日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

コンセントが壊れた?

昨晩、シャワーを浴びようとお湯を出そうとすると、お湯が出ない。

給湯器の電源が切れてるということで、電源を入れようとすると、電源が付かない。

この社宅に引っ越してきたとき、エアコン工事の人が給湯器のコンセントを外してしまったことがあって、そのときも同様のことが起きた。

もしかしてコンセント外れた? とバルコニーに出て調べてみると、特におかしくはない。

とはいえ、電源以外に疑うところはあまりないので、ドライヤーを給湯器用のコンセントに接続した。

すると電源が入らないのでコンセントより手前に問題があるらしい。


部屋の中のコンセントに給湯器を接続してみると、普通にお湯が出た。

というわけで給湯器そのものは健全ということで、とりあえずは一安心。シャワーも浴びれた。

コンセントに電源が供給されない要因としてまず考えられるのはブレーカーだが、部屋の中のブレーカーは全てONだ。

ただ、場所が場所なので他のところにブレーカーがあるのかもしれない。でもわからない。

いずれにせよ、自分だけでは手に負えない状態であることがわかった。


問題箇所を写真に撮って、出勤して早々に社宅を管理している部署にE-mailを送った。

部屋に入ることは差し支えないと伝えてあったから、それなりに確認してくれたのだろう。

そしたら昼頃には「業者を手配して、今日工事をしてもらう」との連絡が来て、

その数時間後には「給湯器電源の交換が完了しました」「給湯器の動作も確認出来ました」とのことだった。

帰宅して見てみると、確かに給湯器用のコンセントが交換されていた。もともとプラスチックが割れてたし交換は妥当だろうけど。

でも、コンセントが真の原因だったのかな?  まぁ問題は解決したしいいか。


勤務先では、今日が年内最後の稼働日。そんな日にこんな案件が飛び込んできたら、気が気ではなかっただろう。

しかも、お湯が出ないというのは、1日程度ならともかく、年明けまで先延ばしにはできない話である。

結果的には日中で対応が完了したので、普通に対応できたんだろうけど。


これまで社宅で4年弱住んでいるが、この間に修理・交換を依頼したのは3回ある。

窓ガラス(cf. ガラスは自然に割れたのだ)、ガスコンロ(日常点検で不完全燃焼に気づいた)、そして屋外コンセントである。

年数が経ってる社宅だといろいろあるんだなぁということだけど、いずれも社宅を管理する部署に申し出て、平日に対応してもらっている。

ガスコンロもコンセントも会社の人が立ち会って修理・交換をしてもらっている。

窓ガラスのときは業者に発注してくれたが、そこから対応に多少時間がかかり、休日に対応するのが最速だから、自分で立ち会って交換してもらったが。


一方で、休日や時間外には会社では対応しきれないことを想定して、365日24時間対応できる業者と契約しているらしい。

平日時間内で対応できるのなら会社に連絡して欲しいとのことだが、急を要する場合はこちらも使えるようだ。

もし、壊れたのが1日遅かったら、こちらに頼っていたのだろう。

一体どういう体制なのかよくわからないけどね。

これまでの印象では、直接対応で素早く的確に対応してもらえているので、平日時間内まで待てるのならそれでいいかなと思う。

それだけ社内で不動産管理のノウハウがあるってことだよね。この部署は社宅だけではなく、外売りもしてますからね。


Author : Hidemaro
Date : 2018/12/28(Fri) 23:15
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools