日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

損して得を取るか、それほど得はないか?

最近市町村合併で、市役所出張所がたくさんできていますね。
一見無駄に見えるけど、これは時代が変わったからできることだと言われています。
どういうことかというと、例えば、住民票。
今までは住民票を出張所に置いて、いちいちコピーしてた。めんどくさい。
けど、今はオンラインですぐに取り出せる。だから出張所の人はキーボードを叩くだけで終わり。楽ですね。
その背景には電話、インターネットの普及でVPNを有益に使うことができるからでしょうね。
まぁだから役所が遠くなるのは困るよと言うけど、多分やることのほとんどは近所でできるのが事実らしいね。
それでも予想よりも金は節約できるから。
あとは物事をうまく進められるかどうかだよな。農村を見ない都市というのは困る話だ。
何がいいたかったかというと、県の出張所を引っ込めて、市役所でやればいいということです。
そういう方向に進めようとして、北海道が、彼らの言う県の出張所、支庁を整理することになったそうです。
北海道なのに県はおかしいだろと言われるかもしれないけど、実際は都道府県で扱いに差はないんだよね。
微妙に都には差別がありますが。都の区は特別区とか、都の警察本部は警視庁と言うとか。
都の区、例えば千代田区は英語ではChiyoda-cityかChiyoda-kuと言うのだけど、そこから見ても市からの派生であることがわかりますね。
大阪市の北区をKita-cityと言う人は聞いたことがない、Kita-kuでしかないだろう。まぁその程度のもんです。
と、それはどうでもいいけど、北海道には14の支庁という事務所がある。
あくまでも事務所なので、北海道石狩支庁札幌市のような表記にはならない。その程度の存在感です。
だけど北海道は広すぎるので、一言で言うとわけがわからなくなる。
まぁそれを言うと、そんな県はあるかもしれないけど。日本一細長い東京都も確率は低いけどそうだよね。
だからといって、市町村まで言われてピンとはこないよね。
紗那郡紗那村(きっと住んでる人には会わないと思うけど)と言われてもピンとこない。
けど、根室支庁の受け持ちだと言うと、なんとなくわかってきた気がする。
どこだと思ったのならば調べてみればいい。
結構重要なものなんだけど、時代が進むにつれて、どうも細かすぎるという話も出てきたらしい。
それで、どうも調べると、こういうことらしい。
渡島支庁・檜山支庁→道南総合振興局、空知支庁・石狩支庁→道央総合振興局、後志支庁→後志総合振興局、
胆振支庁・日高支庁→日胆総合振興局、上川支庁・留萌支庁→道北総合振興局、宗谷支庁→宗谷総合振興局、
網走支庁→オホーツク総合振興局、十勝支庁→十勝地域振興局、釧路支庁・根室支庁→道東総合振興局
ところで、なんのためにするのかというと、支庁というのは石狩支庁以外、多くても50万人程度しかいない。少ないと10万人を切っている。
まぁそれはそれで大切な場合もあるんだけどね。
しかし、近所に何個も支庁を置くのは変な気がする。北海道の近所は本州では近所じゃないかも知れないけど。
それで大胆にまとめてみようと。それでちょっと仕事を移し替えようと。
けど、今までの場所に留まる仕事もあるよということも書いてある。
その背景には何があるのかは知らないけど、一見丸くまとまってるように見える。
ただ、ここまで至るまで、市町村が近所にあった事務所が遠くなるのはかったるいとかいう意見が多かったらしい。
それと、事務所が小さくなって、人口が1%ぐらい減るというところもあるらしい。
ついでに言うと、支庁で働く人の中には住んでるわけではない人もいるらしいから、余計に悲惨だろう。
というのはあったけど、最終的には可決されました。
まぁしかし、これからどうするかというのはあるわな。
もしかすると資源を集約させた結果、小さな事務所をたくさん配置できるかもしれない。
そうなればありがたい話ですよね。もっともそうならない可能性は高いけど。
まぁひどいことになる可能性もあるわけだけど、そのへんはうまく回避するしかないですよね。
もちろん、今回の話が出てきたのは金をケチるためらしい。その準備ですね。
同じお金があれば、事務所を動かすのにかかる金を減らして、その代わり役に立つことをできるといい。
そういうことなのかもしれません。
もっとも事務所にかける金を減らしすぎると、役に立つことすらできなくなるわけで…
その辺は新しい総合振興局の働きを期待するしかないでしょうね。
しかし、こういう変更って、あんまりお得感がしないのは事実やわな。
きっと、損したのはすぐ見えるけど、得してるのに気付くのには対照実験でもしない限り気付かないと。
対照実験なんてできるわけないけどね。前向きに考えましょうと言うことです。
Author : Hidemaro
Date : 2008/06/28(Sat) 22:13
社会 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools