日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

火葬したときの骨以外の部分

火葬したとき残る灰から、貴金属を取り出すことがあるという話は聞いていたが、

実は資源の有効活用という以上の意味があるようだ。

火葬後の残骨灰、貴金属どう扱う 1円で受託する業者も (朝日新聞デジタル)

日本では火葬後、骨を拾い上げて、それを墓に埋葬するわけだけど、

骨のごく一部だけを拾い上げることもあるし、そうでなくても骨の形をしていないものを拾い上げることはないのでは?

そうして残されたものを残骨灰というそうだ。排ガスから電気集塵機で集められた塵もここに含まれるとのこと。


ここでは大津市の例が書かれているが、残骨灰を寺に設けた「霊灰塔」に安置していたが、

満杯になってしまい、どうしたもんかと。

そこで業者に依頼して、骨とそれ以外に分離して、骨は返却してもらい市内で安置、残りは業者が処分することにした。

返却される骨は残骨灰の1/10未満の体積ということで、市内で長期にわたって安置できる。

一方で骨以外というのは、棺などに由来する成分もあるが、歯の治療などに使われた金属成分なども含んでいる。

有害な成分を含むこともあるので適正な処理が求められる一方で、有価金属はリサイクルしているのが実態だから、

適正な処理と有価金属の売却の両面を考慮して、業者とやりとりする金額を決めたようである。


確かに、火葬して残る物が全て遺体に由来するものとも限らないよね。

骨だけにすると1/10未満の体積になるというのはけっこうな驚きだが、確かにそんなもんなのかもしれない。

大津市では骨は返却してもらっているが、業者も骨の安置場所を確保しているようである。

全国残骨灰精霊供養 (大本山總持寺祖院)

市町村によっては骨を戻されても安置場所がないという事情もあるようだ。

いずれにせよ骨の部分については、丁重に扱うべきというのは共通しているようだ。


故人の尊厳を軽視しているんじゃないかという話もあるが、有価金属の売却というところへの抵抗なんじゃないだろうか。

お金が絡まなければ、骨と骨以外に分けて、それぞれ適切な方法で処理しますというだけのことなんだよね。

骨とそれ以外という線引きはけっこう納得感はあるような気がするし、環境保全という観点でも納得できるんじゃないのか。

一般的な焼却灰の処分でも、有害物質の無害化を行う中で、有価金属を取り出すのはごく一般的なことで、

それと同じことを残骨灰の骨以外の部分に適用しているということ。


そう考えると納得感はあると思うのだが、あとはお金の問題ですかね。

何らかの形で売却益を得ている場合は、斎場の整備などに活用されるのが一般的なようだ。

この記事の最後のコメントで「貴金属の売却益は地域で生きた証しとして地域振興に充てる方法や、京都市のように売却しないという判断もあると思う。」とあって、

残骨灰に含まれる有価金属は、地域への遺し物という説明にはしっくり来た。

有価金属の回収ばかりに気が行っては、尊厳を軽視していると言われるだろうけど、

持続的な埋葬と環境保全のためという目的も大きいわけですから、その前提は重要だと思いますね。


Author : Hidemaro
Date : 2019/08/27(Tue) 23:46
社会 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools