日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

電池をとるか、指紋認証をとるか

スマートフォンの買い換えを考えている。

今使っているAndroid One S3は、ストレージ容量不足に対応して購入したものだった。

USB PDで急速充電OKのはず

安かったのはよかったが、当初から性能面では問題だろうと思っていた。

ストレージ容量の問題が解決したことで、ゲームで遊ぶ時間が増えてなおさら問題になってきた。

もともとつなぎとして購入したような面はあって、1年経たずに買い換えること自体は妥当だろうと。


それでY!mobileのWebサイトを見ていると、秋から冬にかけて新発売の端末リストが出ていた。

2019 AUTUMN & WINTER NEW COLLECTION (Y!mobile)

SONY Xperia 8、ZTE Libero S10、Android One S6(京セラ)、Android One S7(SHARP)が並んでいる。

あと、すでに8月から販売されている HUAWEI P30 lite、この5つがY!mobileの商流で買える端末かなと。


搭載されているチップからCPU・GPU性能はだいたい想定できて、

Xperia 8 と Android One S7 は同じSnapdragon 630、Libero S10はSnapdragon 450なのでそれより性能は劣る。

Android One S6はMediaTek Helio P35で、Snapdragon 630と同じぐらいだが少しよいかもしれない。

P30 liteはこれらのチップを積んだ端末よりはるかに性能が高いようである。

とはいえ、現在使っているAndroid One S3と比べると、Libero S10以外は大幅な性能向上であろう。


それ以外の特徴を見てみると、似たり寄ったりだが、少しずつ違う。

まず、NFC/Felica対応はXperia 8、Android One S6、Android One S7 の日本メーカーの3つが対応。

ちなみに今のAndroid One S3はNFC/Felica非対応である。

次、電池容量、ほとんどが3000mAh前後だが、Android One S7は4000mAhという大容量の電池を積んでいる。

「1週間の電池持ち」と書かれているが、さすがに1週間持つのはほぼ待ち受けに近い場合だが、

電池容量の多さと、IGZO液晶を搭載して画面の消費電力を抑えたということで、電池持ちはよさそう。

この辺、SHARPらしいなと思う。Android One 507SHのときも電池はセールスポイントだったし。

指紋認証、いまどきは標準搭載なのかと思って見ていたら、Android One S7 だけ付いていない。

指紋読み取り部は、Xperiaは側面、他は背面のようだ。背面が多数派なのか。

ストレージ容量は Xperia 8 と P30 liteが64GB、他は32GB、いずれもmicroSD対応。

今までの実績だと32GBあれば足りないことはないかな。microSDが併用できるのは前提だけど。


ここまで見てきて思ったのは、やはり電池という面でAndroid One S7はいいなと。

サイズ感もこの中では長手方向の長さではもっとも小さく、その点でも僕の希望とマッチしている。

ただ、唯一気になるのが指紋認証に対応していないこと。

SHARPのWebサイトを調べてみると、Y!mobile向け以外では AQUOS sense3 として発売する製品に相当するようだ。

ただ、スペック面では差があり、AQUOS sense3は外向きのカメラが2種類付いているのに対して、

Android One S7は1つ、この点については楽天モバイル専売というAQUOS sense3 lite と同じ特徴である。

ストレージ容量が64GBに対して32GB、そして指紋認証は他がありでAndroid One S7は なし となっている。

楽天モバイル専売のAQUOS sense3 liteは、ここは64GBで指紋認証ありなので、それとも違うという。


指紋認証いるか? というところは悩み所である。画面ロックだけなら別になくてもとは思う。

ただ、HUAWEI MediaPad M5に指紋認証がついていて、確かに便利ではあるんだよね。

最近、Googleパスワードマネージャーでパスワードの管理をさせるようになったわけだが、

Chrome以外でパスワードを使うときはパスワードのコピペが必要で、

そのためには、Androidでは端末の画面ロック相当の認証が必要になるが、指紋だと煩わしくない。

あと、FIDO というパスワードレスログインがこれから普及しようとしているが、

スマートフォン+生体情報というのがもっとも普及しそうな方式で、そこで指紋が使えるか使えないかは大きな差かなと。

FIDOってだけなら、スマートフォン+PINコード とか セキュリティキー というのもあるんですけどね。


まぁY!mobileの商流にこだわることはなくて、他の方法で買ってもいいんですよね。

Y!mobileから買う方が有利なことはあるが、SIMフリーの端末を購入するのもそんなに不利なわけではない。

AQUOS sense3はAndroid Oneとそう変わらなくて、発売後2年間で最大2回のOSアップデートをすると言っている。

いろいろ調べた限りではAndroid Oneと同じような感じで、少しSHARP独自アプリが入ってる程度なのかなと。

Android Oneで慣れているので、指紋認証付きAndroid One S7だという考えもある。(価格も大きく変わらんだろう)


もう1つ選択肢に入りうると思っているのが HUAWEI P30 lite である。

HUAWEIはMediaPad M5で使ってるから、いろいろわかってきたが、基本的にはいいと思う。

ただ、設定でHUAWEI独自色が強いのが気になったり、すこし性に合わないところもある。

画面上部に設けられたノッチも気になってしまう。これは慣れかもしれない。

あと、FIDOについては、なぜか みずほ銀行 のアプリではHUAWEIダメみたいね。これはようわからん


Y!mobile以外から購入する場合、基本的にはUSIMカードを差し替えれば終わりなのだが、

NFC/Felica対応の端末の場合、今使っているn111というタイプのSIMはNFC用のIDが入っていない。

ご丁寧にもAndroid One S3への買い換えのときに、n101(NFC対応)からn111へ交換されちゃったのね。

HUAWEI P30 liteのように、NFC非対応の端末なら、それはそれで関係ないことである。

とはいえ、NFCを使う時だけの問題で、NFCを使わないならn111のままでもいいし、後で交換してもかまわない。

SIM交換については、Y!mobile店舗で「機種変更」を申し出れば、3000円(本体)の手数料でやってくれるそう。

これは店頭でY!mobile取扱端末を購入する場合と同じ手数料である。(オンラインショップではかからなくなった)

そんなところで総合的に判断するのかなと。今までの実績だとY!mobileでAQUOS sense3の取扱はないでしょうし。


Author : Hidemaro
Date : 2019/12/09(Mon) 23:22
コンピュータ・インターネット | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools