日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

AMEXは桁区切りが不思議

ウォルマートカードセゾンがAMEXという話を書いた。

クレジットカード1増1減

西友で使ったら、レシートには「SAISON」と書いてあって、やっぱりそうだよね。


ところでAMEXの最大の特徴として「セキュリティコードが表面に印字されてること」なんて書いたが、

カード番号の書き方も独特で「3777 xxxxxx xxxxx」と不思議な区切り方になっている。

VISAもMastercardもJCBも4桁区切りの16桁なんだけどね。


不思議な区切り方だなぁと思ったのだが、4+6+5=15桁って、他のクレジットカードより桁数少ないんですね。

調べてみると、他の国際ブランドではDinersが14桁なんですね。4桁-6桁-4桁と区切られているそう。

おそらく16桁ではない国際ブランドはこの2つだけ。

ただ、ISO/IEC規格では桁数は12桁以上なら問題ないらしい。

国際ブランドの中では発行数の少ない2ブランドが桁数が少ないのでは? とのこと。


ところでクレジットカードで買い物したときのレシートにはカード番号の一部が記載される。

だいたい末尾4桁ですかね。それで末尾4桁を見てカードを見分けるなんていうこともよくやってたけど。

やっぱりAMEXでも末尾4桁であることには違いはないらしい。

西友のレシートでは「アカウントNo1234-07/25」と末尾4桁と有効期限をあまり説明もなく記載してある。

一般的には「****-****-****-1234」のようにここの番号を伏せているというのがわかる書き方が多いと思うんですが。

でも、AMEXだから末尾5桁になるとかそんなことは多分なくて、4桁には違いないらしい。


日本国内の実店舗では、JCB経由でAMEXを利用できる契約があるそうで、AMEXを使ってもJCBと表記されることが多いとか。

もちろんAMEXと直接契約している場合もあるだろうし、

これはセゾンカードでもあるのでセゾンカードとして取り扱われる店もあるでしょうが。(西友はそうだよね)

AMEX使えるって書いてない店でも突撃すれば案外使えるんじゃないかと思うけど、

ただ、そんなことを試したいとは思わないのがウォルマートカードセゾンである。

素直にMastercardブランドのセゾンカードで払いますわ。


通販の場合はその限りではなく、AMEXが使えると明示的に書かれている店でないといけないとみられる。

ただ、パッと調べた限りはけっこうAMEX使えるってなってる店が多いですね。

AMEXだと桁区切りが他のカードと違うので、ブランド問わず桁区切りなしで打たせることが多くなっているようである。

そういえば最近は4桁区切りで打ち込む加盟店が少なくなったなと思ったけど、AMEX対応という意味合いもあったのかな。


というわけで、さっぱり西友以外で使う気は起きないが、それなりになんとかなりそうである。

ただ、このカード番号の桁区切りの違いなどで困惑するところは多少ありそうである。

しかし、なんで西友とクレディセゾンは、これをAMEXブランド固定にしたのかよくわからんなぁ。

スーパーで使うためのカードがクレジットカードの入口になる人も多いわけじゃないか。

それがAMEXじゃ、これって他の店で使えるの? ってなっちゃいそうなんですけどね。

案外使えるねで済ませてるのか、やっぱり不便だぞって他のカード作ってるのか、よくわかりませんが。


Author : Hidemaro
Date : 2020/07/28(Tue) 23:59
お金 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools