日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

これもこれも敬称

仕事中に転送されてきたE-mailで、ちょっと不思議なことがあった。

Hi Kimura san.

Good afternoon.

というような書き出しで始まっている英語のメールである。(名前は適宜置き換えている)

これだけなら、そこまで不思議ではないが、その下に別のメールが引用されていた。

Hi Pak Lew.

Good afternoon.

転送した人はLewさんだが、Pakなんて名前に入ってないはずだけど。


実は転送元のメールの送り主はインドネシアの人だったのだが、

Pakっていうのは、インドネシア語のbapak(父)に由来する敬称だそうで、Bapakとか略してPakとか名前の前に付けることがあるようだ。

女性であればIbuかBaになるようだが、これも母に由来する敬称らしい。

もっとも、英語で書いていることからもわかるとおり、インドネシアから外国(日本ではない)に送ったメールなのだが。

このメールをうちの職場の人に転送して、そちらで対応してくれという話だったのだ。


英語でも日本人の敬称にsanを使われているのはよく知られた話だし、職場でもE-mailなどで見ることは多い。

日本語の敬称の中でももっとも汎用性が高いものだと思うし、なにより男女の別なく使えるのは外国の人には便利だ。

もっとも、日本語の敬称って男女どちらかにしか使えないのはあまりないと思うけど。

それと同じことがインドネシアでもあるってことなんだろうかね。

実際、インドネシア語の敬称の中でPakとIbuというのは、ビジネスでは無難な敬称だそうだ。


ちなみにこのメールに対する、うちの職場の人の返答は、

Hi Lew san.

This is Kimura. Good morning.

という書き出しだったんだけどね。

ここでインドネシアと日本からE-mailを受け取っているLewさんというのは、日本人でもインドネシア人でもない。

しかし、インドネシア人からはPakと敬称を付けられ、日本人からはsanと敬称を付けられているという。

逆ならわかるんですけどね。


うちの職場でつくっている製品の工場は外国にあって、連絡はだいたい英語のE-mailで来る。

それで最近、図面の小変更をしたら、工場から問い合わせが届くことが何度かあったわけだ。

届いたメールを見たが、やたらと略語を使って書かれているので、その意味がわからない。

そうなんだよね。英語ってどうしても文字数がかさばるから、いろんな用語を略語にしがちなんだよね。(cf. 略語にあふれる仕事場 )

いずれも、工場をよく知っている生産技術の人が対応してくれたんですけどね。

それを横から見ながら、これはそういう意味だったのかとか勉強しているわけだが。


Author : hidemaro
Date : 2018/12/06(Thu) 22:50
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools