日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

展示会が中止になったから

今日はアニメ・ゲーム関係の映像配信が多いねと言っている人がいて、

確かに多すぎるなと思ったけど、原因は21~24日で予定されていた AnimeJapan が中止になったからだった。

AnimeJapan は展示会ということになろうと思うが、この手の展示会ではよくある休日から平日にまたがって開催されていて、

休日2日はファン向けのパブリックデイ、平日2日は商談を目的としたビジネスデイとなっている。

パブリックデイはショーイベントの色も濃く、入場料が必要で、場内のステージではいろいろなイベントが予定されていた。


中止を発表したのは先月27日のことだった。ほぼ1ヶ月前ですね。

政府の要請によるとはあるものの、出展社の都合によるところも大きかったのではなかろうか。

この時点で3月下旬のことを正しく想定できたかはさておき、開催しても出展見送りという決断をする出展社もいただろう。

そんな状況で開催してもファンは来るものだろうか、ましてビジネスデイは会社の方針で出張見送りというのもあろう。

もはやイベントの成否は主催者だけで決められる問題じゃないんだよね。


もともとAnimeJapanのようなイベントの開催時には、ステージイベントの映像配信を行われることが多かった。

なので、開催していても配信の多い日ではあっただろうと思う。でも配信しないステージも多い。

でも、AnimeJapanに参加できないとなった出展社は、こぞって予定通り、あるいは予定外に映像配信を行うことにしたということ。

こうして今日はやたらと映像配信の多い日になったのである。


ステージイベントに代えて映像配信をやるメリットしては、当初予定していた告知ができること、これは重要。

そして、出演者やスタッフの予定がすでに抑えられているので、何かしら使った方がよいということ。

準備にもいろいろお金がかかっているとすれば、それに相応の対価を払うべきかもしれないが、

何も使わないのでは対価を払うのも難しくなってくるので、じゃあ形は変わったけど使った方がよいと。

もともとAnimeJapanだと出展社の持ち出しになる分が多いでしょうから、映像配信での代替は決断しやすかったのかなと。


もうかれこれ4週目となった競馬の無観客開催だが、手応えはこんな具合らしい。

無観客競馬、馬券売り上げ健闘 業界全体には悪影響 (日本経済新聞)

馬券の売り上げは80%強ということでそう悪くはないが、普段と比べるとメインレースの売上が2/3ほどと低迷する傾向だそう。

メインレースほど観るスポーツとしての意義が大きかったということなのかな。今後、大レースが予定される中では心配事だという。

とはいえ、競馬を開催できていることで、賞金も払えますし、これは大きな救いではあるんですよね。

競馬開催自体が止まっている国もあることを考えれば、日本の公営競技は無観客開催でちゃんと食いつなげているのだから。

でも、競馬に関わる全ての人が無観客開催の恩恵を受けられているわけではなく、場内の売店やレストランなどはどうにもならない。

もともと開催日しか営業できないから経営は厳しいのに、そこで無観客開催が続くと大きな打撃だろうと。


もともと予定していたステージイベントを映像配信に振り替えたところはあれこれある。

特にトークイベントの場合、もともとラジオ番組で有料配信のプラットフォームを使っていることもあり、

スムーズに有料での映像配信に振り替えて実施するようなことはよく行われた。

これも出演者・スタッフなど転用しての実施で、抑えているのならそれを使って稼げるところは稼ごうということか。

これも救いではあるが、そうはいっても予定通り開催していればグッズの売上もあっただろうにとか悔やまれるところはあろう。

まして体制が整わず、それでもファンのためにと無料配信になってしまえば、完全な持ち出しですからね。

それで新しいファンを獲得できれば将来への投資にはなるが。


そんなこんなで代替策の効果もところによりそれぞれというところ。

予定通りの効果は得られないが、全く何も得られないよりは、少しでも得るものはあったほうがよい。

そうすれば、準備してきた関係者にそれなりの報酬を支払うことは出来るからと。

結局、どこかに持ち出しになるところは残るんだけどね。

競馬であれば場内の売店がそうだし、JRAにしても馬券の売り上げが2割弱減っていることは確か。


そうはいっても、どこかで正常化していかないといけないところ。

現状から大きく悪化しないとしても、来月中は慎重な判断を要する状況は続くだろう。

北海道と東京都の状況が大きく改善していない(一方でデータ上は収束傾向ではある)ので、これが辛い。

主催者だけでなく参加者の配慮も求められるが、難しいもんですね。


Author : Hidemaro
Date : 2020/03/22(Sun) 22:22
文化 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools