日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

バグの多かった給与改定

勤務先では7月に給与改定が行われる。

管理職への任用も7月に行われるので、給与に関わる変更は全部7月なんだよね。

非管理職の課長の目的の1つはそこでしょうね。課長になるタイミングと管理職になるタイミングが違うから。(cf. 管理職ではない)


そんな給与改定だが、去年の給与改定にはとある問題があった。

それが昇格したのに昇給0円になるケースがあるという問題だ。

労働組合もいろいろ動き、結果として今回の給与改定では解決したはずなんだけど。


そもそも、一般の従業員は複数のグレードのいずれかに属している。

グレードごとに決められた範囲で基本給が設定されている。

グレードが変わらない場合は、その範囲内で評価に応じて基本給の額が増減する。

グレードが変わる場合は、変更後のグレードの範囲内で新しい基本給が決定される。

よくある仕組みなんじゃないかな。


問題はグレードが変わる場合の新しい基本給の決め方。

  1. 従前のグレードで評価に応じて基本給を増減させる
  2. 1.で決めた基本給が新しいグレードの基本給の範囲に入る場合はそれが新しい基本給
  3. 1.が新しいグレードの基本給の下限より低い場合は下限額、上限より高い場合は上限額が基本給

一見すると何の問題もなさそうなのだが、問題は1.の従前のグレードで基本給を増減させるということ。

従前のグレードで基本給が上限に張り付いている場合、昇給の余地がなく、現状維持か減給しか選択肢がないのだ。

そして、これは昇格になる人であっても例外ではなかった。


この問題が顕在化したのが去年からで、その理由はグレードごとの基本給の範囲が重なるようになったから。

元々、グレードごとの基本給の範囲は重ならないようになっていた。

そのため、昇格の場合、昇格後のグレードの下限額に合わせるケースしかなかったようだ。

ところが、基本給が重なりを持ったことで、グレード変更時にグレードの上下限額に合わせるというケースは激減した。

すなわち、大半の場合は、改定後の給与は昇格してもしなくても同額になるということだ。

結果として、もとの基本給が上限に張り付いていた場合は、昇格したのに昇給0円という事象が起きるようになってしまったのだという。


さすがにこれはモチベーションに関わる問題なので、なんとかしろと会社に申し入れたところ、

昇格時の給与改定は従前のグレードの上限額は取り払うということになった。

これにより昇格したのに昇給0円となる人はほとんどいなくなる。

従前のグレード基準で給与改定が行われるのは相変わらずなんだけどね。


果たしてこの給与改定の仕組みが妥当なのか? 誰も説明できないよな。

ただ、去年の給与改定はいろいろ問題が多かったことは会社も認めていて、「昇格したのに昇給0円」の解消以外にも変更がいろいろある。

去年実績の昇降給額をフィードバックして、会社の意図と合わない部分を修正したようだ。

とはいえ、実際に将来の給与がどうなるかというのは、これを何年も積み重ねていかないと見えてこないわけで、

長期的にどうなるかというのはまだよくわかっていない。こういう傾向にしていきたいってのは示されてるけど、なんともかんとも。


Author : hidemaro
Date : 2018/07/02(Mon) 23:56
お金 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools