日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

NFCで何が出来るの?

AndroidでNFC/Felicaに対応すると何ができるかというのをいろいろ調べていた。

以前、財布に入っていたカードをバーチャル化するということをやっていた。

財布から減らせないもの

バーチャル化したもので、もっとも使用頻度が高いのはPontaかな。

ただ、このときの感想がこれである。

基本的にお金が絡むものはプラスチックカードが手放しにくくて

ここでAndroid端末のNFC機能でなんとかならんかということ。


ところでNFCというのは、NFC Type-A/Bという世界的に普及した方式と、Type-FというFelica相当の方式があり、

NFC対応のデバイスはこのいずれのNFCタグを読み書きできる。

ただ、端末自体がNFCのカードとして振る舞うという点では、Felicaは特殊である。

というのも、日本で普及したFelicaは通信速度が速いので、専用のチップが必要だから。

Type-Aならソフトウェア的に模擬することは可能なのだが、Felicaはできないのが日本でのNFC対応スマートフォンの悩み所だった。

とはいえ、Felicaの代表的アプリケーションであるSuicaなどの交通系ICカードは、Felicaの性能が必須である。


結果的に、現在では日本でNFC対応として販売されているスマートフォンはほぼFelicaチップを積んでいる。

AppleのiPhoneについては、全世界にFelicaチップ搭載のものを出荷しているそう。

日本でのFelica利用の熟度を考慮した結果なのかな。香港の八達通など日本以外での使用例もあるが。

他のAndroid端末については、日本向けはほぼFelicaチップ搭載で統一されているそう。

Androidはもともと「おサイフケータイ」としてFelicaチップを搭載しているものがあったが、

世界的なNFC普及の流れに合わせて、日本ではFelicaチップでいこうということになったようだ。

AndroidではFelica非搭載でNFC対応の可能性もあるが、混乱を招くので日本の通信会社じゃ取り扱わないでしょうね。

Felicaチップを搭載している場合は、SIMカードのNFC対応は必須ではないという情報があり、

それが本当ならば今のY!mobileから付与されているUSIMカード、n111で問題ないということになる。


話は戻って、AndroidのNFC/Felicaで財布は整理できるかという話である。

僕が現在持っているカード類で、Androidでの代替可能性があるのはこのあたりかなと。

  • Suica (モバイルSuica または Google Pay)
  • nanaco (nanacoモバイル または Google Pay)
  • 三井住友VISAカードのiD (Google Pay)
  • イオンカードのWAON (モバイルWAON または Google Pay)
  • JMB WAONカードのJAL IC機能 (おサイフケータイアプリ)
  • ANAマイレージクラブEdyカードのIC機能 (おサイフケータイアプリ)

セゾンカードがMastercard Contactlessに対応できるとか、そういうのを期待したのだが、

クレジットカードについてはApple Payだけ対応という会社が多い。

一方で、それ以外の用途ではFelica搭載の歴史が長い分、Androidの方が使い方は豊富である。


代替可能性があるといっても、実際に代替するかは別問題である。

Suicaはどこでもチャージできるのは長所だが、カードでないことによる不便もあろうと思うとちょっと。

一方で、モバイルSuicaはJR東日本の新幹線のチケットレスサービスに使えるので、カードとの併用が答えかな。

WAONは確かに使えるが、このイオンカードはWAON POINTカードとしての用途が多いので、全く意味は無い。

三井住友VISAカードのiDについては、使用頻度も低いが、キャンペーンもやっているので、あてはまれば登録はするか。

Apple Payまたは Google Pay のiDを新規設定で2,000円分のお支払いがタダ! (三井住友カード)

ただ、このカードは決済手段としての期待は少なくて、もしかしたら空港ラウンジ使うかもなと持っている面もある。

ところが、これはカードの現物を持っていないとどうしょうもないのである。

ご丁寧にも「Apple Payのカード画面のご提示ではご利用いただけません。」と書いてある。


一方であまり問題が無いのがnanacoで、もともとWebでクレジットチャージして残高確認していたのが、

アプリの操作で全て完了するのはメリットが多い。

飛行機の搭乗用のICカードというのは、単なるIDカードとしての役目を持たせるということで機能的にはシンプルだが、

登録してしまえばプラスチックカードの必要性が全くなくなるので便利かなと。

QRコードでよくねという話もありますがね。(特にANAはクレジットカード会員以外に新規でICカードは発行してないし)


できるといいなってのはいろいろあって、筆頭がEX-ICカードだよね。

というか、既存のICカードに紐付ける スマートEX も始まったのに、EX-ICは個別に持たんといかんのかと。

実はエクスプレスカードのEX-ICはモバイルSuicaに統合できるらしいが、J-WESTカードのEX-ICは統合できないらしい。

そのJ-WESTカードの本体も e5489の予約引き取りにはJ-WESTカードが必須であるから、こちらも手放せない。

同じことは えきねっと と ビューカード(ビックカメラSuicaカード) にも言える。

きっぷの引き取りだけなんだから、なんか代替手段はないんかねぇと思ってしまう。

この辺、旅行先に持って行くのを忘れると怖いので、使用頻度は低くても財布から出すことすらできないという。

キャッシュカードも今のところは全く代替出来ない。

イオン銀行が「スマッとATMアプリ」というNFCを使ったキャッシュカード代替サービスを提供してるが。

こういうのはNFCのいい使い方だと思いますね。操作によりキャッシュカードとしての機能を持つという。


今後に期待は持てるけど、まだまだ道半ばですかね。

重要性が高いものは、今後もプラスチックカードで持つ必要があるんじゃないかと思う。

あと、セゾンカードが将来的にMastercard Contactlessに対応してGoogle Payで使えるようになる日が来ても、

従来型のクレジットカードとしての期待の方がはるかに大きいわけで、やっぱり手放せない。

重要性が低い物は集約できればいいと思うし、必要時だけカードで普段は家に置いておくという運用もあるのかなと。

三井住友VISAカードなんて、まさにそうかもね。

iDとして使う可能性があるから持ち歩いてるけど、iDはGoogle Payで使えるというのなら、

飛行機を使いうるときだけ持って行けばよくて、それだって忘れても大したことはないし。


Author : Hidemaro
Date : 2019/12/10(Tue) 20:58
お金 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools