日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

USBマイクは安くてもよい

今週頭、電器店の通販サイトを見ていたら、USB接続のマイクの即納在庫がいくつか復活していることに気づいた。

そんなわけで、これを注文した。

MM-MCU06BK (SANWA SUPPLY)

2500円ぐらいで買えた。


かつては在宅勤務をするときといえば、1人で黙々とやる仕事をやってたもんだけど、

連日在宅勤務となると、会議というのは避けられないし、むしろ会議の方がやりやすい面もある。

設計などやっていると、実機ですぐ確認出来ないので、そこで詰まって、効率が落ちたりするけど、

会議はどこでやっても等しく時間はかかりますから。

もちろんすぐにホワイトボードに書いたり、対面でないがゆえのオーバーヘッドもありますけど、そこは無視できる程度とも。


ただ、そこで問題だったのがマイクの貧弱さだった。

もともと自宅PCのマイクというのは、昔になんかのおまけでついてきたピンマイクで、

アナログでオンボードのオーディオに接続していたけど、雑音のひどいこと。

オーディオI/Fの設定で雑音除去をONにしてもやはり雑音がひどい。

やっぱりオンボードオーディオってダメだなって。


ちなみにオーディオ出力は現在はHDMIでのデジタル出力に一本化している。

今のテレビになってから、PC―(HDMI)→テレビ―(HDMI ARC)→サラウンドヘッドホン というフローができた。

4Kテレビをどう使う?

それ以前はヘッドホンを使う時だけオンボードのオーディオ出力を使ってたが、雑音が気になっていた。

今のフローだと音はクリアだし、ヘッドホンはワイヤレスだし(時々接続が切れるが)、いいと思いますね。


そこでマイクもいくつか解決策を考えていたのだが、やはりオンボードオーディオである以上は解決できないなと。

選択肢としては大きく3つ、USB接続のマイクか、USB接続のオーディオI/Fか、PCI Expressのサウンドカードを増設するか。

後ろ2つはマイクが別途必要だが、実はマイク自体はカラオケに使うようなものが安ければ2000円ぐらいで買える。

ところが、本格的なマイクというのは、前段にミキサーを接続する必要がある。PCに直接接続することができない。

USB接続のミキサーというのがあるので、これを使えばUSB接続のオーディオI/Fにもなるのだが、15000円ぐらいはする。

じゃあアナログ出力なら、と調べても1万円はするので、サウンドカード増設案はここで排除される。

そもそもノイズの軽減効果にはやや疑問があったし。さすがにメーカーも考えて作ってるとは思うけど。


そこら辺の事情を考えると、そもそもUSB接続のマイクというのは、コンパクトで安価で音質の改善効果も見込める。

いいことづくめなのだが、3~4月には即納在庫がない商品ばかりで、なかなか選びにくかった。

特に、今回購入したような5000円以下の安価な商品は特に選択肢がなかった。

今回、即納在庫のある商品の2つをピックアップして、どちらなら買う価値があるだろうと調べた。

今回購入したのは、価格が安く、その割には音質もよいらしく、購入者の満足度が高いことから選んだ。


それで実際に使ってみたのだが、小さくて薄いので、なんとなく設置して邪魔にならないのはよいと思う。

テレビ会議という目的ではとてもいい商品だと思う。

音質だが、以前に比べれば間違えなくいいし、これならラジオの収録に使っても遜色ないぐらいでは? それは言い過ぎか。

今日、会議の時に新しいマイクの音質どうですかと聞くと「圧倒的によい」ということだった。


在宅勤務のための投資といえばそうだけど、今までもマイクは問題だと思っていたので、その点では納得感のある買い物である。

本当に今まで雑音がひどくて申し訳なかったなと。自分で録音した音声聞いててもそうだったから。

在宅勤務以外の使い道はそう多くないかも知れないが、なにか1つでもあれば。


うちの勤務先ではあまり使わないけど、世間的にはWebカメラが必要だと買いに走った人もいるようである。

マイク以上にカメラの方が品薄感は強いらしい。普段の需要が少ないからかな。

勤務先では顔なんてみても仕方ねぇ。帯域の節約だ。とカメラはできるだけ使うなと言っているが、それも極端である。

実はこれについては、以前にバッタ屋で買った数百円のWebカメラを付けてるので、使えなくはないものではある。

けど、そんなに画質がよいものではない。それでも最低限、顔を見て話すぐらいなら問題はないか。

カメラのことだけ言えば、スマートフォンのインカメラなんていいとは思いますけど。


Author : Hidemaro
Date : 2020/05/22(Fri) 23:17
コンピュータ・インターネット | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools