日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

メルペイを使うとお得だったから

昨日、PayPayフリマの話を書いたが、自分が売り手側になるならヤフオク・PayPayフリマだろうが、

買い手側としてはこれといったこだわりはない。

とはいえ、ちょっと前まではヤフオク1強で、他に調べても買うことはなかったが、

メルカリが普及してからは、メルカリでお得に買えることもあって、そのときは選んでいる。

あて名は袋に入ってる

これはメルカリで購入して、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットで届いたときの話。


このときはクレジットカード払いにしたのだが、

先日購入しようと思ったらメルペイに登録すると1000ポイント付与されるとのことだったので、

メルペイに登録して、銀行から最小金額の1000円チャージして支払った。

購入した商品は1600円ほどだったので、1000円チャージすると、400円ほど余るのだが、

余らせたとしても、安く購入できているので、とりあえずはよしと。


こうしてメルペイの残高を持つことになってしまったので、消費しないといけない。

僕が買い物する店だとメルペイが使えるのは、ローソンと松屋ぐらいですかね。

ローソンならPontaで端数調整できるかなぁ。

もともとタブレットだけにメルカリアプリを入れていたが、メルペイを使うならスマートフォンにもインストールした。

メルペイ残高を持って以来、まだローソンで買い物してないので、何も残高は動いていない。

使い方はPayPayと同じでしょう。(ローソンの場合、バーコードを読み取る決済は自動判別されるので店員の操作すら同じ)


メルペイは何のためにあるかというと、メルカリ売上金を銀行口座に引き出すことなく使うため。

かつて、メルカリの売上金はメルカリでの購入代金にあてるか、銀行振込で1万円未満は200円負担だった。

現在は銀行振込は一律200円負担になっているが、これはメルペイという出口ができたからとされている。

メルカリ内で還流させるか、手数料を払って振り込んでもらうかどちらかということ。


このあたりはヤフオクのYahoo!マネー → PayPayと全く同じなんですよね。

Yahoo!かんたん決済での売上金は、Yahoo!マネーに振替か、銀行振込か選べる。

Yahoo!マネーはヤフオクだけでなく、Yahoo!ショッピングにも使えたので、その点ではもともと使いやすかった。

銀行振込については、ジャパンネット銀行ならば手数料無料になっているので、口座開設を推奨していた。

Yahoo!マネーはPayPayに継承され、現在は多くの実店舗でも使えるようになり、なおさら有用性が増している。

PayPayフリマは売上金のPayPayへの振替を想定したサービスに見えるが、

銀行振込の条件も変わらず、ジャパンネット銀行への振込手数料が無料なのも相変わらず。


そんなメルペイだが、さらにメルペイスマート払いに登録して決済すると、またポイントをやるという。

「メルカリ」での「メルペイスマート払い」利用で最大3%還元キャンペーン開催 〜「メルペイあと払い」を「メルペイスマート払い」に名称変更〜 (メルペイ)

実はあまり知らなかったのだが、このメルペイスマート払いというのは、マンスリークリアなんだね。

1ヶ月の支払い額を合計して翌月払うと、クレジットカードの1回払いと同じやつですね。

限度額の低さもあるんだろうが、収入など申告しないでも済むのは、割賦販売法の対象外だからかなぁ。

メルペイ残高で支払えば手数料無料なので、ポイントか売上金か銀行チャージで払う分にはお金はかからない。

というわけで、とりあえず登録をしておいた。

1回でもスマート払いで決済すればよいので、今のメルペイ残高以下なら残高から払って終わりだ。


メルペイスマート払いの意図としてこんなことが書かれている。

各スマホ決済サービス内に滞留している「スマホ内休眠残高」は平均1,208円という結果が出ています。「メルペイスマート払い」では、当月内に使用した金額分だけ翌月にまとめて支払うことができるため、銀行チャージに伴う煩雑さを解決できると考えています。

確かにそういうのはあるかもなぁ。

昔はICOCAの残高が動かないという話があった。(私鉄・公営はPiTaPa、買い物はクレジットカードが主で、時々あるJR乗車時だけ動いていた)

今だとFamiPayが全く残高が動いていないわけではないが、残高の動きが遅い。

逆に残高が足りず、直前でチャージするのが煩わしいと思うことはある。それでPayPayは1万円単位でチャージなんてやってんだが。

メルカリの場合、売上金が入ってくる見込みで買って、残高反映後に支払うというような使い方もあるんだろうか。


どっちが似たのかよくわからないが、Yahoo!・PayPayとメルカリは似たようなことやってるなと。

メルペイスマート払いについて言えば、PayPayはYahoo!JAPANカードが似たような役目を果たしている。

PayPayチャージが煩わしければ、Yahoo!JAPANカードを紐付ければ、

だいたいPayPay残高での支払いと同等以上の特典があるということになっている。

リボ払いに変更してもらえば、ワイジェイカードの手数料収入も見込めるというところで、こういうことをやっていると思ってたが。

いろいろやり方には差はあるんだけどね。


Author : Hidemaro
Date : 2019/11/17(Sun) 23:56
買い物・消費 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools