日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

普通の映画興行ではあるけど

無事に帰宅した。

出発したのが4月29日、だから9日間の旅行ですね。

長いね。もともとは明日帰宅予定だったから10日間だったってこと。

ここまで長いのは初めてぐらいだが、いろいろ1つにくっつけたからだけどね。


マチ★アソビのWebサイトに書かれている整理券配布情報と、

イベント一覧に書かれている内容が食い違っているので、おかしいなぁと思ったら、

ufotable CINEMAでの通常の映画興行がイベント一覧に書かれていないのが原因だった。

ところでマチ★アソビでufotable cinemaを使うイベントは、
映画など料金が設定されているものと、テレビアニメの上映やトークイベントなど料金の設定のないものがある。
料金の設定のある場合はその料金を払えばよい。短編アニメ映画の「桜の温度」ならば500円など。
料金の設定がない場合も全く無料というわけではなく「ワンデイパス」というものを500円で買う必要がある。

(朝から徳島、川から徳島)

イベント一覧には、料金設定のないテレビアニメの上映やトークイベントだけが記載されていたと。


ufotable CINEMAは、普段の映画興行も当日券のみで全席自由席になっている。

ゆえに通常の映画興行だろうが、料金設定のないイベントだろうが、当日決められた時間から券の販売・配布が始まり、

もしも開始時刻の時点で定員より多ければ、抽選になるというけである。

映画のチケットは原則で言えば開店時刻から販売開始なのだが、原則と違う部分があるので案内に従う必要がある。

もっとも売り切れなければ、上映開始直前に来て、チケットを購入して見ることもできるのだが。


ただ、過去にはマチ★アソビのイベントスケジュールに通常の映画興行も書いてあったんだけどね。

書くスペースが足りなくなっちゃったのかも知れないが、ちょっと惜しい気がした。

毎日1回の上映を続けている「桜の温度」(cf. 実は国際アニメ映画祭)はさておき、

「Fate/ゼロカフェ」はマチ★アソビ期間のufotable CINEMA以外では上映されていない。

そう考えると一覧に書かれないのは惜しいなぁと思うんだけどね。

もちろん映画館のスケジュールには記載されてるんだけど、そこを見る発想があるかということ。

広告スペースに新聞の映画案内のごとく掲載しておくとよかったかもしれないが。


そこからフェリー乗り場に行き、昼食にカレーライスでも食べようかと思ったら、売切ランプが。

どうもカレーライスは週末限定のメニューらしい。それならとうどんを食べた。

昼食食べる分早くフェリー乗り場に来ていたので、乗船開始のタイミングで乗り込め、リクライニングシートを陣取れた。

徳島で買ったドラマCDなんか聞きながら2時間ほど揺られて和歌山港へ。そこから電車で大阪へ。

難波で降りて、新大阪まで移動するわけだけど、乗換の途中で高島屋に寄るとよさそうな弁当があったので買った。

これを新幹線の中で食べるわけである。新大阪でいくらでも買えそうとは思ったけど、高島屋も通り道みたいなもんだしね。

そして満席の新幹線で帰ってきたが、指定席で自由席の客も流れ込んではなかったし、わりと平和だった気がする。


Author : hidemaro
Date : 2019/05/06(Mon) 23:17
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools