日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

ワールドカップの開催都市として

先日、調布に出かけた時にマンホールのフタが昨年のラグビーワールドカップにちなんだものになっていることに気づいた。

ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会デザインマンホール蓋を調布駅・西調布駅・飛田給駅周辺に設置 (調布市)

開幕戦など8試合を開催した東京スタジアム(普段は味の素スタジアムと呼ばれている)があるのが調布市。

このマンホールのフタは調布市で開催されたラグビーワールドカップの開催を記念したものである。


それはそうとして、このフタには「HOST CITY TOKYO」という刻印が入っている。

CHOFUじゃなくてTOKYOなのかと思ったが、調布市も東京の衛星都市の一に過ぎないと言われれば、それはそう。

しかし、ほかの開催都市マークを見ると、印象は変わるかも知れない。

ラグビーワールドカップ2019™大会関連マーク決定(プラウドホストマーク、開催都市マーク及びチームキャンプ地マーク)

これを見てみると、「静岡県」のように都道府県の名前になっているのと、

「神戸市」のように市の名前になっているのと、「大阪府・東大阪市」のように併記になっているのがある。

英語表記もこれに従っているので、袋井市のエコパスタジアムには「HOST CITY SHIZUOKA」と掲げられ、

花園ラグビー場には「HOST CITY OSAKA・HIGASHIOSAKA」と掲げられていたという。ちょっと変な気もするが。


実はこれは会場誘致に関わった自治体の名前を書いてあるのだという。

「大阪府・東大阪市」というのは大阪府と東大阪市が共同で誘致したということである。

大阪府としては、ワールドカップの会場として、収容力から長居も想定していたのだと言うが、

収容力は劣るが、大阪府でやるなら花園ラグビー場だろうということで、東大阪市が市営化して再整備した経緯がある。

市レベルで最も熱が入ってたのは間違えなく東大阪市だったよね。


東京スタジアムでの開催誘致に調布市が直接関わっていないのは、ここまでの経緯を考えれば明らかである。

というのも、もともとは国立競技場(新宿区)での開催を想定していたからである。

ところがワールドカップまでに完成しないことが決まり、代替会場として選んだのが東京スタジアムだったのである。

調布市にとっては想定外の形でラグビーワールドカップの会場となったわけだが、

開催地となることが決まってからは市内でイベントを開催するなどしてラグビーワールドカップへの機運を盛り立てていった。

もともと、2つのプロサッカーチームの本拠地であったし、ワールドカップ翌年にはオリンピックも控えていた。

急ごしらえの開催地だったかもしれないが、他の開催地にも劣らない熱意で調布市は受け入れてたのではないか。


ちなみに、東京スタジアムはオリンピックでも 7人制ラグビー の会場になるそうで。

ルールは違うけど、2年連続でラグビーの世界大会の会場となることはそうそうあるまい。

普段は専らサッカー場ということで、今後も継続してラグビーへの機運が上がるかというと、そこは微妙だけどね。

東京都だと秩父宮ラグビー場が使われることが多いというのはあるでしょうけどね。

すなわち東京スタジアムという選択は収容力の問題でしかないと。それはそれですごいことでもあるが。


Author : Hidemaro
Date : 2020/03/21(Sat) 23:16
文化 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools