日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

Windows 7 PCを買ってWindows 10を入れる

最近、製品評価のためのコンピュータの確保に向けて、いろいろ動いていた。

Windows 7の頃は、業務用PCを製品評価専用に用意して、そこにソフトウェアをインストールすれば済んでいた。

コンピュータの設定もいろいろ変えないといけないので、製品評価専用にしないといけないんだけど。

ところがWindows 7のサポートも終わることだし、次のプロジェクトからはWindows 10にしないとねと言っていた。


Windows 10への移行にあたって、他の部署に聞いてくれた人がいて、

その情報によれば、カスタムされたWindows 10のコンピュータへのインストールはできないらしい。

確かに説明書にも、プリインストールのOSを消して、Windowsのインストールからすることを推奨すると書かれている。

これ自体はWindows 7のときもそうだったのかもしれないが、なおさら問題のようだ。

レンタルで業務用PCを確保して、これをクリーンインストールするという方法で対応しているそうだ。


でも、クリーンインストールする時点で、業務用PCである必然性がないような気がした。

業務用PCをレンタルする意義は、社内でサポートを受けられること。故障時も代替機が早期に用意できる。

でも、既存のOSを消してしまうと、社内のサポート対象外になる。そりゃそうだ。

もう1つ問題があって、それが業務用PCの新規レンタルが逼迫していること。

レンタル業者から週ごとに納入される最大台数は決まってるようなんだけど、

Windows 10への移行という特需のため、今申し込んでも、納入がかなり先になってしまう。


この問題を解決する方法が、Windows 7の業務用PCをレンタル業者から購入するという方法だった。

現在、Windows 7が入っているPCは、ハードウェア的にはWindows 10にも対応できる。そんなに古くない。

購入費用はかかるだろうが、レンタル業者にとってみればメーカーサポートの切れたPCはそこまで大きな価値はないだろう。

どれぐらいか知らないけど、それなりに安く買えるんじゃないか。

購入後はサポートは得られないが、月々のレンタル料もかからなくなる。

さらに、この方法ならば、早期に製品評価用のコンピュータが確保できる。

評価計画を立てる人にとってはそっちの方が魅力的に映ったようだ。


それにしても、どうやってWindows 10ってインストールするの?

調べたら、どうも勤務先ではMicrosoftとEnterprise Agreement(EA)という包括契約を結んでいて、

ユーザー数に応じた費用を支払っているので、社内で使う限りにおいては自由にインストール出来るようだ。

ただし、現実的な問題として、Windows 10 Enterpriseのインストールメディアを借りる手続きは必要なのだが。


でも、Windowsってライセンス認証しないといけないよね?

調べたところ、基本的にはKMS認証という方式でライセンス認証をするらしい。

これは社内ネットワークにつないでさえいれば自動的に認証される仕組みだという。

インストール後30日、認証後180日経過すると、認証切れで制限がかかるよう。

なるほど、と思ったが、今回の評価用コンピュータは社内ネットワークから切り離して使う予定であること。

設定の都合、社内ネットワークとの接続を両立するのは難しいだろう(可能ではある)という判断である。


こういう場合どうするのかと調べてみると、MAK認証という方法があるらしい。

一般的にEAライセンスの配布方法には、KMS認証とMAK認証のいずれか、あるいは2つ併用できるそう。

とはいえ、コンピュータの数量が多い場合、ネットワークにつなぐだけで認証されるKMS認証のメリットは大きい。

KMSサーバーを立てる必要があるが、管理上も便利なので、勤務先も基本的にはKMS認証でと言っている。

一方のMAK認証はPC1台ごとにライセンスキーを入力して認証するという方式。

認証後は恒久的にライセンスが有効となる。これは家庭用のライセンスに似ている。

台数が少なければMAK認証しか選択肢はないし、そうでなくてもKMSサーバー不要なのはメリットがある。

この2つの方式は併用できるので、勤務先でもネットワークから切り離して使う場合は、一件審議の上でMAK認証用のキーを発行するとあった。

申請すると、無事にMAK認証用のキーが付与された。やったね。


他にも必要なセキュリティ対策や、関連ソフトウェアのインストール方法など、調査すべきことは多かったが、

まぁなんとかいけるかなぁというところまでやってきた。

うちの部署ではなかなかノウハウがなくて困ったが、今後は避けられなさそうだし。


ところで、部内の他の課では、レンタルPC以外にもけっこうな数のPCを持ってたりする。

現役で使っているものはまだよいのだが、もう長らく通電すらされていないものも数多く並んでいる。

実は、かつてこの部署で開発していた製品で使っていたものらしいのだが、

今はその製品がなくなり、開発者もほぼ残っていない状況で、古い製品とともに残されているようだ。

ふと気になって見てみると「Pentium 4」「Windows XP」なんてシールが貼られている。

もう使えないのでは? と思っているんだけど、捨てる決断をできる人ももういないのだろうか。


実はここはレンタルPCを購入することのリスクでもある。

レンタルだったら、一定期間経過するとレンタル業者が引き取って、適切に処分してくれる。

ところが買い取ってしまうと、最終的にはそれを処分するところまで責任を持たなければならなくなる。

そういうところで陳腐化したので捨てますという決断ができるかということである。

まさに今、Windows 7世代の部署所有の製品評価用のコンピュータが、そういう決断を迫られてるんじゃないかなと。

スタンドアローンで使うなら残せなくもないが、基本的にはサポートの切れたOSは使うものではないでしょう。

果たしてここから部署所有PCの大粛清になるかどうか。

そのために代替機が必要なら、今回の方法に準じて購入するか、あるいはレンタルPCで代替するか。条件次第かな。


Author : hidemaro
Date : 2019/10/08(Tue) 23:26
コンピュータ・インターネット | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools