日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

よく考えたらこれも大阪駅か

この前、大阪に行った時に梅田を散歩していたときに、新梅田シティからの帰りに南側に回ってきた。

メインルートではなくて、隣接地で工事をしていることもあって歩行者は少ないが、

今後、うめきたの開発が進めば、ここも多くの人が歩くようになるはず。

そして、大阪駅(ノースゲートビルディング)が見えてきたあたりで、地面がアスファルトから四角いフタを並べたようなものになった。

四角いフタというのは地下工事のときに使われる覆工板のことで、この地下で工事をやっているということ。

この工事こそが北梅田駅(仮称)の工事である。


印象としては思ったよりも大阪駅から近いということ。

道路のはす向かいがすぐに桜橋口ですからね。

もともと存在した梅田貨物線の線路よりを東に移設しているのは知っていたが、こんなに近いんだね。

この新駅設置の主な目的は、新大阪から環状線に直行していた はるか・くろしお が梅田付近に停車できるようにすることだが、

そうはいっても、駅が離れたところだと微妙だなと思ってたが、この立地ならそこそこ便利そう。

梅田のことだから、どうせ導線は複雑だと思うけど、そのうち慣れるでしょう。


この駅の名前はまだ決まっていない。北梅田駅という仮称が広く使われているが、実際にはよくわからない。

わりと仮称はあてにならないもので、JR東西線では全ての駅で建設中の仮称から名前が変わった実績もある。

来年春に開業する嵯峨野線の梅小路京都西駅も、仮称は七条駅だった。七条駅になると思っていた人はほとんどいなかっただろうが。

北梅田駅についての最近のJRの認識は、

(仮称)うめきた(大阪)地下駅の開業に向けて

(「JR西日本技術ビジョン」の具体化に向け、(仮称)うめきた(大阪)地下駅における新しいサービスを募集 (JR西日本))

という、ずいぶんふわっとした書き方なのだが、意外だったのが (大阪) と書いてあること。

よくよく考えてみると、この駅って大阪駅と同一駅扱いになるはずの駅なんだよね。


どうしてこの駅が大阪駅と同一駅扱いになるはずなのかというと、現在も はるか・くろしお は運賃計算上は大阪駅を通っているから。

今回地下化を進めている梅田貨物線と呼ばれている路線は新大阪~福島の短絡線なのだが、

短絡線を走行する列車を利用する場合の運賃・料金は 新大阪~大阪~福島 と乗車したものとして扱うとなっている。

おそらく、この考えは今後も継承されるだろう。

そうすると新駅は大阪駅と同一駅扱いにするのが自然だ。なぜならば新駅の目的は大阪駅の代替だから。


JR九州にこれと似たような駅がある。それが北九州市の折尾駅だ。

簡単に言えばメインの駅とは別に、短絡線上のホームがあって、改札が別になっている。

改札は別だが、どちらも折尾駅には違いなく、改札を出ての乗換もできる。

連続立体交差事業にあわせて、短絡線のホームをメインの駅に集約する計画があるので、今後解消される見込みだ。

ともあれ、折尾駅の例によれば、新駅も大阪駅でよいことになる。


そうはいっても、どっちも大阪駅だと混乱の元になりそうである。

そうすると制度上は同一駅だが、駅名を使い分けるという取扱が考えられる。

JRではそういうことをやっている駅はないはずだが、

他社では近鉄の大和八木駅・八木西口駅、東武の とうきょうスカイツリー駅(旧業平橋駅)・押上駅がそれにあたる。

どちらも歴史的経緯で同一駅扱いの駅が2つ存在している。


近鉄は八木駅を現在地に移設する前の、旧八木駅を八木西口駅の名前で残したことに由来する。

橿原線は特急以外は両駅に連続停車するが、駅間は400mほどで、同じ名前のバス停が2つあるのと似たような趣である。

あえて旧駅を残した理由は一見よくわからないが、大阪線と橿原線の間に短絡線があって、

これを使って大阪上本町~橿原神宮前の直通列車(かつては定期列車にあったらしい)を走らせると、

八木駅は停車できないが、八木西口駅は停車できるので残しておいたと言われている。


東武は浅草駅が手狭なので、業平橋駅に10両編成対応ホームを置いていたが、この機能を押上駅に移して半蔵門線への直通運転に改めた。

このとき、曳舟~押上の新線を建設したが、これは曳舟~業平橋の増線扱いということになった。

ゆえに春日部~浅草などの定期券で、押上駅を利用することができる。逆も同様。

その後、業平橋駅の10両編成対応ホーム跡地を含めた一体はスカイツリータウンになり、業平橋駅もとうきょうスカイツリー駅に改められた。

ちょうどスカイツリータウンの西側にとうきょうスカイツリー駅、東側に押上駅がある感じですね。


JRが北梅田駅の取扱をどうするかはよくわからないが、どちらかになるんじゃないかなぁ。

北新地駅は大阪駅とは基本的に別の駅だけど(京橋~大阪・北新地または尼崎~大阪・北新地を含む定期券・回数券で他方の駅が使える特例はある)、

これは両ルートで明確に途中駅が違うという事情もある。(実際、定期券で他方のルートを使う場合は、途中駅での乗降はできない)

でも、北梅田駅はそういう問題はないし、現に運賃計算は大阪駅を経由するルートで行っている。

問題はこれを大阪駅と言うかどうかだが、どうでしょうかね?

離れていても改札内でつながっていれば、すごく遠いけど京葉線の東京駅は完全に同一駅だったりするけど。


Author : hidemaro
Date : 2018/11/29(Thu) 23:54
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools