日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

Web版Twitterは心安らかではない

もうだいぶ前の話になるんだけど、PCで使っていたTwitterクライアントのAPIキーが無効化された。

後で書くけど、これはTwitter社の都合によるものと思われるが、明確な説明はない。

それで仕方なくWeb版のTwitterを使っていたが、あまり好みではない。


1画面に表示できるTweet数が少ないとか、そういうところが最も問題なのだが、

他に気になるのが、Tweetに差し込まれる広告と右側に表示されるトレンドである。

広告は単純に邪魔だし、トレンドも正直そんなに面白くないかなぁって。

こういうので盛り上がってるのかというのがよい発見につながることもあるけど、

取るに足らない、あるいはTwitterで知るべきことではないことの方が多い。


Twitterは「いまどうしてる?」を投稿するミニブログだから、そのトレンドというのは「みんな何してる?」ということである。

ラジオやテレビ、スポーツの実況なんていうのは典型的なところだし、そういうのはTwitterは見てておもしろい。

短文をパッパと投稿するから、率直な感想が見られる。

一方でウケ狙いの投稿も多いもので、額面通り読むと悪口というものも割り引いて楽しめるかがポイントである。

かつてTwitterで障害が発生したとき「流れないタイムラインは、流れない便所のようなものである」と言っていたひとがいたが、

便所に流すトイレットペーパーみたいなもんだと思って読むぐらいがよい。中には面白くてためになる話もあるぐらい。


読む方としてはそうだが、書く方としてはこれはミニブログだから、

積み重ねたものがブログになるのだという思いはあって、あんまりいい加減なことは書かないけど。

ただ、そこまで真面目に考えて書いてるわけではないので、後から読み返すといい加減だなと思うが。

とはいえ、こういうことを逐次書けるのはTwitter以外にはないとおもうので、性に合っているのだと思う。


ここのところTwitterのトレンドに上がることを見て、Twitterのトレンドを世論と思うのは危ういなと感じている。

昔はTwitterの表示と言えば全部時系列順だったけど、最近は意図しないと「話題のツイート」だとか、

重要そうなものを上に持ってくることが多い。(意図すれば時系列順にできる)

ただ、Twitterに書かれていることなんて熟慮されていると考えてはいけないわけである。

ReTweetは自然発生的に生まれたものを公式機能にしたもので、これ自体はよいところもあるが、

爆発的に拡散される(こういうのをバズるって言うんだな)こともあるので、割引が必要である。

Followしてる人でも、こいつのReTweetは過剰にすぎると思えば、個別設定で消せるのはありがたいですね。

この辺は公式機能になったおかげですね。ReTweetによる拡散が過剰になりすぎない仕組みは一定程度備えている。

ただし、これが正しく使いこなせている人ばかりではないだろうし、

時系列順ではなく話題度順にされると、過度に話題になったTweetが上位に来るので、よく知らずにやってる人もいるのでは?


議論になるかならないかで言えば、Twitterより5ちゃんねる(かつての 2ちゃんねる)の方がはるかにマシですよ。

じっくり議論できるだけの仕掛けはありますから。

変なのが紛れ込むことは多いけど、まとまった文章で(ところによるけど)進行もゆっくりですから。

名無しばかりなので真っ当と思われることはなく、読む方も勝手に割り引いてくれるので好都合である。


Twitterは流れが速くて、文章が短く、Replyも速く短く返ってくる。

それゆえにアイデアが生み出されやすい面もあるが、これで長く議論するといろいろ齟齬が出てくる。

それで爆発的に拡散すると、訳のわからないことも起きるわけだし。

人によって付き合い方はいろいろだが、よいところをつかむのが肝心である。

いずれにせよ熟した議論が行われていると思って読むべきではないだろうと思う。


ところで最初にTwiterクライアントのAPIキーが無効化されたのは、Twitter社の都合だろうと書いたが、

クライアントだと広告が表示できないんですよね。そのためTwitter社にとっての収益源が失われることになる。

対策としてはクライアントに広告を挿入するというのもありそうだが、実際にはTwitterクライアント的なものを作りにくくするAPI規制が行われている。

ただ、歴史的には非公式クライアントに支えられてきたのも事実で、全く非公式クライアントが存在できないようにはなっていない。

ところが、規制範囲内であっても、Twitter社に目を付けられると使用できなくされてしまうってどうなんだよって。

待てども待てどもAPIキーが復活しないし、Web版Twitterは気に食わないし、結局は別のクライアントに移行した。

これで心安らかにTwitterが使えそうだ。


Author : Hidemaro
Date : 2020/05/24(Sun) 23:58
コンピュータ・インターネット | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools