日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

ゲーム会社つながりのライブ配信

トークイベントでは、インターネットでの有料配信で代替する動きがけっこうあって、これはわりと相性がいいなと思っている。

もともとの興業規模も小さいのでチケット代だけで言えば、むしろ有料配信の方が稼げるぐらいかも知れない。

グッズ販売が辛いかも知れませんけどね。もちろん通信販売はあるけど。

それに対して見れば、音楽ライブはインターネットでの有料配信で代替するのは、

やはり生で楽しんでこそというファンからの期待や、違法アップロードなど、課題が多いのかなとは思う。

ただ、無料配信となれば、お金は入らないが、ここら辺の問題は回避しやすいとも言える。

直接的にお金にならないことが難しさではあるが、将来に向けた上積みがどれぐらい期待できるかですね。


そんな中で、昨日、こんな配信が行われていた。

MixChannel Presents D4DJ CONNECT LIVE

ちょっとしか見なかったんだけどね。

D4DJはブシロードが昨年発表したDJをテーマとしたメディアミックスプロジェクト。

ちょっとつかみ切れていないところはあるが、本来ならばライブイベントをしてナンボのコンテンツだった。

それがここで想定していたイベントが出来ず、一方でゲームやTVアニメの計画は順調に進んでいるので、

それならとこういう無料配信をやってファン拡大を図っているわけである。

この辺はそれだけコンテンツ力に自信ありということなんだと思う。


ところで、ちょっと話は逸れるんだけど、この作品の出演者には、他のブシロード製品でおなじみの人の名前がちらほらあって、

バンドリに関わっている人が1/3ぐらいいて、主にはブシロードの芸能部門の響所属の声優なんだが。

そんな中でちょっと気になったのが大塚紗英さんの名前があったこと。

ミュージシャンとして事務所にやってきたら、Poppin'Partyのギター(これもエレキギターは初挑戦)というだけでなく、

花園たえ というキャラクタを演じる必要に迫られ、そこにはいろいろ苦労もあったんだろうが、

特にTVアニメ2nd Seasonでは、物語の重要人物を見事に演じきったというわけで、本当に積み重ねだなと思う。

とはいえ、根本的にミュージシャン、他のキャラクタの声を演じることは稀だった。ほんの少しはあったんだけどね。

そんな中でD4DJでは燐舞曲(ロンド)の月見山渚というキャラクタを演じるわけで、一体なんなんだろうと気になっていた。

それで実際のパフォーマンスがYouTubeとかに上がっているので見ていたら、びっくりしたのはギターを持っていたこと。

なるほどね。ギターのパフォーマンスを買われてのキャスティングだったんですね。

似たようなところで、志崎樺音さんが、Happy Around!の渡月麗で、キーボードを持ってパフォーマンスをしていたり。

Roseliaのキーボード、白金燐子の代役として、演奏も演技も即戦力を問われたオーディション(cf. ハードルが高い役の引き継ぎ)で抜擢、

これがプロとしてのデビュー作だったが、D4DJへの出演はそれに次ぐものである。ここでチャンスをつかんで欲しいということか。


ちょっと脱線しすぎた。この配信はMixChannel、ミクチャと呼ばれることが多いが、これで行われた。

タイトルにも「MixChannel Presents」と入っており、ミクチャ推しのイベントであったことがわかる。

SHOWROOMよりは品質が良いと評判はそれなりだったが、それにしてもなんでミクチャなんだと。

というか、そもそもミクチャってなんだ?


ミクチャはライブ配信、あるいはごく短い動画を主としたSNSだという。

開いて見ると投げ銭目当てか1人で配信する人が多数見えるが、女子中高生からの人気が高いとのことである。

なんでここで? と思ったのだが、このサービスをやってるのがDonutsという会社で、

そして現在開発中のゲーム「D4DJ Groovy Mix」を手がけているのがDonuts、というわけでそこのつながりだったんですね。

ゲーム会社としてのDonutsの代表作品は「Tokyo 7th シスターズ」か? ちょっとパッとしない感じもするが。

同社のゲーム部門にとってD4DJが期待作であるということに疑いはないと思われる。


これを見て、そういえばバンドリもかつてAbema TVで多く特番を組んでたことを思い出した。

「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」(ガルパ)を手がけるのはCraft Egg、サイバーエージェント傘下の会社である。

サイバーエージェントといえば、インターネットの広告業から始まった会社で今も事業規模は大きいのだが、

スマートフォン時代になってゲーム会社という色が濃くなり、同社の営業利益の半分以上を稼いでいる。

ゲームについては複数の子会社が手がけており、事業規模・収益の面で大きいのがCygamesで、

グランブルーファンタジーなど複数のヒット作を出しており、一発屋ではない活躍を見せている。

収益的に次に寄与度が大きいのがCraft Eggだろうと思う。ここはほぼ ガルパ だけですね。


そんなサイバーエージェントが大赤字を垂れ流しながら期待を寄せるのがABEMA(旧AbemaTV)である。

Craft Eggつながりでバンドリのアニメも放送しており、なんとTV放送より少し早いという。

2nd Season, 3rd SeasonではYouTubeとの併用だったので、AbemaTVへの呼び込みに大きく寄与したかは不明だが。

グランブルーファンタジーやプリンセスコネクト! Re:Drive(いずれもCygamesのゲーム)のアニメは、

TV放送で見落としたらABEMAで見てたし、ここの特番はほぼABEMAでしたね。

「IDOLY PRIDE」の発表会もABEMAで見たけど、これはQualiArtsというサイバーエージェント傘下の会社が手がける新作で、

同作はゲームではないらしいが、QualiArtsの代表作が ガールフレンド(仮) というと、なんとなく納得感がある。


もっとも、D4DJもかつてはSHOWROOMを使用していて、これが品質面で問題が多かったという。

そんな中でDonutsつながりのミクチャということで、最初は不安視する向きもあったようである。(後で調べてわかった)

ただ、結果的には品質面での問題は少なく、Donutsはしっかりやったという評価である。

SHOWROOMっていうとDeNAだっけ? と思ったら今はスピンアウトして、連結子会社から持分法適用会社になったとか。

この手のライブ配信としてはSHOWROOMが先行していて、手堅い選択肢だと思ったら、これがうまくいかなかったと。

ミクチャでは「D4DJグルミクチャンネル」という有料会員制度を作って、ファンの囲い込みも図っているようで、

Donutsにとってはよい話だったのかなと思う。SHOWROOMがやらかさなきゃこうはならなかったでしょうね。


Author : Hidemaro
Date : 2020/07/27(Mon) 23:58
コンピュータ・インターネット | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools