日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

トンネルでつながってるので一級河川

河口湖を周遊していたら、ほとんど文字が消えた「一級河川 河口湖 山梨県」と書いた看板があって、

河口湖って一級河川だったんだと思って、後で調べたら、

もともとは孤立したせき止め湖だったものが、水路トンネルにより相模川(山梨県内では桂川と呼ばれる)に合流するようになったので、

現在は相模川水系に属する一級河川になってるんだそうで。


そもそも、河川というのは大きく一級河川と二級河川に分類されるが、

その違いは属する水系が一級水系であるか二級水系であるかということで、その河川自体の重要度で決まるわけではない。

利根川水系に属する河川は上流の小さな川であっても(河川に分類されれば)一級河川だし、

比較的流域は短いが、重要度の高い二級河川は多数存在している。神奈川県の境川とかそうだと思いますけど。

一級河川の管理は国、二級河川の管理は都道府県が原則だが、実際には一級水系の支川や上流部などは都道府県管理の区間も多い。

河口湖に「一級河川」と書きながら、「山梨県」と県管理であることを示しているのはこのことによる。


都道府県をまたぐような河川ならば、ほぼ一級河川になるので、内陸県には通常は二級河川はない。

ただ、山梨県は内陸県ながらに、県内完結の二級河川があることで知られている。

それが せき止め湖 である 本栖湖・西湖・精進湖 で、この3つの湖とそこに流入する河川は二級水系となっている。

普通は川は海に流出するわけだが、これらは流出河川なしなので山梨県内で完結してるんですね。

もしも河口湖に水路トンネルがなければ、河口湖も同様だったと思われるが、実際には相模川水系だったわけですね。


河口湖の流出先として水路トンネルができたのは江戸時代のことである。

治水と利水の双方の目的があって、利水は水路で結ばれた先、現在の 富士吉田市新倉 で かんがい を行うため。

河口湖にとってみれば、流出先がないということは増水時に水が引かないのを解消するということで、治水の意味もあった。

現在は江戸時代に作られたトンネルは使われていない。(運用中に崩落するなどの問題もあったらしい)

東京電力所有の水路(これ自体は発電所ではないらしい)と、これを増強する 嘯(うそぶき)治水トンネル で、嘯(うそぶき)川へ放水している。


水路で結ばれれば一級河川になるのかと思った人もいるかもしれないが、案外そんなものである。

千葉市を流れる 花見川 も、それ自体はほぼ千葉市内で完結する短い河川にもかかわらず、利根川水系に属する一級河川となっている。

なぜならば、この花見川と呼ばれている川は、正式には印旛放水路と呼ばれる、印旛沼増水時の放水ルートだからである。

独立行政法人水資源機構 印旛沼開発事業

印旛放水路は印旛沼側の新川と、東京湾側の花見川、そしてその間でポンプアップする大輪田機場から構成される。

新川は人工河川だが、花見川自体はもともとこの地にあった川で、そこに印旛放水路としての役割が与えられたと。

そのためには印旛沼から放流された水を受けられるだけの流下能力が必要なので、そこは作り替えられているわけだけど。


ちなみに、花見川河口付近の地図を見てみると……

千葉市美浜区 (Yahoo!地図)

花見川は一級河川で、その北側にある浜田川は二級河川である。

パッと見てそんなに違う? と思うけど、印旛沼と結ばれているのは大きな違いなんですね。(実際、それだけ川幅も太い)

一方で、南側にも川らしきものがあるが、実はこれは川ではないんですね。

草野水路と呼ばれる水路だそうだが、その実体は下水道だそう。下水といっても雨水なんだけど。

千葉市は下水道台帳をインターネットで公開していて、この草野水路自体は下水道とは書かれていないが、

稲毛区に入るあたりで、見た目はそのままで「草野雨水1号幹線」と書かれている。

雨水ならば開渠の下水道もあるはずなんて以前書いたことがあったけど、こんなところにあったんですね。

もっとも浜田川も二級河川と書いたけど、花見川区に入るあたりから上流は下水道なので、これも大差ない気はする。


Author : Hidemaro
Date : 2020/08/28(Fri) 23:55
社会 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools