日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

会社近くの公共施設を使えばできる

先日、全従業員対象の説明会があった。

重要な経営方針の説明会なので全員対象なのだが、これがなかなか大変だ。


というのも社内で一番大きな会議室に入るのは300人なんだよね。

これもなかなか立派だとは思うし、これだけ広いと株主総会も社内でできる。(cf. 株主総会のための通達)

ここを全従業員対象の説明会の会場にすることもできると思うが、かなりの回数に分けて実施する必要がある。

そこで、この説明会は事業所の近所の公共施設を使って行われた。


そんな人が入る公共施設が近所にあるってのは偶然だろうけど。

でも本当に近いんだよね。徒歩10分以内の距離感だ。

収容人数はおよそ1000人、これでも1回では収まりきらないのだけど。

でも、300人入る会議室で7回やるのと、1000人入る公共施設で2回やるのが同じと考えると画期的だよね。

親会社の社長以下、役員をずらっと並べての説明会ですからね。できるだけ少ない回数でやりたいというのはあるだろう。


距離は近いとはいえ、同時に約1000人の人が動くということで大変だ。

約1000人というけど、入れ替わりのときは多少の時間差はあるとはいえ、出る人と入る人が同時に動くので倍だ。

それだけの人が公道をまとまって歩くのはなかなか大変なこと。

出る人と入る人が同時に動く問題については、往復を別ルートにすることで緩和している。

歩道または車道の端をぞろぞろと歩かせているのだが、すさまじい光景だ。


以前はこういう全従業員対象の説明会もよく行われていたようだが、最近では動画配信で行われることが増えたそう。

「ここに来るの初めてだな」というと「以前はよくあったんだけど、君が来たときにはもう動画配信になってたのか」という反応である。

動画配信だと本社事業所もそれ以外の事業所も同様にできるというメリットもある。

にもかかわらず、こうして実際に人を集めて説明会を行ったのは、質疑応答を行うためだろう。

それなりに時間を取ってやってたし、実際に人を集めてやるならそのメリットを生かそうという意図はよく伝わってきた。


全従業員対象というけど、実際に参加できるのは 本社事業所 に勤務している人に限られる。

複数回あった説明会のうち1回は動画配信が行われていて、他の事業所の人はこれを見ることになっていた。

説明会は日本語で行われているが、この回は同時通訳付きで英語でも聞けるようになっているとのことだった。

あとE-mail越しに質疑応答もできるようになってたみたい。動画配信の回に参加したわけじゃないから、実際どうだったのか分からないけど。

その一方で、この後、国内外の主な事業所には役員らが出向いて説明会が行われるそうだ。

全役員ずらりと並んでとはいかないだろうし、従業員の少ない事業所ではやらないだろうけど。

そんなことからも、一連の説明会にかける意気込みを感じることができる。


大企業じゃなければ、普段から全従業員集めていろいろやってそうですけどね。

ただ、やっぱり人数が多いと物理的に無理なんだよね。

そんな中で取り得る手として動画配信を活用してきたことはよく理解できる話だ。

でも、実は代替策はあったって話ですね。


Author : hidemaro
Date : 2018/05/24(Thu) 23:19
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools