日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

工事するから門を閉める

勤務先の事業所で工事のため、これまで構内を出入りする車が使っていた門が閉鎖された。

代替として、これまで普段は車の出入りに使っていなかった門2つが開放されていた。

車両が通れるゲートが開いているのは初めて見た気がする。

2つあるのは、一方の門は小型の車両が、一方の門は大型トラックが使うことを想定しているようだ。

使い分けがあるのは、周辺道路と構内の導線の都合だろう。


ところで、この車というのは自動車に限らない。

手押しの台車も車に含まれるらしい。

台車を押している場合は車用の門から出られて、普段人が出入りする門からだと守衛に止められる。

逆に人単独だと、車用の門から出ることはできず、人用の門から出ないといけない。

工事中は小型車用の門から出ないといけないのだろうか?

でも小型車用の門って従来の門と正反対なんだよな。大型車用の門の方がまだよいのだけど。


あと、これは工場ではよくあることらしいけど、出勤・昼休み・退勤時間帯は自動車の移動が禁止される。

これは従来から変わっていないのだが、門が変わると、構内の車の導線と人の導線で重なる部分が増える。

従来は人の導線と車が導線が重なる部分はある程度限られていたような気もするのだが、

代わりの門を使うと構内での移動距離が増えるので、必然的に重なる部分が増えるのかなと。

今朝に安全対策か、カーブミラーを追加していたけど、なお一層注意が必要ということなのだろう。


この後、工事が進捗すると、人の導線にも影響が出る予定で、

実は僕が出退勤、そして昼休みに売店との行き来に使うルートと重なる。

代替ルートはいくらでもあるが、全体的にめんどくさいルートになる。

それが確か4ヶ月ぐらい続くって書いてあったかな。

恒久的に変わるわけではないけど、それなりに長い期間影響を受けることになる。


ちょうど僕が採用試験で来ていた頃は新棟の工事をやっていて、

仮設の守衛所で入構手続きをしていた覚えがある。

この工事は会社に入ったときには終わっていたけど、この後も関連する工事が続いていて、

それが収束したのが去年ぐらいだったっけ。

新棟ができて、別の建物を壊して、また別の建物を作って、と段階的に進めていたので。

今回の工事はそれとは無関係だと思うが、また工事かという感はある。めんどくさいね。


Author : hidemaro
Date : 2018/08/20(Mon) 23:32
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools