日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

ドイツに戸惑う

ドイツ語の授業があるのでそこでドイツ語を勉強しているのだが、まぁ厄介だと思う。
初めてやることなので仕方ないのかな。
現在形ばっかりやっているのだが、いくつかのハードルがある。
まず1つは動詞が変化すること。
なんか英語でも三人称単数現在のときはsがつくとかありましたよね。
なんでなのかよく分かりませんよね。
あれよりかは納得がいきやすいかも知れない。
なぜならば名詞の種類によってかならず変化させなければならないから。
そうなんですよ。三人称単数現在だけじゃなくて何でも変化させないとダメなんですよ。
そこまで来たら開き直るしかないですよね。めんどくさいけど。
ドイツ語の動詞はesで終わる不定形で辞書とかには書いてあって、このesを取ってから、
主語が、ich(私)ならe、du(君)ならst、er(彼)・sie(彼女)・es(それ)ならt、
wir(私たち)ならen、ihr(君たち)ならt、sie(彼ら)・Sie(あなた・あなたがた)ならenとするわけですね。
ああめんどくさい。だから動詞を当てはめるときよく考えないと間違うわけだ。
ちなみに英語では三人称単数現在だけ変化させると言いましたけど、
どうも昔はこれぐらい複雑だったみたいです。それがいつのまにかこうなったと。
ありがたいことですが、三人称単数現在だけ残っているので何とも言えませんね。
もう1つ厄介なのが定冠詞と不定冠詞。
ドイツ語は単語の並びは結構いい加減みたいです。
じゃあ、~を、~に とか区別するのはどうするのかというと冠詞の形を見ればいいらしい。
冠詞は定冠詞のderと、不定冠詞のeinがあるわけだ。それぞれ英語のtheとaに相当すると。
そういえば英語でもaとかtheって大概必要なんだよな。しょっちゅう忘れてる気がする。
じゃあderとかeinとかつければいいのかというとそういうわけではない。
まずさっき書いた通り、~が、~の、~に、~を を区別するから4種類に変化しそうだと。
それだけで済むならよいのですが、どういうわけかドイツ語では名詞に性があると。
それが男性と女性と中性があって、あと複数もあるから、derには4×4=16種類に変化すると。
そんなの覚えられるとは思えない。まぁ全く全部違うわけじゃないんだけどさ。
ただ面白いなと思ったのは名詞の性によってそれを指す代名詞が変わるということだな。
男性名詞で書かれることは物でもなんでもer、女性名詞で書かれるものはなんでもsie、中性名詞でかかれるものはなんでもesと。
なんかめんどくさいだけのような気もするけど、おもしろいのはおもしろいよね。
まぁ初めて勉強しようと言うことだから難しいと思うのだろうけどね。
実はこれで慣れてしまえば簡単なのかも知れない。
ただ日本語では気にしないこと多いですからね。
名詞の性なんてそうだし、主語によって動詞の変化することもないですし。
ただそれは日本語が他の言語とは非常に似ていないのが原因ですからね。
逆に日本語を勉強しようとする人が見れば、
同じ意味の言葉がやたら多かったり、活用が意味不明だったり、文字が多すぎたり…
大変だろうなと思います。
それに比べれば僕は英語を勉強してからドイツ語勉強してるからなんぼか楽させてもらってると思う。
テストもありますがぼちぼちがんばりましょう。
Author : hidemaro
Date : 2009/05/27(Wed) 23:47
学問 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools