日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

観光客向けの前払制バス

明日から、京都市バスの一部系統で先払制が導入される。

前乗り後降り方式の導入について (京都市交通局)

対象は100系統(京都駅~五条坂~銀閣寺道)と東山シャトル(京都駅~五条坂・臨時便)の2系統で、

いずれも観光客メインの路線で生活路線の色は薄い。


実は市バスの歴史を見てみると、ワンマンバス運行開始当初は先払制だったらしい。

ところが、後に多区間系統でワンマン化するにあたって、均一系統含めて後払制に統一したという経緯があるようだ。

関東圏では均一制であれば前払制が基本で、均一系統がメインの地域では多区間系統でも申告先払制が取られていることもある。

申告先払いはどうかと思うが、混在するよりはよいのかもしれない。

近畿圏では均一でも後払いに統一している地域が多いが、先払いの地域もある。(奈良や尼崎など)


後払いのよいところは、バスに乗ってから運賃の準備ができること。

ちょうど小銭を持っているとも限らないから、乗ってから両替して用意するのは普通ですからね。

ところが最近はICカードが普及したので、先払いでも小銭がなくて困ることは少なくなった。

高専時代に、先払制のバスに乗ることもあったのだが、そのときはすでにICカードを持っていたので、何も困らなかった。

引っ越してきて、東京では先払いのバスに乗るわけだけど、どうせICカードで払うから、先払いのデメリットは感じたことはない。


逆に先払いのメリットは、降車がスムーズであること。

特に降車が集中するバス停では大きな効果がある。

その代わり乗車に時間がかかるなら同じでは? とも思うんだけど、始発バス停など発車前に時間がかかるのが問題にならない場合もある。

実際に測定してみると、先払いの方が少し早いようで、多少、バスの遅れを減らす効果はあるようだ。


あと、僕は逆だと思うんだけど、バスの前方に乗客が集中しがちなのを緩和することも期待しているようだ。

ノンステップバスではバスの後方に行くには段差があるので、前方はできるだけ段差を越えにくい人が使うべきで、

僕のように段差に不自由がない人は後ろに行くものだと思っている。そっちの方が座席数も多いし。

そんなわけで、バスに乗り込んだら真っ先に後ろに行くので、中扉から乗り込む方が後ろに行きやすくてよいと思っていた。

むしろ、先払いで前扉から乗ると、後ろに行くために人をかき分けないとならず大変だと。(cf. 降りやすいが前が詰まりやすい)

ただ、現実はそうともいえず、先払いのバスに比べ、後払いのバスの方が前方に集中する傾向があるらしい。

確かに後ろに行くと降りるのが大変という話もあるが、むしろ混雑するバスで前に留まる方が大変だと思うのだが。

不慣れな観光客ほど前方に集中する傾向も強いのかも知れない。荷物が大きく段差が上がれない人もいるし。


今後、観光系統に位置づけられている101系統・102系統にも導入する予定らしい。

102系統はそんなに混む系統ではないはずなので、先払いのメリットが生きるかはよくわからない。

101系統(京都駅~北野天満宮~北大路BT)は50系統(京都駅~北野天満宮~立命館大学)の補完系統という色合いが濃くて、

けっこうな生活路線では? とも思うし、休日は2つの系統がほぼ交互にやってくるので、乗車方法がころころ変わるのは不便な気もする。

もっとも、100系統も東山通では206系統と混ざって走っている点では同じなんだけどね。

それでも混乱せずに利用できるかというのは、すでに実験で確認したということなんだろう。


京都市バスの観光客による混雑はそれだけ深刻ということでもある。

ただ、観光客が特定の系統に集中して混雑している面もあるんじゃないかなとは思っていて、

東山通の100系統・206系統はその典型だと思うけどね。有名な観光地が沿線に多く、かつ京都駅に行きますからね。

地下鉄を使ったり、違う系統に分散したり、そういう工夫でずいぶん楽にはなるんですよね。

そういう工夫も期待したいところだが、そうはいってもやっぱり便利なものに利用に集中するのは仕方ないこと。

もはや増発も限界ですから、そんな中での工夫としてはよい挑戦ではないかと思う。


Author : hidemaro
Date : 2019/03/15(Fri) 22:59
交通 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools