日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

ヨーロッパから北海道に挑む

ヨーロッパへの航空路線はアメリカ線ほどではないが偏在している。

旅客便で3つ以上の空港に路線があるのは成田空港・羽田空港・関西空港の3つに限られる。

セントレアでもフランクフルトとヘルシンキの2路線しかない。


ヨーロッパ線やアメリカ線のような長距離路線が成り立つ空港は限られるといえばそこまでだけど、

それでも3大都市圏以外への路線開設を試みる航空会社もある。

福岡空港は開港以来ヨーロッパへの直行便がなかったが、2013年4月にKLMオランダ航空がアムステルダム線を開設した。

週3~4便運航したものの、日本発もヨーロッパ発も思うように集客できなかったようで、2015年1月に休止された。

やはり福岡では厳しかったか、と思ったが、翌2016年5月から夏の季節便として、Finnairがヘルシンキ線を開設した。

週3便で現在も続いており、Finnairも手応えを感じているようである。(cf. 福岡空港にも乗り入れ フィンエアー、アジア就航の倍増狙う (ITmediaビジネス))

ビジネス需要は少ないから通年では成り立ちにくいが、観光客の多くなる夏ならば週3便ぐらいはできるということらしい。


そんなFinnairは今年から新千歳空港に新規就航する。

フィンエアー、札幌へ欧州スキー客期待 12月から季節運航 (Aviation Wire)

新千歳空港には過去に名古屋~アムステルダム便の経由地としてヨーロッパ路線があった時期もあるようだが、17年前の話である。

それでFinnairが開設する新路線は、行き先はヘルシンキ、週2便の冬の季節便として運航される。

え!? ヨーロッパ線で冬の季節便とは珍しいな、と思って記事を読んでみると、ヨーロッパから北海道へのスキー客を想定しているらしい。

ヨーロッパなんていくらでも雪山あるでしょと思ったが、北海道の雪質はヨーロッパの人たちにとっても魅力的らしい。


日本各地から北海道への観光客が多くなるのは夏とされている。

そのため、新千歳空港をはじめとする北海道の空港へは、国内線では夏の季節便が設定されることが多い。

逆に国際線では冬の季節便が設定されることが多い。

というのも、アジアの暖かい地域の人々にとって雪は縁遠いものだが、冬の北海道に行けばいくらでも雪がある。

そういう目的で日本の長野県とかに行く人もいるようだが、やはり雪といえば北海道である。

シンガポール航空は冬の約1ヶ月だけ新千歳空港にやってきているそうだ。

さらに傘下のLCC、Scootは通年でシンガポールから台北経由で就航しているが、冬は直行便で増便しているよう。

他は冬だけの就航というのはないようだが、タイ国際航空のバンコク線は冬に増便されているようだ。


Finnairはヘルシンキがヨーロッパ各地と東アジア各地を結ぶルート上にあることを生かして、

アジア各地の路線とヨーロッパ各地の路線の乗り継ぎが便利になるようにしている。

目的の都市への直行便があれば一番良いが、最初に書いたとおり、ヨーロッパ路線が充実している空港は限られる。

直行便がない場合、どこかで乗り継ぐ必要があるが、ヘルシンキ経由という選択肢がある場合、もっとも便利なケースは多いようだ。

というわけで、唯一のヨーロッパ路線がヘルシンキ線というのは、それなりに便利ということである。


新千歳~ヘルシンキがうまくいくかはよくわからないが、

日本で4番目の大都市圏である福岡に手応えを感じたら、それに次ぐ札幌都市圏に挑戦したということなんだろうと思う。

ただ、札幌も大都市ではあるけど、福岡・北九州大都市圏と比べると札幌都市圏の人口は半分ほどである。

福岡・北九州大都市圏でも中京大都市圏の6割弱の511万人ほどだが、それでもシンガポールよりは人口は多いぐらいだ。

意外と人口は多いんだよね。そこに直行便を持って行くと、観光を中心に潜在的な需要が引き出せたのかもしれない。

それに比べると、新千歳~ヘルシンキ線はいかに北海道へ向かう観光客を集められるかというところにかかっているんじゃないでしょうか。

それが日本→ヨーロッパの需要が増える夏ではなく、ヨーロッパ→北海道の需要に期待した冬の季節便にした意味でしょう。


最初に書いたが、ヨーロッパ線よりも偏在がひどいのがアメリカ大陸への路線である。

成田空港がアメリカ各地~アジア各地を結ぶハブ空港の役割を担っていて、路線が集約される傾向が強い。

現在は羽田空港にも分散したが、成田・羽田の2空港にほとんどの路線が集中している。

関空ではサンフランシスコ・ロサンゼルス・バンクーバー(夏の季節便)の3路線、今年からシアトル線が再開予定とのことだが。

これでも持ち直してきたもので、サンフランシスコの1路線だけの時期もあった。

セントレアはデトロイトの1路線の状態が長く続いている。これ以外の空港にはアメリカ大陸への路線はない。

成田に行けばいくらでもあるのは確かなんだけどね。


Author : hidemaro
Date : 2019/02/07(Thu) 22:59
交通 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools