日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

はじめてのPOSAカード

初めてPOSAカードというものを購入した。

POSAは”Point Of Sales Activation”の略、購入後に有効化されるカードということ。

コンビニの一角に並べられた各種カードは並んでいる段階ではただのカードで、レジで支払って有効なカードになる。

そんなPOSAカードのうち、購入したのはGoogle Playギフトカードである。


これまでもGoogle Playで購入することはあったのだが、クレジットカードで直接決済していた。

あえてPOSAカードを購入したのは、キャンペーンのため、クレジットカードの支払いを前倒しするため。

nanacoに10万円も積んでおこう

POSAカードの支払い手段は限られているのだが、ファミリーマートではファミマTカードで支払いができることが知られている。

もっとも店員も「現金だけだったような」と半信半疑で試してもらって「ファミマTカードならいけますね」と初めて気づくほどなのだが。


Google Playギフトカードはレジで金額指定するタイプがメインになっている。

レジで決済して初めて有効化されるということは、金額をレジで決めてもよいわけだ。

端数が出ないように調整して購入できるのは特徴である。

一応、今後想定される支払金額ぴったりになるように購入したのだが、果たしてうまくいくか。

ただ、クレジットカードとの併用で端数処理もできるようなので、クレジットカードを使える人にとってはさほど問題ないよう。

あと、金額が大きかったので、サインを求められた。

少額でクレジットカードだとサインレスだけど、金額が大きいとそうもいきませんからね。


これを持ち帰ってきて、削ってコードを出して、Google Playに登録して使えるようになる。

その上でアプリでのアイテム購入を行えばよいと。

あと、定期購入の支払い方法をGoogle Playの残高に変更しておいた。

予備の支払い方法にクレジットカードを入れておけば、残高が尽きても大丈夫なはず。


POSAカードの用途は、自分で使用する場合と、人にプレゼントする場合がある。

明らかにプレゼント用の商品もあるが、Google Playギフトカードは自分用に買う人が多そうではある。

そもそもGoogle Playではクレジットカード払いができると考えると、現金でGoogle Playのサービスを使いたいという目的だろうと。

確かにGoogle Playではクレジットカード払いと通信料金との合算払以外の手段はこれしかないからね。


Google Playでは自分のアカウントに現金でチャージするのにもPOSAカードを使うが、

最近は収納代行サービスを使ってコンビニでの現金チャージができるプリペイド支払い手段をよく見る。

Yahoo!マネーがそうだけど、ファミリーマートではWebで申し込んで、Famiポートに番号を入力して、レジで支払うようになっている。

Yahoo!マネーについて言えば、銀行口座からのチャージがメインなんですけどね。

POSAカードは店に在庫がなければならないが、収納代行ならカードの在庫はいりませんからね。

ただし、収納代行では残高をプレゼントするということはできないので、そこがPOSAカードとの使い分けになろうと思う。


なお、残高をレジで選ぶという都合、台紙の裏側、カードの裏側にそれぞれ金額を記載する欄があった。

人にプレゼントするとき、台紙ごと渡す場合、カード単独で渡す場合、いずれでも金額を書いて渡せるようになっているようだ。

まぁ自己使用ならあんまり関係ないね。だってすぐ使ってただのプラスチックになってしまうから。

けっこう丈夫なカードなんだよね。ペラペラの紙製のカードでも目的は達せられるわけだけど。

店では台紙に付いた状態で売られているわけだし。

ギフトカードとしては、これぐらいじゃないと体裁が悪いってのはそうでしょうけど。


Author : Hidemaro
Date : 2018/12/22(Sat) 23:57
買い物・消費 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools