日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

経路検索できないものは有料特急か

出張旅費の精算に領収書が必要なものと、不要なものがある。

必要なもののの1つがホテル代、会社指定の予約サイトから予約したのだが、

今回は支払いは自分でしないといけない(会社から自動で支払われる場合もあるが)ので、領収書提出が必要になる。

もっとも、その予約サイト上で個人のクレジットカードで支払ったので、領収書というのは電子データなのだけど。

領収書が不要なものの1つがバス運賃、僕にはわりと利用機会が多いものである。

日時・利用区間・運賃を記載すれば、それで終わり。


なんで領収書不要の例題がバスなんだよという話だけど、鉄道はちょっと複雑なのだ。

鉄道も有料特急を使わない場合は領収書は必要ない。多くはそうである。

この場合は「鉄道(経路検索)」という費目で入力する。

これで経路検索して出てきた運賃をポチッとすればいいので、運賃計算がいらないのは楽。

ただ、運賃を知ってる区間でこれをいちいちやるのもめんどくさいのも確か。

バスなら費目のコピーが容易に出来て、乗車区間・運賃が同じで日付が違うみたいなのはすぐできるけど、

経路検索では費目のコピーは単純にはできないので手間がかかる。


もう1つ「鉄道(その他)」という費目がある。

これが特急料金を含む場合に使う費目なんだけど「その他」というのが不思議な書き方である。

経路検索できない鉄道があったとすれば、有料特急でなくてもこれに該当するのかな。

この「鉄道(その他)」で入力する場合は、領収書の提出が必要になる。

システム上は 経路検索で入力できる=運賃のみ、入力できないもの=特急料金を含む という解釈のようだ。


特急料金を含む場合は領収書が必要だが、そこに運賃を含むかは場合によりけり。

今回は往復の乗車券 と 往路の特急券は会社指定の旅行会社で手配してからきたので、復路の特急券だけを購入するということになる。

他に特急券だけ手配するケースとしては、在来線特急でICカード+チケットレス特急券を使う場合が考えられる。

この場合は、チケットレス特急券の領収書データをダウンロードして提出することになる。

一方で、乗車券・特急券をまとめて購入する場合は、合算された領収書が発行されることが多い。

あとEX-ICみたいな乗車券・特急券が包括されたものを使う時もそうだね。

この場合は、その領収書の金額全体を「鉄道(その他)」で入力すればよく、乗車券・特急券を分けなくてよい。


ただ、これはJRの領収書の問題だと思うんだけど、どんなきっぷを購入したかは領収書に記載されない。

「購入商品 JR乗車券類」とだけ記載され、その利用区間・人数や乗車券・特急券の別はわからない。

さらに言うと、旅費精算システムでも「鉄道(その他)」の利用区間は記載するが、

それが特急券だけなのか、乗車券を含むのかを記載するところはない。片道・往復の別だけは記載するが。

正しく精算してればどうってことはないが、なんとなくわかりにくい気はする。

今回は往路は特急券まで会社経由で手配してるので、その請求データと照らし合わせれば妥当性がわかるはずだが。


ふと気になって新幹線単独駅の運賃を経路検索で出せるのか試してみたらちゃんと出るので、

新幹線を乗車する場合でも、乗車券部分は特急券不要、特急券の領収書だけ提出で問題ないようだ。

そういうケースがどれぐらいあるんだという話はあるけど。

近距離用の券売機で新幹線単独駅までのきっぷを買うというのは、100km以内ならできそうだが運賃表に書いてあるか。

かなり曲芸的な気がしますね。


今まで「鉄道(その他)」を入力する出張精算ってやったことなかった気がするんだよな。

それは新幹線回数券・特急回数券を社内であらかじめ発行して出かけてたからだけど。

ただ、在来線特急の方は回数券が廃止されたので、今同じところに出張するなら、

特急券は別買い(多分チケットレス)だろうなとかそういうのはある。

やればいいだけのことなんだけど。特に領収書が電子データなら手間は少なくなってるので。


Author : Hidemaro
Date : 2020/10/13(Tue) 23:18
買い物・消費 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools