日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

緊急事態宣言の先の話

明日から南関東と北海道の緊急事態宣言が解除される。

かれこれ7週間、やっとという感じだが、あくまでも国の緊急事態宣言が解除されるだけで、

東京都からの要請はまだいろいろあって、まぁそれは他府県もそうだね。

もちろん地域により差はあるけど。


今月14日に南関東・京阪神・北海道以外が解除された。

北陸はちょっと危うかったし、岐阜県への飛び火など、ちょっと気をもんだこともあったけど、

解除されなかった3地域を除いては新規の患者の報告もすでに少なかったからもっともな話である。

基準値として週あたりの感染者の報告が人口10万人あたり0.5人ということが示された。

この頃には京阪神は見届けモードだったが、京阪神の3府県では21日に解除となった。

南関東は減ってはいたけど、まだ神奈川県で集団感染の報告が多かったのでどうなるかとは思ってたが明日解除となった。

というか神奈川県って5月前半だと新規感染者の報告の内、8割ほどは医療機関・福祉施設での報告だったんだね。


意外だったのは北海道まで解除されたこと。北海道だけ居残りだと思ってたので。

北海道の管理値として、1日平均の新規患者数が10人以下、うち濃厚接触者以外が3人以下というのがあってそれは達成していると。

ちなみに1日平均10人というのは、人口10万人あたり週1.3人に相当する。国の基準値よりは高いね。

とはいえ収束方向ではあろうということで、国としては北海道の取り組みに任せることにしたようだ。

北海道は広いですから、地域ごとに対応が違うというのも一理ある話で、札幌都市圏とそれ以外で分けて考えるところもあるのだろう。


東京都は今後の対応方針のロードマップを示している。

他の地域でも、似たようなものかなと思う。南関東以外では時期に多少の差はあるだろうが。

新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ~「新しい日常」が定着した社会の構築に向けて~ (東京都)

まずはステップ1ということで、緊急事態宣言が出る直前ぐらいの状態になる。

学校は段階的再開へ、博物館は来館者が集中しないようにしながら再開、屋内運動施設は観客席以外は使用可となっている。

ここら辺は準備もあるから実質的には来週以降ということになるんじゃないかね。

飲食店の夜間営業は22時まで(現状20時)に緩和される。接待飲食店は相変わらずダメですけど。


というわけでステップ1では相変わらずかなり厳しい要請である。

これだとダービーデーの翌週、安田記念デーも中央競馬は無観客だろう。何も変わらない。

明確に緩和されたとわかるのは、その次のステップ2である。

ここまでくると屋内外の運動施設の観客席や劇場も使用可能、学習塾、展示施設なども緩和される。

ただし、イベントの規模は100人までという目安が示されている。

なので、この段階では実質的には観客を入れて興業を行うことは難しいような気はする。

この段階で再開可能なのは映画館ぐらいかな。それだけでもありがたいですけどね。


ステップ3は馬券売場、遊園地、パチンコ屋などの再開が示されている。

飲食店の夜間営業も24時までに緩和され、終夜営業でなければよいぐらいになる。

一方で、これでも休業要請が出ているのは、接待飲食店・ライブハウス・カラオケ・スポーツジムである。

この辺は全部前科持ちということで厳しくなっている。

イベントも1000人規模までということで、なかなかこの段階では緩和された気がしない。


広域移動や大規模イベントについては、都道府県単位の要請というよりは国の要請の方が重要かも知れない。

全国移動、来月19日から容認 自粛要請3週間ごと緩和へ (JIJI.COM)

今のところの目安だが、広域移動は6月19日ごろから再開となっている。

もっとも今も必要性があれば動けるわけで、ここら辺までは業務出張も抑えてくれという意味なんだろうか。

大規模なイベントは7月10日ごろから、最大5000人規模で客席の50%程度まで人を入れて、

8月ごろからは広域での観光や5000人超のイベントも客席の50%程度まで人を入れて再開できるとなっている。


各種興業を行うにも、4月~5月にかけて練習が止まっていた期間もあるだろうから、

今すぐに再開とはならなくて、来月中旬まではほとんど停止状態だろうと思う。

プロ野球では6月19日から無観客で再開といってるけど、実質的にはそこら辺なんだろうなと思う。

ただ、そこから観客を入れてやるとなると、さっきの指針によれば8月頃まで引っ張られることになる。


だいたいそんなもんかなとは思うが、大規模イベントに関する扱いが厳しすぎる気はしますけどね。

ライブハウスには前科があるけど、あれは客の密度が違うだろうし、換気が悪いとか施設の問題もあるとは思う。

客席の50%まで間引けというのも、50%では不十分なこともあれば、逆に間引かなくても十分というのもあると思う。

ここら辺は業界で決めてしまえば、それでやっていると言えるとは思うんですけど。

当面はマスク着用が前提になるんだろうとは思うし、そこはやむを得ないかな。


あと、ここまでは日本国内の移動・行動に関わることだけど、外国からの入国制限がいろんな国で残ったままになっている。

すでに制限中の地域は来月中は継続ということだそうで、相変わらず厳しい。

ただ、解除可能な国も多くあるはずなので、そこは来月に地域間で情報交換の上決めるようである。

もちろん観光客の往来というのを想定しているわけではなく、当面はビジネス目的での往来に限るようだが。

東アジア内々はそんなに難しくない気はするけど、東南アジアまで行くと線引きが難しいですね。

なにしろインドネシアは重症患者の把握すらできているか怪しい状況で、周辺諸国にとっても入出国の規制は緩和しにくい。


あとは勤務先の対応だけど、これはまた改めて。

とりあえず今週末までは原則在宅勤務は継続だが、来週以降もそう変わらないとみられる。

一方で出勤を先送りにしてきた仕事が待っている人は出勤することになるだろうから、ここら辺が難しい。


Author : Hidemaro
Date : 2020/05/25(Mon) 23:09
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools