日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

同じ曲を4回もやったの?

昨日、「ウマ娘 プリティーダービー」のイベントをやっていたそうだ。

【イベント】『ウマ娘 プリティーダービー』2ndイベント「Sound Fanfare!」をレポート! 新作アニメ映像や新規コミカライズの情報も公開 (Social Game Info)

まだ、ゲームもリリースしてないのに、2ndイベントだって。音楽だけはたくさんありますからね。


端から見てる分にはいろいろ面白くて、

イベント自体は昨日だけなのだが、グッズ販売はおとといからやっていたのだが、グッズ販売とともにフードエリアを設けていたのだという。

前日からグッズ販売を行うこと自体はありそうな話なんだけど、前日からフードエリアまで作って滞留させるのは珍しい気がする。

さらにステージも独特で、アリーナの縁に沿って競馬場のコースのように1周まわれるステージを用意していた。

アリーナ席はステージに囲まれる形だから、四方全てがステージとなり、スタンド席からすれば目の前にステージという具合。

競馬場もコースの内側に観客が入れるところもあるので(東京競馬場もそうらしい)、そんな感じですかね。


さらに面白いのがセットリスト、「うまぴょい伝説」から始まり、アンコールが「うまぴょい伝説」3連発となっている。

うまぴょい伝説を4回も披露したの? と思って調べたら、開演前のBGMでも2回流れたから計6回だと書いてあった。もっとすごかった。

確かに、マチ★アソビのウマ娘のステージでも、うまぴょい伝説から始まり、うまぴょい伝説で終わるという構成ではあったが……

ただ、同じことを4回やったわけではなくて、最初のうまぴょい伝説は自己紹介を挟みながらをやっていたようだし、

最後のうまぴょい伝説は歌うメンバーを入れ替えながら、各出演者の最後の挨拶も兼ねたものだったようだ。

ちゃんと意図があったんですね。


以前、アイドルマスター シンデレラガールズの「お願い!シンデレラ」のことを話題にしたことがある。(cf. どうして100回も歌ったか )

シンデレラガールズの不動の代表曲なので、音楽フェスに出演しても、展示会でステージをしても、ほとんど必ず歌われる曲だ。

元々、シンデレラガールズでは全員で歌う曲が少なかったが、TVアニメ後は増えてきたのだが、代表曲は揺るがないと。

シンデレラガールズは今でも新規で声が付くキャラクタがいるけど「お願い!シンデレラ」は、まず最初に歌う曲だとされている。

今は他にも全員曲はあるとはいうけど、そのとき出演している全員で歌うという意味で全員であって、全員が歌ったことがあるという意味ではない。

本当に全員が歌ったことがあるのは「お願い!シンデレラ」だけだろう。


「うまぴょい伝説」も事情は似ていて、STARTING GATEシリーズには全てに「うまぴょい伝説」が収録されていて、

定額配信サービス「アニュータ」には「『うまぴょい伝説』だけのプレイリスト」というものがある。

登録されている全ての「うまぴょい伝説」を集めただけのプレイリストだが、同じ曲ではあるが歌っているメンバーが違うと個性が出る。

ファンからの評判も高く、「きみの愛馬が!」というところに「俺の愛馬が!」とかぶせるのが恒例になっている。


なんとなく「お願い!シンデレラ」と「うまぴょい伝説」の姿が重なるのは、

Cygamesつながりなのか(ウマ娘はCygamesのコンテンツ、シンデレラガールズのゲームはCygamesが開発・運営を委託されている)、

スタッフや出演者に重なるところが少なくないからなのか、それとも、ただの偶然なのか?

でも、ここまで来てしまうと、代表曲は決して塗り替えられないよね。それだけは多分間違いない。


Author : hidemaro
Date : 2018/10/15(Mon) 22:57
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools