてd払いが狙われた?

従来は本人確認済みユーザーだったところが、本人確認未了で銀行チャージ不可のユーザーになってたらしい。


確かに銀行チャージ不可では困った話なので、登録をすることに。

ちなみにここにもあるとおり、メルペイスマート払いを使っているので、

来月末までにチャージできるようになれば、そこまでは限度額の範囲でメルカリや実店舗での買い物には困らない。

(というか今月すでにキャンペーン目当てで買い物してた)

アプリでの本人確認に使えるのは、運転免許証・マイナンバーカード・在留カードの3つ。

日本国旅券も本人記入欄のある旧タイプのパスポートなら使えるが、新タイプは漢字氏名と住所がないから不可となっている。

このあたりは厳しいですね。(マイナンバーカードという誰でも取得できる本人確認書類があるのは救いだけど)


マイナンバーカードでちゃっちゃとやっちゃいましょうと。

まず、顔写真のある面の写真を撮影する。枠に合わせて撮影する。

次にインカメラで、手でカードを持ちながら、指示に従ってカードや顔を動かす。

これがけっこう難しいんだよね。

やりたいのは、カードの厚みを確認すること と まばたきや向きを変えられる顔 であることの確認である。

すなわち、単純にカードの券面画像、顔写真というだけであれば、なりすましができるかもしれないが、

こういう形で、カードの厚みや顔の動きという情報で、これは確かにカードの現物を持った本人がいるということを見たいと。

法令上必須なのかはわからないけど、確かに必要な対応なのかも。


それにしても、アプリでの本人確認は使えるものが限られていて、ちょっと厳しいなと思ったら救済策はあるらしい。

「アプリでかんたん本人確認」のお申込みができないお客さま (メルカリ)

でも、これもけっこう厳しいね。

健康保険証は有効期限の記載がなければ発行日から10年以内なんだけど、保険者によっては定期的な更新がないよね。

年金手帳もあるが、住所記載のないものは対象外だから、そうすると対象の年金手帳はごく限られるような気がする。

住民登録関係だと、住民基本台帳カードはともかく、それ以外だと印鑑登録証明書だけだよね。

問題があればマイナンバーカード作れと言われれば、そうなんでしょうけど。


ちなみにPayPayは現在も銀行口座との紐付けでも本人確認は可能となっている。

ただし、銀行によっては、これを本人確認とみなさないので(詳細不明)、その場合は別途本人確認が必要となる。

この場合に使える本人確認書類は 運転免許証・運転経歴証明書 または マイナンバーカードとなっている。

こちらは特に救済手段が書かれていないので、他の銀行を使う以外の手はないんじゃないか。

本人確認がなければ一律NGとされるよりはよいが……PayPay曰く対策後の不正利用は皆無になったらしいし。

「PayPay」利用時の本人確認および不正利用防止に向けた対応について


メルペイで思ったけど、本人確認完了までは銀行チャージが使えないというのは大変な不便なんだよね。

メルペイスマート払いの登録には本人確認が必要で、僕は過去に承認が出ていたから後回しにできたけど

普通はそういうことはなくて、本人確認してチャージ出来るようになるまで数日は実質使えないわけだ。

そう考えると銀行口座との紐付けを本人確認として認めるという法令にはかなり救われてたわけだよね。

PayPayは今もその考えを使いつつ、リスク軽減のために必要時には別途本人確認をして利便性を確保しているわけだが……

正直なところ、これも危ういところはあって、確実性を問えばメルペイのように一律に本人確認するのが正しいよね。