日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

どうすれば個人名で投票できる

参議院選挙の公示があってそろそろ1週間、

近くのポスター掲示板は少しずつ埋まってきたけど、まだ抜けがちらほら。

ポスター貼りが大変なのはわかるんだけど、ちょっとなぁ。


そろそろ投票先も考えないとな、ということで調べていた。

だいたい当たりはついていたのだが、東京都選挙区は改選数6と多いので同じ政党でも複数人立候補していて、

情勢調査も参考にしながら、票の取り過ぎにならないように投票先を考えないとなぁというのもあった。

Webで公開されている選挙公報を見て、選挙区・比例代表ともにこれで行こうというのがだいたい決まった。

投票は11日先だけど、だいたい決めておけば直前で慌てなくてよいから。


比例代表については、政党名で投票しても、個人名で投票してもよい。

政党名で投票しても、同じ政党の誰の個人名で投票しても、政党ごとの当選者への影響は変わらない。

確かに政党名で投票するのは楽だけど、なんとなくでも当選して欲しい人がいれば名前を書けばよいのである。

政党ごとの当選者数は先に決まっているから、単記非移譲式の大選挙区制と違って票割りなど考える必要はない。

そういう観点で決めていた政党の選挙公報の名簿登載者リストを気楽に見ていたら、なんかよさそうな候補者がいた。

ちょっと深掘りしてみたが、政治家としての実績はあまりないが、考え方としてはよさそうである。

その人が当選ラインに入るかは微妙だが、もしこの人が落選しても、政党ごとの当選者数には貢献できるので問題ない。

というわけで、有権者になってから3回目の参議院選挙にして、初めて比例代表で個人名での投票を決意した。


投票用紙にその候補者の個人名を書けば終わりなのだが……

そういえば記載台に比例代表の名簿登載者のリストって置いてあったかな。なんか脇に壁掛けしてあったような。

調べてみたのだが、基本的には記載台ごとに政党名・名簿登載者のリストを配置することになっているようだ。

脇に壁掛けしてあったのは、衆議院の比例代表の名簿登載者リストのことだろう。(衆議院では政党名しか書かないので参考資料の扱い)

というわけで、投票所でフルネームや漢字を忘れても、おそらく無理なく確認出来そうだ。

名前しか書いてないから、それで思い出せるかという問題はあるが。


投票用紙に記載するにあたって、正しい名前をフルネームで書くのが好ましいのは言うまでもないけど、

特に紛らわしいことがなければ、名字だけとか、名前だけとか、ひらがなで書くとか、政党名だと一部だけ書くとか、そういう場合でも正しく集計されるはず。

例え、多少の誤字があっても、明らかにこの人を指していると判断が付けば、それは意図通りに集計されると思われる。

ただ、同じ名字の人が複数人立候補しているとか、紛らわしいことがある場合は、厳密に書かないと集計されないことがある。

投票用紙に書かれる可能性のある政党・名簿登載者の名前が多い参議院選挙の比例代表はなかなか大変である。

同じ名字の人もザラだし、過去には政党の略称と他政党の名簿登載者の名前が紛らわしいなんて事例もあったらしい。

届出のあった政党名の略称は安心して使えると思い込んでいたら、まさかの按分票である。

政党名の略称の届出があまりよくなかったと言えばそこまでだが、一般的に正しい書き方でも、正しく集計されるとは限らないのは怖い話だ。


時々、同姓同名の人が選挙に立候補したらどうやって対応するかという話が話題になることがある。

基本的に投票用紙にいらないことを書いたら、投票自体が無効になってしまうところだが、

例外として 職業・身分・住所・敬称の類 であれば、書いたとしても無効票にはならない。

市町村議会選挙などでは、町名などを付記して区別するのが一般的な対応方法だそう。

参議院の比例代表では、個人名の票に政党名を付記したり、政党名では政党の本部所在地、代表者の名前を付記することはできそうだ。

あんまりそういう例はきかないが、もしも名前だけで正しく集計されないかもしれないと考えるなら、政党名を付記しても問題ないようだ。

他の政党含めて同じ紛らわしい名前の人がいないかぐらいはちらっと見といた方が安心かもね。


投票用紙に書かれたリストにマークを付けて投票する記号式投票ならこういうことで悩むことはないんだけどね。

明確にこの政党 あるいは この政党のこの候補者 というのが示せるはずだから。

参議院選挙の比例代表でそれをやると投票用紙は大きくなるが、世界的には決して珍しいことではない。

投票用紙の手配などに問題はあるし、日本では自書式投票が定着しているけど、考えとしてはよいと思う。

市町村レベルの選挙では、一部活用されてるところもあるとか。不在者投票・期日前投票は投票用紙の準備が間に合わないので自書式らしいけど。

国レベルでは最高裁判官国民審査は記号式だが、これは審査対象の人があらかじめ決まっていて、人数も高々知れているのが要因かなと。


比例代表の個人名での投票が正しく認識されるためにはいろいろハードルはあるけど、

同姓同名というレアケースを除けば、厳密に正しくフルネームで書けば大丈夫なはず。

そのうち紙でも選挙公報も配布されるはずだから、競馬場に行く人のごとく、赤鉛筆で印を付けて、投票所に持って行きますかね。


Author : hidemaro
Date : 2019/07/10(Wed) 23:10
社会 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools