日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

運び出すのが大変な家具

今回、親元で2泊させてもらうことにした。

それで家について早々に「ベッドなくなってるよ」と言われた。

確かにもともとベッドがあったところに布団が敷かれていた。


話によれば、僕と弟の使っていたベッドを両親が使うことにしたようだ。

兄弟ともに独立して、ともに引っ越していった家具もあるが、使われないまま放置されていた家具もある。

ベッドも僕か弟が来れば使うにしても、普段は使われないわけである。

そこで、これで両親がこの家に住み始めたときから使っていたベッドを代替することにしたと。

それで快適に寝られるようになったのならよいことである。


それでいらなくなったベッドを捨てようとしたのだが、運び出すのを手伝って欲しいと言われた。

後日にトラックを用意してクリーンセンターに自己搬入するようだが、家の外に運び出しておきたいとのことだ。

ベッドが置かれていたのが2階なので、これを1階に下ろすのが一番の難所である。

特に問題だったのがベッドの天板、これは階段のクランクを通ることができなかった。

そこでベランダから出して上下で受け渡しするという方法で運び出した。

これは3人作業でも厳しかったが、両親2人ではもはや無理だっただろう。

その他は階段を通って搬出できたが、階段での運搬は注意が必要なので、力になれたのかなと思う。


運び終わった後に「捨てるときのことも考えて家具を買うべきだと思った」と言っていた。

どうもこのベッド、2階の窓枠を外して、クレーンを使って搬入したようだ。

ほとんど完全に組み立てられた状態でやってきたのだろう。

ということは解体も大変だし、搬出も大変である。


最近は組み立て式の家具が主流になっているので、解体も容易だろう。

搬出もここまで苦労しなくて済むとは思う。それでも大変だけど。

製品を輸送するときの効率を考えて、組み立て式にしているわけだけど、

それは結果として製品を捨てるときにもメリットがあるということである。


生活が変わっていく中で家具も代替されていくわけだけど、捨てるのが大変で代替出来ないということもあるんかな。

新しい家具を買うのなら、新しい家具の納入時に引き取ってもらうということもできそうだが、

今回はもともとあったベッドをリユースするということだから、そうもいかない。

そんな中でもやろうと思えたのは、捨てるまで仮置きする場所が取れたからってのはあるのかもね。

もともと僕と弟が暮らしていたスペースは余ってますから、ガラクタ置き場にしても大丈夫だし。


Author : hidemaro
Date : 2019/05/17(Fri) 22:59
買い物・消費 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools