日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

新しい名阪特急は快適そう

実は今日から夏休み。

平日の用事が続くので、それなら夏休みをここにしようと決めた次第である。

今日は不要品の処分で市内を駆けずり回っていた。

お金になるものもならないものもありますが、まぁだいたい想定通りですかね。


来年3月に近鉄・名阪特急の新車両として「ひのとり」が導入されるとのこと。

新型名阪特急ひのとり (近鉄)

もうすでに製造は進んでいるようである。(cf. 新型名阪特急「ひのとり」 (YouTube))

名阪特急というとアーバンライナーが主力だが、1988年導入開始とのことで、もう30年経つ。

2003~2005年に大規模リニューアルされて、近鉄特急の中ではよい設備を備えている方だが、

ここらへんで、花形であるところの名阪ノンストップ特急から退くということのようだ。


ひのとり の座席はかなりゆったりしたものになるようだ。

レギュラー車両は2-2配置だが、座席の前後間隔は116cmとなっている。

これ、けっこうすごい数字で、JRの特急グリーン車の標準的な座席間隔と同じなんですね。

JRの特急グリーン車もいろいろだが、JR東日本では大型の新幹線車両だけでなく在来線特急もグリーン車も2-2配置が多い。

JR他社の在来線特急だと1-2配置が多いんだけどね。まぁグリーン車の需要が高い地域という背景もあるようだ。

ひのとり はレギュラー車両でも100~200円の特別料金がかかるが、特急料金の1割程度なのでそこまで大きな負担でもない。


もう1つの特色がバックシェル付きということで、リクライニングしても後ろの人に影響しない。鉄道では初めてとのこと。

あと、座席内蔵の小型テーブルと座席背面の大型テーブルの両方を備えている。

近鉄特急って座席内蔵のテーブルが基本で、飲み物を置くなら問題ないけど、弁当だとちょっと狭い。

ましてや、ノートPCは全く置けないので、ビジネス特急としては不満があると言われてきた。

最新型の22600系では製造時から、それに次いで新しい22000系では2015年からのリニューアルで、2種類のテーブルを備えた座席になっている。

僕は座席内蔵のテーブル好きだけど「このテーブルだけ?」という思いを持った人も多いはず。今さらかもしれないが、大きな改善点である。

あと、座席ごとにコンセントが設置されるということで、これも今どきの特急車らしい。


さらにすごいのがデラックス車両、これは1-2配置で、座席の前後間隔は130cmとのこと。

よく見てみると、両先頭車はハイデッカーということで、床面が高くなっている。

これ、観光特急の しまかぜ と同じスタイルで、眺めが良い車両に作っているようだ。

座席自体も しまかぜ の座席に準ずるスタイルで、レッグレストと電動リクライニングを備えている。

特別車両料金はレギュラー車両に対して200~700円増、全体で300~900円の加算料金になる。

現在のデラックスカーの加算料金が200~500円なので、ちょっと高くなるけど、相応には快適性の高い車両になる。

これでさえ、大阪~名古屋の新幹線普通車指定席の料金より安いという。所要時間は違いますけど。


名阪特急以外の近鉄特急は他の公共交通とはあまり競合しないわけだが(JRがさっぱり使えないので)、

名阪特急だけは新幹線や名神ハイウェイバスという明確な競合相手がいる路線である。

新幹線と比べると圧倒的に遅いわけだが、新大阪までの移動時間を考慮すると差が縮まる。

その上で、価格の安さと、快適性(特にデラックスカー)で差を埋めてきたということなんだよね。

ひのとり でレギュラー車両も含めてレベルアップを図ってきたのは、それなりの理由があるんだよね。

これと 大阪~三重県内、奈良県内~名古屋という需要が合わさって、近鉄の名阪特急というのは成り立っている。


もう1つの期待が、アーバンライナーの今後の活躍である。

導入開始から30年経つが、近鉄特急はさらに古い車両も多いので、アーバンライナーは今後も活用されるはず。

実際のところ、喫煙室を付ける工事をやっていない車両が74両程度あって、1969~1976年製造とのこと。

現在のアーバンライナーが84両なので、だいたいつじつまが合うという。

これらの経年車に比べれば、アーバンライナーははるかに快適な車両のはず。

近鉄特急は当たり外れが大きいと言われるが、ハズレが減って、アタリが増えるということ。


もっとも近鉄特急というと4両・2両編成を機動的に組み合わせて使っている印象はあって、

6両編成か8両編成でしか使えないアーバンライナーは制約が多い気はする。

停車駅の多い名阪特急を中心に活躍するのかなと思ったが、それだけでは余りそう。

現状、アーバンライナーは名阪特急以外では大阪~奈良で2往復、名古屋~伊勢志摩で2往復に入っている。

大阪~奈良は西大寺車庫への回送のついでだろうし、今後は ひのとり が入るようだ。

となると、名古屋~伊勢志摩で活躍するアーバンライナーが増えるのかな。

いずれにせよ、全体的な底上げは期待してよいんだと思う。


Author : Hidemaro
Date : 2019/09/02(Mon) 18:34
交通 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools