日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

地下の難しさが違う

先日、渋谷駅の乗り換えの話を書いた。

移設して便利になるところ混雑するところ

銀座線が地上3階、副都心線・東横線のホームが地下5階なんで上下移動だけで大変だなぁと。

でも、渋谷だと乗換が大変だという話は聞くけど、それぐらいなんだよなぁ。


これは大阪の梅田と対比してのことである。

「梅田ダンジョン」だの、地下街の複雑さが語られることの多い街である。

地下構造の複雑さという点では、どっちもどっちだと思うのだが、

確かに梅田の地下の難しさと渋谷の地下の難しさは違う気がする。


どうして梅田の地下が難しいかというと、地下街・地下駅・ビルの地下階が複合しているからだと言われる。

かつては地下街を表した1枚の地図はないと言われていたが、最近はそれらしい地図が作られている。

しかしながら、ビルの地下階までは書きようがないのが実情で、ここで迷子になる人もしばしば。

もう1つ難しいのが、地上を歩いて移動することが難しいこと。

交通量の多い道路が走っていることもあって、横断歩道なし、横断禁止のところがけっこうある。

ヨドバシカメラが目の前に見えているのに、道路が渡れず到達できないとはよく言われたことである。

そのため、複雑だ複雑だと言われつつも、地下を歩くしかないのである。

ダイヤモンド地区(梅田一丁目の高層ビル街)では、地下の賑わいに比して、地上の人通りは少ないのはそういうこと。


一方で、梅田の上下移動は意外と楽である。地下駅もせいぜい地下2階レベルまで、地上は3階レベルまで。

それも渋谷のように一気に何階も駈け上がるようなところはないかなぁ。

わりと歴史の長い地下駅が多いのと、北新地駅は地下構造物があまり入り組んだところでもないので浅く作れたのだろう。

現在、建設中の北梅田駅(?)も、貨物駅の跡地に作ることもあって、わりと浅いところに作られる地下駅となる。

上下移動が少ない代わり、駅同士の距離が遠くなっているので、乗換によっては水平移動が大変なのが難点だが。

阪急梅田駅~四つ橋線 西梅田駅 とかけっこう遠い。単純な乗換ではあんまりやらないか。


地下の広がりということでいうと、確かに全然違う話ではある。

渋谷の地下は、東西方向は 半蔵門線・田園都市線の駅の長さとほぼ同じで370m程度、

南北方向は副都心線・東横線の長さとほぼ同じで260m程度である。

一方の梅田の地下は南北方向が渡辺橋北詰(ドーチカ南端)~ヨドバシカメラで980m程度、

東西方向は パシフィックマークス西梅田(ガーデンシティ西端)~泉の広場(ホワイティうめだ 東端)で1200m程度である。

南北方向でこう書かれると、JRの線路で地下が分断されてるのにと違和感もあるかもしれないが、

一応、ホワイティうめだ~阪急三番街~御堂筋線北改札前 でつながっているので、一連の地下街とみなしている。


広さという点で、梅田と並べるべきは東京の新宿だろうと思う。

東西方向は新宿中央公園(都庁前駅 A5出入口)~ビッグス新宿ビル(新宿線 新宿三丁目駅C8出入口)で1520m程度、

南北方向は西武新宿駅(新宿サブナード北端)~タカシマヤタイムズスクエア(副都心線 新宿三丁目駅E8出入口)で910m程度である。

改めて調べてみると、そんなにつながってるの、とは思ったのだが、実際問題として地下を延々と移動する人はそう多くない。

というのも、新宿の地下というのは、ほとんどが地下道で、商店のある地下街の広がりはそこまでではない。

雨に濡れずに歩けるのはよいが、地上を歩けないわけではなく、梅田ほど地下へのこだわりはない。

ここまで地下道が整備されたのはオフィス街への通勤を考えたもので、新宿の地下は案外質素な物である。

というか、今回、地図を見て、初めて高島屋が新宿三丁目駅直結だったことを知った。


ちなみに新宿の地下、深さ方向では大江戸線が深くて、大江戸線新宿駅のホームは地下7階にも達する。

一方の地上だが、新宿あたりだと高架レベルの通路は、甲州街道の跨線橋(南口・新南口)ぐらいですかね。

梅田はJR大阪駅の南北それぞれに歩道橋があって、地下と高架レベル両方での移動ができるようになっている。

渋谷にしても、マークシティ~JR中央改札~ヒカリエ という高架レベルの通路がある。(ここが混雑して大変なのだが)

その代わり、新宿では信号待ちしながら地上を歩いている人は多い気がする。

信号待ちはあるが、地上レベル同士の移動であえて地下に潜るのは煩わしいというのはあるんだろう。

地上を歩く人が少ない梅田とは対照的である。


それぞれ違った難しさはあるってことですよね。

この3箇所だと、僕にとって最も戸惑わなかったのは新宿かなぁ。

指示に従えば、わりと素直に歩けるとは思った。どこを歩いてるか見失うことは多かったが。

習熟という点ではよく言われるとおり、梅田は難しい。慣れてるつもりでも迷子になるのは普通だと思う。

慣れても大変なのが渋谷で、未だ不合理な導線が多く、なにかと苦心する。本当に大変な街ですよ。


Author : Hidemaro
Date : 2020/01/08(Wed) 23:21
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools