日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

専門店がやってないイオンモール

すっかり春になって、衣類を点検してみたら、そういえばこれ擦り切れてたなとか、

そんなのが多かったので、じゃあイオンに衣料品をまとめ買いしにいくかと。

ちょうどクーポンも出てたし、ときめきポイントも5倍押しだし。

それで自転車で出かける直前に、イオンモールのWebサイトを見ると、週末は専門店は基本的に臨時休業とのこと。

一方でイオンは食料品・日用品・衣料品問わず営業だそうで、今回の買い物の目的には問題なさそう。


たまに市外に出かけるにも自転車だから、長らく電車に乗っていない。

用事がないから仕方ないが異常事態である。

イオンモールに自転車で入ると、駐輪場は普段よりはるかに台数が少ない。

駐車場はそこそこ埋まってるように見えたけど、立体駐車場は見てないからこちらも相応に少ないのかね。


1階は食品売り場、近所のスーパーは引きこもりのおかげか大盛況という感じだが、

このイオンの食品売り場は普段に比べると明らかに客足が少ない。

それだけ専門店閉鎖の影響は大きいのかなと、反対側に目を向けるとシャッターが下りている。

これは専門店とイオン直営売り場を隔てるシャッターである。全フロアでこのシャッターが下りていた。

このシャッターよりもイオン側にある店舗の一部は営業しているようだった。


もっとひどいのが衣料品売り場である。

メンズカジュアルの売り場であれこれ物色していた間、他の客は平均1人程度、あと店員が1人歩き回ってたぐらい。

普段も客が密集するような売り場でないことは確かなのだが、普段はもうちょっといるような気がする。

クーポン抜きでもけっこう豪快な値引き販売をやっていて、イオンなら普段でもやってそうな気はするが、

もしかすると衣料品の売り上げが落ち込む中、なんとか在庫を掃こうとしているのかもと思った。


同フロアにはゲームセンターがある。営業はしているようだが、普段に比べるとずいぶん静か。

というのもプレイランドで遊ぶ人がいないから。閉鎖しているのか、単に客がいないだけなのかはわからなかったが。

クレーンゲームなどのゲーム機は動いているようで、遊んでいる人もまばらにいた。

シャッターの向こう(吹き抜けから見える)を覗いてみるとフードコートが見えた。

当たり前だが営業していない。飲食店が営業していないイオンモールだと手早く買い物を済ませて帰るしかないか。

これがもっとも効果があるのかもなと思った。


イオンモールはどうやって専門店に臨時休業を申し入れたのかは気になるところ。

賃料の減額はしているらしいのだが、それが週末に全く営業できない補償として十分かはわからない。

イオンモールは都心の百貨店とは違いますから、日常の買い物のために店を開けることは使命である。

イオンはそこに応えているとも言えるが、それに対して専門店がほとんど一律に休業というのは見合っているのか。

専門店ゾーンにあるイオンバイクもイオン直営であり、営業しているようだったが、周りは臨時休業なのにと思うと違和感がある。

とはいえ、イオンだって普段よりは格段に客が減っているわけで、痛手ではあるんだよね。

イオンモール内のイオンがいかに専門店に支えられていたかということである。


今回、衣料品・寝具を多く購入した。

もともとイオンは全国チェーンのスーパーでは早い段階で食料品売り場での袋の無料配布をやめていたが、

7月からの法改正を見据えて、イオンでは4月から全売り場で袋の無料配布をやめた。これは衣料品売り場も含まれる。

衣料品をしこたま買ったら、持ってきた袋にはどう考えても入らないので、袋を5円で付けてもらった。

5円って今回の買い物の総額からすれば0.1%にも満たない金額なんで大した痛手ではないんだけど。

ただ、自己申告するというところに1つ意味があるのかなと。

買い回りするなら1つの袋にまとめるかとか、少量ならマイバックに入れるかとか、そういう選択は引き出しやすくなる。

袋の再利用には期待したけど、結局は自転車の振動による衝撃か、少し破けてしまったのでダメだね。これは仕方ないか。


Author : Hidemaro
Date : 2020/04/05(Sun) 20:08
買い物・消費 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools