日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

1泊すると全体が安くなる

GoToキャンペーンで10月末~11月頭の関西行きの旅行を手配した。

日本旅行のWebサイトから手配した。

どこの旅行会社がよいか考えたのだが、歴史的にもJRを使った旅行商品に強いのは日本旅行かなと。

日本旅行はJR西日本の子会社というところもある。(JR西日本の旅行業「TiS」を継承している)

もっとも、今回はJR西日本はあんまり関係ないんだけど。


たいていの関西行きは親元に厄介になっているので、往復の交通機関さえ手配すればよい。

高速バスか新幹線か、昨今の事情からすると若干悩ましいところもあるが。

と考えたところで、GoToトラベルキャンペーンの適用は可能かと考えてみた。

日帰りのツアー商品でも適用可能だが、条件からすると宿泊旅行が適用しやすい。

宿泊旅行というのは、宿泊単独での手配なら宿泊代金の35%割引+15%の地域共通クーポン支給だが、

宿泊と交通機関がセットになった旅行であれば、その全体の35%割引+15%の地域共通クーポン支給となり有利である。


そこで考えたのである。旅行日程のうち1泊だけ宿泊にして、他は不泊にすれば、宿代を考えても安上がりなんではないかと。

そんなことできるの? と日本旅行のWebサイトをポチポチと操作していたら、

到着日から最低1泊すれば、あとの日程は不泊で問題ないようである。

その他の条件としては、往復の新幹線利用区間が同じであることなどある。

親元以外で1泊するというのはあまり考えていなくて、どうせ泊まるならこんな旅なんてのも考えたが、

到着日に1泊するとなると、他の用事との兼ね合いから、ここら辺に泊まるべきというのはほぼ固まった。

本当は帰る前日に1泊できると、おもしろい旅行が出来たのだが、そこは仕方ないかなと。


というわけでできたルートは、東京発、往復新幹線、京都4泊5日(うち3泊不泊)という旅行だった。

これで旅行代金は21000円ほど。意外にも京都市内の方が安いホテルが選べて、

供給量が多いのに需要が干上がった(平日泊なのもある)ということで、ありがたい話だなと思った。

それで35%引きですから、支払いは14000円ほど。これで4000円の地域共通クーポンが支給される。


この2万円ほどという旅行代金は、GoToキャンペーン以前に普通に新幹線で往復するより安い。

実はここには訳があって、往復ともに こだま号普通車指定席 なんですね。

のぞみ号を使った場合は、大半の時間帯で片道あたり4800円加算なので、往復とも使うと3万円ほどになる。

これだと一般的な感覚に合うと思う。東京~京都往復が26140円(EX-IC)、これに宿代を加算すればそんなもんだよねと。

ここから35%引きすればしっかり安いわけで、一般的にはそう考えるべきだと思う。

ただ、こだま号も案外速いので、これはこれでいいんじゃないかということで、こだま号にした。

今まで、EXこだまグリーン早特 でこだま号グリーン車を使うことはあったが、今回は普通席、でも悪くはないと思う。


いずれにせよ、こんな使い方でも新幹線で単純往復するよりも安いのは、

ツアー代金の基準となる宿代が安いこと、その上にGoToトラベルキャンペーンがあることとなる。

宿代が高くては結局はメリットは出ないんだけど、曜日によっては宿代は安くてメリットの方が大きいと思う。

同様の新幹線+宿のツアーをすでに手配していて、その時にも思ったけど、この手のツアーは元々割安ですね。

ただ、旅程の制約がいろいろ付くので、こだわりがある人にはなかなか使いづらいところはある。

GoToトラベルキャンペーンの恩恵がなければ、若干高く付いてもバラで手配するかなって感じですね。

このツアーを使うがために、復路も京都まで行かないといけないわけですから。


おそらく僕のこのケースのように、宿いらんのだけど、宿取った方が安上がりというケースはけっこうあるんじゃないか。

せっかくの京都泊なので、それを生かせる旅程をいくつか考えている。

平日なんで、どこ行っても比較的空いてるでしょうしね。

例年だったら平日でも嫌だけど、外国人客がいなければ、平日なんてそんなに人は多くならないわけだから。


Author : Hidemaro
Date : 2020/10/04(Sun) 23:05
買い物・消費 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools