日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

それって支線だよね

今朝、ニュースで交通情報として、

運転見合わせ: 鶴見線 全線, 南武線 浜川崎~尻手

と出ていて、川崎市の背骨、南武線が運休とは大変だと思ったのだが、

よく考えてみれば、浜川崎~尻手(しって) というのは支線のことだった。

すなわち、川崎~立川の本線は通常通り運行しており、大半の利用者にとっては影響がないということだ。


南武線の支線は明示的に名前が付けられていないが、「南武支線」とか「浜川崎線」と呼ばれているようだ。

調べた限りでは南武支線という呼び名が一番よく使われているらしい。

ただ、公式なものではなく、JRは「南武線(浜川崎~尻手)」などの表記を使っている。

支線といってもいろいろあると思うが、南武支線は旅客列車は支線内の折り返し運転だけで、

車両も本線が6両編成なのに対して、支線は2両編成の専用車を使っている。

ただし、貨物列車は浜川崎~尻手~府中本町~立川のルートで走るので、貨物列車にとってはこちらが本線とも言える。


JRには正式名称のない支線というのがけっこうある。

ただ、実際には愛称名が付いていることもあり、阪和線の鳳~東羽衣の支線は「羽衣線」でほぼ統一されている。

以前使っていた車両では行き先表示が「羽衣線」に固定されていたので、これが正式名称でないと疑う人もそんなに多くなかったのでは?

でも、JRおでかけネットでは「阪和線(羽衣支線)」の表記があったり、少し揺らぎがあるのも確か。

あと、名前がなくても困らない支線というのも多い。

支線の中には貨物線も多いし、旅客列車が走るとしても支線であることを意識しないものもある。

東北本線の日暮里~尾久~赤羽の支線は宇都宮線の列車が走り、本線は京浜東北線の列車が走るという区別ができる。


とはいえ、JR東日本は他にも無名で困る支線があって、それが成田線の成田~我孫子の支線だ。

特に断りなく成田線と書かれていることもあるが、本線との直通はなくて、むしろ常磐線との直通運転が設定されているという。

こちらは「我孫子支線」と呼ばれることが多いようだが、公式な呼び名ではない。

1駅間だけの支線なら、そこまで問題もないけど、我孫子支線は支線にしてはかなり長いので。

こういう路線こそ愛称路線名を付けるべきだと思うんですけどね。もしくは独立した路線にするか。


南武支線は臨港地帯への短絡線という性質が強く、昼間の利用者は少ないようでなんと40分間隔だ。

沿線から川崎の市街地に行くならバスの方が便利なようだし、なかなか生活にあった路線ではないようだ。

とはいえ、通勤・通学での利用は一定あるようで、朝は7時台に5往復、夕方も本数が増える。

利用増進のための試みも行われており、2016年に小田栄駅が開業した。

簡素な無人駅で、運賃表の変更を省くため暫定的に隣の川崎新町駅と同じ運賃にしている。


運休の理由は架線点検とされている。

根本的な原因は明らかにされていないが、臨海部を走る路線なので塩害が原因かな? と言われている。

先日の台風により、関東地方では海沿いを中心に海水が送電線などに降りかかってしまったようで、

これによって絶縁抵抗が下がって、漏電・発火・停電などが多く報告されている。

鶴見線・南武支線より深刻だったのが京成で、送電設備の問題で全線運休が長く続いた。

このようなトラブルは台風後、細々と発生していたようだが、今日は広く顕在化して大きな影響を出した。

送電を止めて、がいしを清掃して絶縁抵抗を復活させるという作業をして解消させたようだ。


Author : hidemaro
Date : 2018/10/05(Fri) 22:37
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools