日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

すごい百貨店たち

大阪の百貨店が好調ということを話題にするにあたって(cf. 千日前でお買い物)、百貨店の売上を調べていた。

2018年全国百貨店店舗別売上ランキングと各百貨店店舗の特徴 (宇都宮駅前周辺ガイド みや散歩)

百貨店の店舗別売上ってこうやってランキングに出来る形で上がって来るんだよね。

会社によって集計基準に差はあるので、比較として妥当かという話はあるんだけどね。

それでも他の小売業でこういうのはないからね。

せいぜい、ヨドバシ梅田が日本一の売上を誇る電器店というのがまことしやかに語られているぐらい。


1位が伊勢丹新宿本店、2位が阪急うめだ本店というのはあまりによく知られた話。

それぞれ東京と大阪の一番店として、広い地域から来客があると言われている。

百貨店なんてどこも似たり寄ったりではと思うところだけど、やっぱりこの2店は特別らしい。

以前は1位と2位はもっと離れていたけど、阪急百貨店が好調なので、340億円差(約12%)ぐらいまで迫っている。

3位の西武池袋本店、ってこれを見るまで意識したことなかったし、中身を知らないからなんとも言えないなぁ。

ここまではあまり変わらないのだが、4位以下の順位はけっこう動くようだ。


4位がJR名古屋高島屋、2000年開店の新顔だが、気づいてみれば名古屋の一番店になっている。

高島屋にとってももっとも売上が多い店になっている。(JR東海と高島屋の合弁会社で、持分の70%がJRだが高島屋と考えてよいだろう)

2017年にJRゲートタワー内の「タカシマヤゲートタワーモール」が加わり、売り場面積が増えた分、売上も増えてこの位置。

もともと名古屋で一番売ってたのは栄の松坂屋名古屋店で、現在は10位にいるが。

後発ではあるけど、広々して買い回りやすいとか、名古屋駅直結とか勝因はあるんだろうが、あっぱれと言った感じ。

高島屋が出来たことで名古屋駅が買い物できるところになったというのはあるよね。もともと百貨店はあったけど、ここまで充実してはなかったはずだし。


もともと高島屋でもっとも売上が多かったのは高島屋日本橋店で7位にいる。

それを名古屋が抜き、そして6位にいる高島屋大阪店も抜いた。

日本橋店の売上が落ちたわけではなく、大阪と名古屋が好調というだけのことである。

高島屋大阪店は大阪・ミナミの繁華街のリーダーである。

阪急百貨店にも言えるが、大阪百貨店戦争と騒がれた増床合戦で共倒れにならなかったのはすごくて、ちゃんと売上伸ばしてますからね。

関空直結のターミナル、南海難波駅に同居していて、外国人客の恩恵がとても大きな店ではあるんですけどね。

日本橋店も去年には「日本橋高島屋S.C.」が完成したので、売上を伸ばしてまた抜くかもしれない。

それに続いて8位には高島屋横浜店がいる。ここが横浜の一番店だったのね。

相鉄横浜駅と同居していて窮屈そうな印象もあったが、売り場面積でははるかに広い そごう より売ってたんだね。


5位には三越日本橋本店、さっき7位にいると書いた高島屋日本橋店とはご近所である。

三越日本橋本店はまさに日本の百貨店発祥の地で、まさに老舗ということなのかなぁ。

ただ、最近調子がよくないようで、前年比-5.9%なんて書いてある。


9位にはあべのハルカス近鉄本店が入っている。さすがに日本一広い百貨店になればここまで来れたようだ。

こちらは前年比+15.0%と、増床の翌年とかでもないのにとんでもない数字が書いてあるが、

2014年にあべのハルカスの開業後、想定通りにいかなかった部分もあって、店舗の見直しを行った結果、大きく伸びたそうだ。

トップ10に入るような百貨店だけど、都心立地かというと、少し行けば住宅街という立地で、生活色の強い百貨店でもある。

トップ10に入る他の店舗とはずいぶん違う。東京だと東急百貨店本店(渋谷)がそれに近いと聞いている。

店舗の見直しが必要になったのもまさにそういう背景があるようだ。

ハルカス近鉄が「地元客」で大混雑するワケ (東洋経済オンライン)


それにしても、このランキング見て思うのは、高島屋が強すぎるということ。

トップ10に4店舗、トップ20ぐらいまで広げるとこれに加えて京都店が入ってくる。

東京では新宿店(1996年開業)が不調だとかそういうことばかり話題になるけど、

名古屋、大阪、横浜、京都でそれぞれに地域をリードする百貨店があって、東京(日本橋店)も大した物である。

特に後発でここまで食い込んだ名古屋はすさまじい。潜在的に強いんだな。


ここまで書いてきたけど、この数字がどれぐらいアテになるんだって話はある。

というのも、この売上高の全てを店舗で売っているわけではなく、法人向けや外商など店舗外の売上もカウントされている。

分店も包括してカウントしている場合もあるので、実は1店舗分とも限らない。

伊勢丹新宿本店の売り上げがすごいのは確からしいけど、店舗外売上もすごそうなんだよね。

参考程度ではあるけど、地域の商業施設のリーダーとなる百貨店の姿が見えると、いろいろわかりますからね。


Author : hidemaro
Date : 2019/05/07(Tue) 23:36
買い物・消費 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools