日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

感染経路を断つ根拠がある

職場の食堂閉鎖が始まって、そろそろ1ヶ月になろうとしている。

食堂がお休みになるから

ところが来週以降、さらなる昼食のピンチが訪れた。どうしたもんかなと悩んでいる。

まだ答えも出ていないので、この話はまた改めて書こうと思う。そもそも昼食だけの問題でもないし。

どうにも食えない話ではないので、そこはご安心を。


それもこれもコロナウイルス騒動である。

東京都はもともと感染経路不明の感染者数の報告が比較的多かった。

北海道など他の地域では報告数が落ち着いていく中、東京都はなかなか収束しなかった。

これはずっと気がかりだったのだが、ここ3日ほどで感染経路不明の感染者の報告が増えたもので、

これはまずいと東京都は今週末の不要不急の外出を中止するよう要請するに至った。


これは3月上旬の北海道とも似ているが、北海道と東京都の違いは都県界を越えての往来が多いこと。

そこで隣接する神奈川県・埼玉県・千葉県・山梨県も連帯して県民に要請を出したのだった。

そういえば山梨県と東京都って直接に隣接してましたね。ほとんどは神奈川県(相模湖)経由での往来だけど。

県ごとに要請内容は少し違う。

神奈川県と埼玉県は東京都と同じく不要不急の外出中止の要請となっている。

もはや東京都と生活圏が同じなので、東京都の問題はまさに自分事であるという捉えた方だろう。これは正しいと思う。

千葉県と山梨県は東京方面への移動中止の要請となっている。(群馬県・栃木県・静岡県なども同様の要請を出している)

県内に限れば状況は深刻化していないという理解のようだが、千葉県はそれでいいのか?


諸外国の報告では感染者が短期間で急増するようなこともあって、今後どうなるか心配なところだが、

一方で幸いだったのは、日本各地でウイルスの感染経路を執拗に追ってきた実績が蓄積されつつあることだ。

2月下旬~3月上旬には見切り発車であれこれと要請が出たもので、科学的根拠に乏しいという非難もあった。

3月19日には専門家会議の見解が出て、これまでの実績からリスクの程度を分析できるようになってきた。

東京都の要請も概ねこれに従ったものと言えるが、より具体化したところがあって、それがここである。

それから夜間の外出についてもお控えいただきたいと存じます。

(小池知事「知事の部屋」/記者会見(令和2年3月25日)(東京都))

これだけ見るとなんのことやらと思うが、実はこの背景には飲食店が感染拡大の原因になっている可能性があるそう。

銀座や六本木、高級クラブで「夜の街クラスター」発生か (読売新聞)

すでに大人数の宴会は避けられているが、少人数であっても長時間・近接する、夜の飲食店で感染が広がっている事実があると。


とても根拠のある指摘だが、これは飲食店にとってはあまりに痛い話である。

大人数の宴会という需要が失われたところ、せめて少人数でも客を取りたいが、それが危ないと言われているのである。

かつては風評被害という一面もあったかもしれないが、だんだんと根拠を持ってきて、そうも言えなくなってきた。

それでも地域によっては許容できるリスクの可能性もあるが、もはや東京都とその隣接地域では特に避けるべきことである。


この要請を受けて南関東では映画館や百貨店などが週末だけの営業休止を発表している。

(今後の状況にもよるが)全面休業ではないのはポイントだと思う。

週末にこれらの施設に多くの人が動くと、それに付随して施設内外でのリスクが高まる。

どちらかというと施設外のリスクの方が大きいような気がしますね。飲食店もそうだけど。

それを平日に分散させることで、商売を完全に止めることなく、リスクの軽減を図ろうということだと思う。

多くの客が訪れる週末の営業休止は痛いが、状況がさらに悪化して全面休業に追い込まれるよりはマシということだろう。

映画鑑賞したければ、平日の空いてる映画館に行けということである。


ところで、今回の東京都での感染報告の増加の背景、いろいろ言われてはいるが、

1つ大きいと思うのが、検疫所の自宅待機要請が始まったことなんじゃないだろうか。

特にヨーロッパ地域からの入国者は、3月21日以降にこの要請が始まったわけだけど、

この要請を避けるために、その前に駆け込みでの入国が相次いだということが報道されたところである。

ちょうど駆け込みで入国した人たちでウイルスを抱えていた人が、そろそろ診断されている状況というのはある。

もともと駆け込みでの入国はおかしいだろうと思ってたんだけど、やっぱりなという気がする。


だからこそ、日本の特定地域で厳しい行動規制が発生することは避けなければならないと思うのだ。

東京都やその周辺地域で行動規制がかかるとなると、それを避けて脱出する人が絶対に出てくる。

そうなるとかえって悪いが、それを停止できるほど世の中はよくできていない。

中国の武漢市封鎖はあんなことよくできたなと思うけど、あまりの副作用に苦しめられたものである。

北海道の事例からすると、今ぐらいで食い下がれればなんとかなると思う。

北海道は無防備な時期に感染が広がった面もあるが、3月中旬以降だとそれなりに警戒度も上がっていたはずだし。


しばらくは気がかりな状況が続くが、必ずしも悪いニュースばかりでもないので、なんとか乗り越えたいものである。

とりあえず今週末も市内に引きこもりだな。

もはや市外に出かけるべきところがない。それが全てである。


Author : Hidemaro
Date : 2020/03/27(Fri) 23:49
社会 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools