日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

弁当まで休みになる

先週末、勤務先から週明けからしばらく全従業員とも原則として在宅勤務にするようにという指示が出た。

ただし、業務の状況によっては出勤することもありうるというところで、

実は僕が現在担当している業務は急を要する上に、出勤しないとできない仕事があるということで、

部長も僕が出勤して業務を行うことについて同意している。


じゃあ、いつも通り出勤して仕事をすれば良いのかというと、そうもいかないのが昼食である。

そもそも食堂閉鎖が続いている状況だが、出勤者の激減が見込まれることから、弁当販売も休止となった。

もっとも急に止めることはできないということか、今日はまだ細々と弁当販売をやっていた。

なので今日のところはなんとかなったが、どうしたものかと悩んだ。


出勤する場合だが、一応は売店は営業しているのでパンをかじるぐらいならなんとかなる。

もっとも、その程度の昼食であれば持参してもあまり変わらないとも言えるが。

今のところ、今週はあと1日出勤が必要なので、この日は午後だけ勤務にすることにした。

食堂がお休みになるから

ただ、この方法では1日の勤務を6時間以内にするので、時間単位有給休暇を消費するか、後日残業で埋める必要がある。

時間単位有給休暇を使えば楽だが、年間の時間数に制限があって、そう多くもない。

この状況の長期化の懸念もある中で、全部を時間単位有給休暇で埋めるのは危ないと言わざるを得ない。


在宅勤務の場合だが、こちらは職場での勤務時間通りに働くのが妥当かというところである。

普段の昼休みの時間で昼食を食べたり全て済ませられるかというところである。

明日は在宅勤務の予定だが、試験的に昼休みを1時間延ばしてみることにした。

昼食についてはいろいろな選択肢を用意しているので、時間など考慮しながら選べればなと。

それにしても+1時間はさすがにやり過ぎ感もあるが、この辺は他の状況など考慮しながら判断ですかね。


あと、昼を越えて働かないという観点では、午後半休というのもあって、今週は所用のため午後半休を入れようとしている。

時間単位有給休暇の上限はシビアだが、半休であれば極端なことを言えば有給休暇を全部半休にしてもよい。

もともと今月~来月にかけて取得を想定していた1日単位の休暇を分割するような感じですかね。

どうせ1日単位で休暇を取っても遠出できるわけでもなし。市内で細々と用事を済ませていくのがよいところでしょう。

半休が週1日程度であれば有給休暇の消費数はそんなに狂わないかなという感じですね。


一人暮らしでそれなりに料理をする人ではあるが、だからこそ職場の食堂の負担軽減効果は大きかった。

たった1食だけど、それが大きいというのは、これまで5年間暮らしてきて思うところである。

3食トータルで負担が軽減できて、おいしく食べられる献立をあれこれと考えているところだが、やはり格段に難しいですね。

冷凍食品なども選択肢になるよう、普段よりも在庫を増やしている。

外食もあり得るが、こういう状況というのもあるし、家にいながら外食というのはかえって負担が重いところもある。

どうにも食えないということはないのは確かなんですけどね。


Author : Hidemaro
Date : 2020/03/30(Mon) 23:31
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools