日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

初回から払込書の出番無し

先日、引っ越してきて初めてのガスの検針票が入っていた。

以前はLPガスだったのだが、引越後は都市ガスということで大きく変わっている。

1ヶ月にやや満たないが、明らかに以前までのLPガスより安くて、

30日換算して最近数ヶ月のLPガス料金と比較すると、だいたい半額になっていた。

机上計算とだいたい一緒だね。ほとんど基本料金の差なんだけどさ。


検針票を確認したが、ちゃんとクレジットカード払いになっていた。

開栓に来てくれた人は「口座振替かクレジットカード払いの手続きをしていただいても、初回1~2回ぐらいは払込書で払うことになると思います」

と言っていたが、渡された書類を見ると、インターネットからクレジットカード払いの手続きをすると数日で済むとある。

おそらく検針日の時点で手続きが完了しているかって話なんだろうな。

そして、最初の検針日にはとうにクレジットカード払いの手続きが完了しているのでOKと。


以前、職場の人と話していたら、水道料金もガス料金も最初は払込書でコンビニに払いにいった覚えがあると言っていた。

でも、僕は今までこの手の公共料金で払込書で払ったことないんだよね。

おそらくクレジットカード払いを選んだのがよかったのではないかとのこと。

というのも口座振替の設定完了までには1~2ヶ月かかると説明されている。これだと初回1~2回は無理だよね。

一方のクレジットカードは書面でやったとしても10日程度と書かれている。かなり違う。


クレジットカードはオーソリゼーションの仕組みで即時有効性の確認ができる。

さらにクレジットカードは後払いですから、売上データを送る時点でお金が引き落とされるわけではない。

口座振替の場合は、決済を行う時点で銀行口座からお金が引き落せるようになっている必要がある。

この差により、クレジットカードの方が支払い開始が早くなるが、

支払いを受ける側にとってはクレジットカードの方が入金が遅くなるというメリットもある。


検針票の右上が赤くなっていて、裏面を見るとゆうちょ銀行の払込書としての注意事項が書かれている。

これ、検針票を発行するのと同時に、ゆうちょ銀行の払込取扱票に準拠した払込書を印字できるってことなのよね。

払込書の見方 (東京ガス)

払込書の右上が赤くなってるのは、払込書の印字は真っ黒だけど、赤の払込書(手数料は受取人負担)であることを表しているのだろう。

感熱紙の払込書ってのが意外だけど、こんなのでも、ちゃんと ゆうちょ銀行のATMも使えるみたいね。

そしてコンビニでの支払いにも対応している。今はコンビニ払いの人が多いんだろうな。

多分、僕が払込書を受け取ったら、ファミリーマートに持って行って、ファミマTカードで払ってたんだろうな。


最近は検針と同時に払込書を作成する会社も増えたようだが、後日郵送というところも多い。

今まで公共料金の払込書を郵送で受け取ったことなんて、一人暮らしする前を通じても全く思い浮かばない。

調べたところ、公営企業 と 会社 で少し対応が違うようだ。

公営企業の場合は、一律で圧着はがきで対応するケースが多いようだ。

開くと ○公 の払込書になっている。ゆうちょ銀行で払う場合は地域制限があって、ATMに対応できない。

最近は指定金融機関・ゆうちょ銀行に加えて、コンビニ払いと併用になってるのが多いんだろうかね。

会社の場合は、封書でゆうちょ銀行の払込取扱票に準拠した払込書を送るか、圧着はがき でコンビニ専用の払込書を送るか。

ゆうちょ銀行は公金であれば不定形の払込書もOKなんだけど、一般的には指定様式でないと受け付けないはず。

ゆえにゆうちょ銀行での支払いを希望する人には封書で送るしかない。でもATMも使えるから便利だよね。

一方でコンビニは不定形でも受け付けるので、圧着ハガキでOKで、どうせコンビニで払うならこちらの方が低コスト。


こういう公共料金や税金というのは、毎回手間がかからないのが一番いい。

払込書でもPay-easyに対応してくれれば、家でネットバンキングで払えるからいいけど、

継続的に支払いが発生がするようなものは、ほとんど口座振替が使えて、これが優先だよね。お互い楽なのが一番だ。

あとは口座振替の手続きにかかる期間ももっと短くなればいいんだけどね。


Author : hidemaro
Date : 2018/09/15(Sat) 23:12
お金 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools